FC2ブログ

    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年10月期 その2 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年10月期 その2

    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年10月期 その2


    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年10月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその2です。

     その1については

    2017/1/13 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年10月期 その1

    をご参照ください。

    口座開設キャッシュバックキャンペーン情報


    ポケットファンディング:口座開設+初投資で最大8,500円!
    公式サイトへのリンク

    トラストレンディング:口座開設+初投資で最大5,000円!
    公式サイトへのリンク

    SBIソーシャルレンディング:口座開設+初投資で最大2万500SBIポイント!
    公式サイトへのリンク

    各社セミナー情報(募集中のみ)


    1.maneoスマートレンドアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングアップルバンク
    日時:2017/10/23(月) 19:00~
    場所: 東京都千代田区丸の内 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ

    2.オーナーズブック
    日時:2017/10/25(水) 19:00~
    場所: 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル本社
    セミナー情報ページ(初心者向け経験者向け)

    3.クラウドリアルティ
    日時 2017/10/27(金) 10/30(月)、11/2(木)、11/7(火)、11/9(木)
    場所 Skype形式(オンラインセミナー)
    セミナー情報ページ

    4.クラウドクレジット
    日時:2017/11/11(土) 13:30~
    場所: 大阪府大阪市中央区南船場 ヒューリック心斎橋ビル
    セミナー情報ページ

    5.オーナーズブック(注意:20、30代限定)
    日時:11/28(火) 19:00~
    場所:東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル本社
    セミナー情報ページ


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    E 2018年度版各社業界地図でソーシャルレンディング運営会社が取り上げられています。


     各社から出版された2018年版業界地図で、ソーシャルレンディング運営会社が取り上げられています。

    01_maneo_CC_owners_20170904_193255.jpg02_maneo CB_20170904_192694


    このことについては

    2017/10/7 業界地図2018年版にソーシャルレンディング運営会社が掲載されました

    をご参照ください。


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook


    F プロパティマネジメントにおいて、ソーシャルレンディングについて様々に触れられています。


     不動産経営情報誌、月刊プロパティマネジメント2017年10月号にて「ポップ“ReTech”ジャンプ 不動産テック導入法」という特集が組まれています。



     タイトル通り、不動産テックについての特集ですが、投資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)についても言及があります。

    大きく分けて

    1. 不動産テックカオスマップ
    2クラウドファンディングと法について
    3.グローシップ・パートナーズの紹介
    4.ケネディクスへ(ビットリアルティ)への言及

    の4つのパートで触れられています。簡単に解説いたします。

    1. 不動産テックカオスマップ

     不動産テック企業であるリマールエステートが作成した「不動産テックカオスマップ」についてです。同マップのクラウドファンディングの箇所にオーナーズブックラッキーバンククラウドリアルティTATERU FUNDINGLCレンディングmaneoが掲載されています。

    2クラウドファンディングと法について

    不動産クラウドファンディングの法的留意点が

    「テクノロジー進化が生んだ不動産新商品、仕組みは画期的、規制合理化は不充分?不動産クラウドファンディングの法的留意点 渥美坂井法律事務所・外国法共同事業」

    というタイトルの記事で詳しく解説されています。

     4Pもの大分量ですが、簡潔かつ端的にかかれており、実に勉強になります。

    3.グローシップ・パートナーズの紹介

     グローシップ・パートナーズは、ITに強みを持つコンサルティング会社です。2017年9月にクラウドファンディングを手掛ける事業者向けに(支援)パッケージシステムである「Crowd Ship Funidng(クラウドシップファンディング)」をリリースしました。そのことが紹介されています。

     同システムはクラウドファンディングを始める事業者を、第二種金融取引の登録、システム構築、運営までを広くサポートできることが詳しく紹介されています。

    なお、グローシップ・パートナーズは、このブログで取り上げたことがあります。

    2017/9/14 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年9月期 その2 G 投資型クラウドファンディング立ち上げをサポートするプラットフォームがリリースされました

    月刊プロパティマネジメント2017年10月号不動産テック導入法_20171005_191836

     私がこのプロパティマネジメントの記事で始めて知ったことは、クラウドシップファンディングのシステム監修を大前和徳エレベート代表取締役が担当されたということです。

     大前氏はAQUSH副社長、クラウドバンク社長を歴任され国内ソーシャルレンディングについて知り尽くしている方です。

     クラウドシップファンディングにより、更に国内ソーシャルレンディング事業者の誕生にはずみが着くことに期待です。

     不動産テックの特集内のことなので、幾分「不動産クラウドファンディング」絡みの記事となっています。しかし記事をよむ限りは不動産クラウドファンディングだけではなく、地方創生、発展途上国事業支援など広いタイプの投資型クラウドファンディングに対応できるシステムのようです(株式型には言及がないので多分対象外)。

    4.ケネディクスへ(ビットリアルティ)への言及

     特集ではなく雑誌冒頭のニュースコーナーにおいてなのですが、不動産クラウドファンディング運営会社「ビットリアルティ」を設立した、ケネディクスについて触れられています。

