FC2ブログ

    国内クラウドファンディング2017年版の市場動向を矢野経済研究所が発表しました。 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディング » 国内クラウドファンディング2017年版の市場動向を矢野経済研究所が発表しました。

    国内クラウドファンディング2017年版の市場動向を矢野経済研究所が発表しました。


     矢野経済研究所が国内クラウドファンディング2017年版の市場動向を発表しました。

    2015年版、2016年版に続き3回目の発表となります。

    2017年版 国内クラウドファンディングの市場動向(2017/7/25 矢野経済研究所)

    プレスリリース 国内クラウドファンディング市場の調査を実施(2017年)~国内クラウドファンディングは貸付型が大きく寄与し、市場規模は拡大基調~(2017/7/25 矢野経済研究所)

    国内クラウドファンディング市場の調査を実施(2017年)(上記レポートのプレスリリース PDF)

    矢野経済研究所、国内クラウドファンディング市場に関する調査(2017年)結果を発表(2017/9/7 日経新聞)

    2016年度のクラウドファンディング市場、745.5億円に拡大(2017/9/7 マイナビニュース 御木本千春氏著)

    プレスリリースに書かれていることを簡単に述べます。

     普段このブログではソーシャルレンディングのことを「融資型」クラウドファンディングと記していますが、この記事では矢野経済研究所のレポートに併せて「貸付型」と表記します。

    ・2016年度の国内クラウドファンディングの市場規模(新規プロジェクト支援額ベース)は745億円5,100万円、前年比96.6%増

    ・内訳は購入型が約 62 億円、寄付型が約5 億円、投資型が約3 億円、貸付型が約672 億円、株式型が約0.4 億円

    01_2017y09m08d_111805168.jpg

    ・貸付型(ソーシャルレンディング)が全体の90.3%と大変を占め市場拡大の大きく寄与、大型案件の起案が増加しリピートが高まったことが原因か

    ・購入型は社会貢献度が高いプロジェクトが多数起案され、1億円を超える大型プロジェクトも成立

    ・株式型がスタート、今後は貸付型と共に市場牽引に期待

    ・2017年度のクラウドファンディング全体の市場規模見込みは46.2%増の1,090億400万円

    ・内訳は、購入型は80億円(27.4%増)、寄付型6億円(7.2%増)、投資型4億円(15.6%増)、貸付型987億円(46.8%増)、株式型12億円(2,400%増)


    とのことです。

    過去の矢野経済研究所の市場予測と実際の数字を比較してみました。

    07_2017y09m14d_132044876.jpg

    2015年度のクラウドファンディング全体の予測が283.7億円に対して実際は379.2億円
    2016年度の同予測が477.9億円に対して実際は745.5億円


    と大きく外しています。

    外した理由は明らかに貸付型(ソーシャルレンディング)を過小評価していることです。

    矢野経済研究所によるソーシャルレンディングの予測と実際は

    2015年度予測207億円→実際322億円(予測の1.55倍)
    2016年度予測404億円→実際672億円(予測の1.66倍)


    となっています。

     ソーシャルレンディングの伸びはプロの研究機関の予想さえも大きく上回っていることがわかります。

    矢野経済研究所による2017年度のソーシャルレンディングの予測は987億円です。

     私は毎月ソーシャルレンディングの募集額を集計しています。2017年度4月から8月の5ヶ月間の合計が約519億円です。1年度の42%を消化した段階で、矢野経済研究所予測の53%に達していることになります。

     これと同じペースで伸びるとなると519x12÷5で約1,246億円となります。同じペースということはなく、年度末にかけてさらに伸びていくと私は考えます。

    ※いつもブログで発表している数字から(事業)投資型と株式型を除外しています。

    05_2017y09m14d_130434760.jpg

    矢野研究所が過去2年と同程度に外して、実際の結果が予測の1.6倍になると仮定すると

    987x1.6=約1580億円となります。

     ちょっとこれは大きすぎるかな?と思いますのでのでこれまでの月あたり募集額最高120億円を12ヶ月達成した12x120=1440億円を私の予想としたいと思います。


    2017年9月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約445万円
    2.AQUSH : 約61万円
    3.クラウドバンク: 約224万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約10万円
    5.クラウドクレジット:約255万円
    6.ラッキーバンク : 約52万円
    7.オーナーズブック:172万円
    8.LCレンディング : 約233万円
    9.ガイアファンディング : 約200万円
    10.トラストレンディング : 160万円
    11.クラウドリース : 約161万円
    12.スマートレンド : 約32万円
    13.グリーンインフラレンディング:約208万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約62万円
    15.TATERU FUNDING:10万円
    16.クラウドリアルティ:30万円
    17.ポケットファンディング:60万円
    18.アメリカンファンディング:50万円
    19.キャッシュフローファイナンス:50万円
    20.アップルバンク:50万円
    (総額:約2,524万円)


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額820億円は伊達じゃない



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!ポケットファンディング
    Pocket Funding

    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績300億円超え!SBIソーシャルレンディング

    SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額160億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/969-147f899e