maneo発表 ソーシャルレンディングサミット参加報告 その2 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » maneo » maneo発表 ソーシャルレンディングサミット参加報告 その2

maneo発表 ソーシャルレンディングサミット参加報告 その2


 2017/3/8にクラウドポートが開催したソーシャルレンディングサミット参加報告 その2です。

その1は

2017/10/11 ソーシャルレンディングサミット参加報告 その1 クラウドポート発表

をご参照ください。

今回はプログラムの

参加運営業者代表からのプレゼンテーション

のパートををご紹介します。

各社からのプレゼンテーションは

1 maneo 安達義夫取締役
2 クラウドクレジット 杉山智行社長
3 オーナーズブック 岩野達志社長
4 ラッキーバンク田中翔平社
5 TATERU FUNDING 村上哲也執行役員
6 CAMPFIRE 家入一真社長


の順番で行われました。

持ち時間はわずか5分ですが、各サービスとも充実した発表でした。

各社からの発表内容概要をお伝えします。

今回はmaneoからの発表をお伝えします。


maneo 安達義夫取締役からの発表


20170308_191827.jpg
安達義夫取締役

01__20170308_192002.jpg

 会社概要は上記のとおり、株主としてGMOクリックホールディングスやベンチャーキャピタル計7社はいってもらっており、これから銀行、証券会社と提携していきたいと思っている。

 2008年創業だが、実際には2011年に現社長の瀧本憲治がUBI社においてmaneoを買収したことから始まっているといっていい。

 瀧本は金融畑でも不動産畑の人間ではなく、エアーリンク(現DeNAトラベル)といった、旅行代理店やセブイレブンジャパンでフランチャイズといった業務を得意としていた。

 当社は「金融の世界に改革を」の思いを持っている。UBI社の事業で、目の前にすごく儲かる仕事があっても、銀行に説明してもなかなか融資してくれない。間違いなく(不動産などの)市場価格がこれくらいあって、これを買えれば儲かると分かっていても、なかなかついてきてくれない。そこでそれまでは私募(ファンド)を募って対応してきた。

 そうした中、個人融資のソーシャルレンディング事業を手がけていたmaneoから、事業を伸ばしてくれないかというオファーがあり、それに応じて同社の買収を行った。これまで銀行から融資を受けられない会社へ、お金を供給するという方向で事業を展開した。

02_20170308_192329.jpg

これまでのローン実施額は約645億円、投資家への償還は500億円ほど、

アクティブユーザーは6千500人、GMOクリック証券を合わせると1万人

03_20170308_192203.jpg

maneoグループのビジネスモデルは

「社会的に見ても大変な意義がある」
「金融の世界に変革をもたらす」

 既存の金融システムにはファイナンスの隙間があり、それを埋めることにより、金融会に刺激を与え、変革を促す。


日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額750億円は伊達じゃない


以上となります。

maneo公式WEBサイトへ
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村


次回記事
2017/10/22 ソーシャルレンディングサミット参加報告 その3-クラウドクレジット-発表

関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/982-c6353cd0