     私がこの記事で初めて知ったことは、子会社のケネディクス・アジアを通じて同社は4億3千万マレーシア・リンギット(約111億8,000万円)でマレーシアの首都クアラルンプールにある、「Vista Tower」を取得したとのことです。
     REITへの売却を前提としたものとのことですが、こうした大型案件に日本の個人投資家が小口で参加できるようになれば、実に面白い展開が期待できると思います。

    1. 不動産テックカオスマップ
    2クラウドファンディングと法について


    については、まだ書き足りないので別途記事にしたいと思います。


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績300億円超え!SBIソーシャルレンディング


    G マネーの達人でソーシャルレンディングが紹介されています


     マネー情報サイト「「マネーの達人」でソーシャルレンディングが紹介されています。

    高利回りで注目の「ソーシャルレンディング」 ローリスク ミドルリターンの投資と言われている理由とその安全性について(2017/9/21 マネーの達人 町田萌氏著)

     ソーシャルレンディングの仕組みと魅力が簡潔に紹介されています。最後に

    ソーシャルレンディングはローリスク ミドルリターンの投資と言われており、投資初心者におすすめです。


    とありますが、私はソーシャルレンディングをあくまで「ミドルリスク・ミドルリターン」と考えています。


    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額185億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク


    H ソーシャルレンディングのことがOVOで紹介されました


     共同通信社が発信する生活情報サイトOVO(オーヴォ)にてクラウドファンディングのことが紹介されており、ソーシャルレンディングにも言及されています。

    中小企業こそ活用したい クラウドファンディング(2017/10/10 OVO)

     クラウドファンディング全般を解説する内容です。

     ただし「中小企業が主に利用するもの、活用するものと」として、1.購入型、2.投資(ファンド)型(当ブログでは事業投資型と表記)、3.貸付(融資)型(ソーシャルレンディング)については、特に詳しく解説されています。

    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!ポケットファンディング
    Pocket Funding

    H ニュースイッチでソーシャルレンディングが大きく取り上げられています。


     日刊工業新聞社の情報サイト、ニュースイッチのコラムで日本の99.7%を占める中小きぎょうの成長こそが産業競争力復活に不可欠だ。FinTechの普及がその鍵になる、というコラムが掲載されました。

    ソーシャルレンディングも大きく扱われています。

    フィンテックは中小企業の味方!お金の流れで経営が変わる-バックオフィスを支援から資金調達まで-(2017/10/12 ニュースイッチ)

     ソーシャルレンディングは銀行に頼らない形の資金調達手段として紹介されています。特にmaneoファミリーにスポットが当てられているのですが、単に融資を行う「ノンバンク」という扱いではありません。

    それぞれの業種に特化した事業者にも自社のプラットフォームを提供。それら事業者が個々の融資先を評価、サポートすることにより、借り手の事業が成功する可能性を高める。


    と、融資だけではなく事業のサポートを高める存在として扱われています。

    「銀行ではカバーできない“ファイナンスの隙間”は大きく、借り手のニーズはまだまだ大きい」(maneoマーケット社取締役 安達善夫氏の発言)


    とのことで、ソーシャルレンディングのますますの伸びが期待できそうです。

    今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/10/26 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年10月期 その3


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額850億円は伊達じゃない


    SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    2017年9月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約445万円
    2.AQUSH : 約61万円
    3.クラウドバンク: 約224万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約10万円
    5.クラウドクレジット:約255万円
    6.ラッキーバンク : 約52万円
    7.オーナーズブック:172万円
    8.LCレンディング : 約233万円
    9.ガイアファンディング : 約200万円
    10.トラストレンディング : 160万円
    11.クラウドリース : 約161万円
    12.スマートレンド : 約32万円
    13.グリーンインフラレンディング:約208万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約62万円
    15.TATERU FUNDING:10万円
    16.クラウドリアルティ:30万円
    17.ポケットファンディング:60万円
    18.アメリカンファンディング:50万円
    19.キャッシュフローファイナンス:50万円
    20.アップルバンク:50万円
    (総額:約2,524万円)

    ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


    2017年10月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    ソーシャルレンディングサービス提供社比較


    2017年10月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    ソーシャルレンディングサービス提供社比較


    2017年10月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    ソーシャルレンディングサービス提供社比較


    2017年10月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    ソーシャルレンディングサービス提供社比較


    2017年10月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    ソーシャルレンディングサービス提供社比較

    ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表



    2017年10月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    ソーシャルレンディング案件比較


    2017年10月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    ソーシャルレンディング案件比較


    2017年10月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    ソーシャルレンディング案件比較


    2017年10月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    ソーシャルレンディング案件比較


    2017年10月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    ソーシャルレンディング案件比較


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:ホームページの「出資金額の推移」を丸呑み
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    LENDEX:WEBサイトの「ファンド一覧」の募集が終了したファンドの合計額から
    ポケットファンディング:WEBサイトの「投資案件一覧」の募集が終了したファンドの合計額から
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件から
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/980-50409aea