FC2ブログ

    クラウドクレジット発表 ソーシャルレンディングサミット参加報告 その3 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » クラウドクレジット » クラウドクレジット発表 ソーシャルレンディングサミット参加報告 その3

    クラウドクレジット発表 ソーシャルレンディングサミット参加報告 その3


     2017/3/8にクラウドポートが開催したソーシャルレンディングサミット参加報告 その3です。

    その2は

    2017/10/20 ソーシャルレンディングサミット参加報告 その2-maneo-発表

    をご参照ください。

    今回はプログラムの

    参加運営業者代表からのプレゼンテーション

    からクラウドクレジットからの発表をお伝えします。


    クラウドクレジット 杉山智行社長からの発表


    20170308_192452.jpg
    杉山智行社長

    04_20170308_192616.jpg

     日本の投資家に世界の資金需要者に投資を行う機会を提供する。様々な案件を提供して、そのことにより金融の世界に変革をもたらす。

    05_20170308_192621.jpg

     様々な通貨建てでの投資が可能。実際には2/3の投資家が為替ヘッジを用いたファンドに投資、1/3が為替ヘッジ用い用いないファンドへの投資を行っていただいている。

    06_20170308_192649.jpg

     当社のファンドでご留意頂きたいのは、最初からある程度の延滞や貸し倒れが起きることを想定して、それが起きても投資家に安定した分配を行えるようファンドを組成していることである。

    07_20170308_192705.jpg

     先程クラウドポートの藤田社長からソーシャルレンディングではデフォルトが起きていないと言う話があった。クラウドクレジットのファンドにはデフォルトはないが、為替差損などで運用利回りがマイナスのものが、割合としては少ないが存在する。ただし割合としては9~11%のリターンを得て頂いている投資家の割合が高い。

    08_20170308_192743.jpg

    ブレはあるが、幅広く投資してもらいながら、複利で資産を殖やすことを目指して欲しい

    09_20170308_192757.jpg

     商品設計上、デフォルトが起きても全損は生じない。投資家様の元本がゼロ、半分などにならないように、他のサービスでは担保、保証人、短期案件などの仕組み採用している。

    10_20170308_192806.jpg

     当社では小口分散、為替ヘッジなどので投資家資産などで投資家資産の保全は最大限行っていく。
    様々なリスクヘッジで、投資家の元本保全を目指す。案件の運用状況については、全てWEBサイトで公開する。

    12_20170308_192853.jpg

     クラウドクレジットでは投資家へのレコメンデーション(投資家への資産運用状況の解説・情報提示)機能実装を行い、WEBサイトの充実を図る。

    13_20170308_193001.jpg

     現在12の国で案件組成を行っている。ハイイールドの債権、ブラジルの国際など様々に検討を行っている。デューデリジェンスを通過するのは検討を行った案件のうち、5件に1件くらいと厳選してから、投資家に提供している。

     今年も新しい案件を提供していきたい。


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    次回はオーナーズブック 岩野達志社長

    の発表をお伝えします。

    次回記事
    2017/11/11 ソーシャルレンディングサミット参加報告 その4-オーナーズブック-発表

    クラウドクレジット公式WEBサイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/983-7a098a92