FC2ブログ

    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年9月期 その2 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年9月期 その2

    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年9月期 その2


    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年9月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその2です。

    その1は

    2017/9/12 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年9月期 その1

    をご参照ください。

    口座開設キャッシュバックキャンペーン情報


    ポケットファンディング:口座開設+初投資で最高8,500円!
    公式サイトへのリンク

    トラストレンディング:口座開設+初投資で最高5,000円!
    公式サイトへのリンク

    各社セミナー情報(募集中のみ)


    1.クラウドクレジット
    【1万円からはじめる新しい資産運用】ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)はじめて講座
    日時:2017/9/14(木) 19:00~
    場所 東京都中央区日本橋 平和ビル
    セミナー情報ページ

    2.maneoスマートレンドアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングアップルバンク
    日時:2017/9/19(火) 19:00~
    場所 東京都千代田区丸の内 東京国際フォーラム 
    セミナー情報ページ

    3.クラウドリアルティ
    日時:2017/9/20(水) 16:00~
    LivingTech カンファレンス
    場所 東京都千代田区麹町 (株)LIFULL
    セミナー情報ページ

    4.クラウドクレジット
    【NEW】オルタナティブ投資の新潮流~個人投資家の新しい選択肢~(資産運用イノベーション協会)
    日時:2017/9/25(月) 19:00~
    場所 東京都中央区日本橋 平和ビル
    セミナー情報ページ

    5.オーナーズブック
    日時:2017:2017/9/27(水) 19:00~
    場所 東京都中奥区銀座 ロードスターキャピタル本社
    セミナー情報ページ


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績300億円超え!SBIソーシャルレンディング

    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額820億円は伊達じゃない



    E クラウドポートが第一回ソーシャルレンディングファンドアワードを発表しました


    ソーシャルレンディング比較情報サイト、クラウドポートが2017年8月22日に「ソーシャルレンディング ファンドAWARDS(賞)」を創設し発表しました。

     これは国内ソーシャルレンディングの案件(ファンド)において初の試みです。

    クラウドポート集計ソーシャルレンディング ファンド賞(2017年8月22日 クラウドポート)

    ソーシャルレンディング比較サービスのクラウドポート、第一回ソーシャルレンディングファンドアワード発表(2017/8/23 PR TIMES)

     第一回ソーシャルレンディングファンドアワードについては別途記事を作成しました。

    2017/9/16 クラウドポートが第一回ソーシャルレンディングファンドアワードを発表しました

    をご参照ください。

     クラウドポートでは安定的な資産運用のサポートを行うべく、日々様々な調査を行っています。下記老後資金に関する調査結果をご参照ください。

    ソーシャルレンディング比較サービス「クラウドポート」。「老後資金」に関するアンケート調査結果公開(2017/9/14 PR TIMES)

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします



    F 証券会社のFinTechにおける取り組みの一つとして、ソーシャルレンディングが紹介されています。


     「証券会社はどのようにこれからFinTechに取り組めばよいのか?」の質問に森・濱田松本法律事務所の増島雅和弁護士が答える形で、It-Proに記事が掲載されています。取り組みの中にソーシャルレンディングも含まれています。

    証券分野ではどのようにFinTechに取り組めばよい?(2017/8/28 IT-Pro増島雅和氏著)

     なお、増島雅和弁護士は日本クラウドファンディングの理事を務めている方です。雑誌などでクラウドファンディングが取り上げられる時には、よくコメントをされています。

    ソーシャルレンディングについて触れられた部分を引用します。

    日本では、証券の分野は、サービス・コンテンツのレイヤーで貸付型クラウドファンディング(これは匿名組合出資を募る第二種金融商品取引業の資格のもとで組成されます)、投資型クラウドファンディング(ファンド型・株式型)、デジタル投資アドバイス(ロボ・アドバイザー)の各領域でそれぞれいくつかのFinTechスタートアップ企業が生まれているほか、販売のレイヤーで金融商品仲介ビジネス、これに至る前の投資教育、見込み客の集客を取扱うスタートアップ企業も生まれています。

     いずれもITをフル活用して少組織ながら規模の拡大が可能なビジネスモデルを追求しており、現状はアーリーアダプターを中心に比較的規模が小さなビジネスとなっていますが、着々とデータを蓄積しながらサービスを磨いており、ディスラプション(破壊)の理論に忠実なシナリオを描いているといえます。


    となります。

     なお、証券会社で投資型クラウドファンディングに取り組んでいる企業はすでにあります。日本クラウド証券がソーシャルレンディングとしてクラウドバンクを、AIP証券が事業投資型クラウドファンディングとしてスマートエクイティを運営しています。

    SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」


    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!ポケットファンディング
    Pocket Funding

    G 投資型クラウドファンディング立ち上げをサポートするプラットフォームがリリースされました


     クラウドファンディング立ち上げをサポートするプラットフォーム「CrowdShip Funding」がリリースされました。

     プレスリリースを読む限り、融資型(ソーシャルレンディング)、事業投資型、また不動産特定共同事業法に基づいた不動産投資型クラウドファンディングといった、「投資型」に特化したサービスのようです。

    グローシップ・パートナーズ、クラウドファンディングプラットフォーム『CrowdShip Funding』をリリース。最短3ヶ月で事業立ち上げを実現。(2017/9/1 PR TIMES )

     すでにソーシャルレンディングやクラウドファンディングの立ち上げをサポートする会社はいくつも存在しています。ただし運営者が顔出しをしておらず、実績も記載されていないところしか私は見たことがありません。

     そんな中で実績はともかく、営業者をはじめ運営者の顔がわかり、プレスリリースを打つ会社の登場は私が知る限り初めてです。

     国内ソーシャルレンディングを始めとする、投資型クラウドファンディング発展にともなう動きだと考えています。CrowdShip Fundingの活躍に期待です。


    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    H ダイアモンドオンラインのFinTechに関する記事でソーシャルレンディングにも言及がありました。


     ダイアモンドオンラインのFinTechの重要性について解説する記事においてソーシャルレンディング(記事中ではP2Pファンディングと記載)についても言及がありました。

    「フィンテック」って結局、何?「2017/8/30 ダイアモンドオンライン 安東泰志:ニューホライズン キャピタル 取締役会長兼社長著」 (2017/8/30 ダイアモンド・オンライン 安東泰志氏著 全部読むにはログインが必要)

     この記事はニューホライズンキャピタル取締役会長兼社長の安東泰志氏によるものです。「国際金融都市・東京のあり方懇談会」において日本銀行決済機構局長である山岡浩巳氏が提示した資料を敷衍(ふえん、やさしく解説すること)したものであるとのことです。

     なかなかの文量の記事であり、様々なFinTechが取り上げられています。ソーシャルレンディングについて触れられた部分を引用します。

    金融仲介分野では、クラウドファンディングやP2P(ピア・ツー・ピア)ファンディングが米国を中心に既に市民権を得ており、日本にもその萌芽が見られる。クラウドファンディングとは、ネットを介して不特定多数から資金調達できるスキームで、「寄付型」「購買型」「融資型」「投資型」などの種類がある。P2Pファンディングとは、ウェブサイトを通してお金を貸したい人とお金を借りたい人を結びつける融資手法だ。

    クラウドファンディングは、資金の出し手が必ずしも金銭的な見返りを求めないケースが多いことや、融資型が少数であることなどから、P2Pファンディングとは異なる
    。P2Pファンディングを行っている企業は英米だけで数十社にのぼり、典型的なのが米国のレンディングクラブだ。銀行は人件費や店舗等の固定費がかかる分だけ、融資スプレッドが高くなり、一方の預金者には低金利しか提供できないのに対し、P2Pファンディングの場合、これら費用が削減できている分だけ融資金利は低くできる一方、資金の出し手にも相応に金利を支払うことができる。



    となります。

    赤文字にして下線を引いた部分はちょっと複雑です。

    整理すると以下のようなことが言えそうです。

    1.安東氏はクラウドファンディングとP2Pファンディングは別のものととらえている
    2.日本のソーシャルレンディングを「融資型クラウドファンディング」を捉えている
    3.海外のソーシャルレンディングを「P2Pファンディング」と捉えている

    4.P2Pファンディングがクラウドファンディングと違う理由
    A:資金の出し手が必ずしも金銭的な見返りを求めないケースが多いこと
    B:融資型が少数であること

    となります。

     私の意見を述べさせていただきます。クラウドファンディングとP2Pファンディングが違う理由を述べるとしたら、

    資金を必要とする人を間接的に結びつけているか、直接的に結びつけているかです。

     間接的に結びつけているのがクラウドファンディング、直接的に結びつけているのがP2Pファンディングです。

    もっとも同じクラウドファンディングでもその「間接的」、「直接的」の度合は異なります。

     「寄付型」「購買型」「投資型」は出資者が、出資先の情報を知ることができ、また(売買・匿名投資)契約も直接結ぶことから、より直接的といえるでしょう。

     「融資型」は出資者が融資先の情報を知ることができない、匿名投資組合契約も直越結ばないので、より間接的といえるでしょう。

    特に日本と海外の「ソーシャルレンディング」が違うものといえる理由は

     日本のソーシャルレンディングが「バランスシートレンディング」であることに対して、海外のソーシャルレンディングが「マーケットプレイスレンディング」であること、とまとめられます。

    参照
    2016/7/21 どっち?[バランスシートorマーケットプレイス]レンダー その2 世界・国内の趨勢はいかに


    まとめます。多分ですが安東氏は、

    事業者がお金を集めて、必要としている人(事業者)に供給するサービスを「クラウドファンディング」、

    お金を貸したい人とお金を借りたい人を事業者が結びつけるサービスをP2Pファンディング


    と、とらえているのかなと思います。

    「融資型が少数」と書いてありますが、「なにが」少数かが書いてないことも、もやもやを残す記事でした。


    今回はここまでにさせてください。


    2017年8月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約443万円
    2.AQUSH : 約60万円
    3.クラウドバンク: 約223万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約10万円
    5.クラウドクレジット:約254万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:171万円
    8.LCレンディング : 約232万円
    9.ガイアファンディング : 約199万円
    10.トラストレンディング : 60万円
    11.クラウドリース : 約161万円
    12.スマートレンド : 約32万円
    13.グリーンインフラレンディング:約206万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約62万円
    15.TATERU FUNDING:10万円
    16.クラウドリアルティ:30万円
    17.ポケットファンディング:60万円
    18.アメリカンファンディング:50万円
    19.キャッシュフローファイナンス:50万円
    20.アップルバンク:50万円
    (総額:約2,414万円)


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額160億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    全般ランキング


    ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


    2017年09月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_socicom_20170901.png


    2017年09月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_socicom_20170901.png

    2017年09月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_socicom_20170901.png


    2017年09月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_socicom_20170901.png


    2017年09月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_socicom_20170901.png

    ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


    2017年09月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    11_socipro_20170901.png


    2017年09月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    12_socipro_20170901.png


    2017年09月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    13_socipro_20170901.png


    2017年09月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    14_socipro_20170901.png


    2017年09月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    15_socipro_20170901.png


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:ホームページの「出資金額の推移」を丸呑み
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    LENDEX:WEBサイトの「ファンド一覧」の募集が終了したファンドの合計額から
    ポケットファンディング:WEBサイトの「投資案件一覧」の募集が終了したファンドの合計額から
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件から
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/951-f5ed319d