ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年8月期 その3 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年8月期 その3

ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年8月期 その3


※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

 2017年8月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその3です。

 その2は

2017/8/14ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年8月期 その2

をご参照ください。


各社セミナー情報(募集中のみ)


1.maneoスマートレンドアメリカンファンディングアップルバンク
日時 2017/8/21(月) 19:00~
場所 東京都東京都千代田区丸の内東京国際フォーラム
セミナー情報ページ

2.TATERU FUNDING
日時 2017/8/20 8/20(日)、8/26(土)、8/27(日)
場所 東京都港区南青山 インベスターズクラウド本社
セミナー情報ページ

3.オーナーズブック
日時:2017/8/30(水) 19:00~
場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
セミナー情報ページ


新リリース!沖縄中心のファンディング!【PocketFunding】




ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!




H 日経トレンディでソーシャルレンディングが紹介されています。


 日経トレンディ2017年9月号の特集「高齢破産、実家の片づけ、介護…「長生き3大リスク」に備える これで安心!親の私の 老後のお金」においてソーシャルレンディング(記事中では“クラウドファンディング”と記載)が紹介されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日経 TRENDY (トレンディ) 2017年 09月号 [雑誌]
価格:600円(税込、送料無料) (2017/8/8時点)



 高齢破産に備えるために様々な金融商品・お金のお得技・サービスが紹介されており、「シニア」、「現役世代」、「老後資産管理」の3パートに別れているのですが、ソーシャルレンディングは「シニア向け安定運用の金融商品」として紹介されています

20170805_150656.jpg

 記事にはクラウドポートが協力しており、小さい記事スペースながらも端的にソーシャルレンディングの魅力と注意点を伝える内容となっています。

 ソーシャルレンディングの投資家は実際のところ20~40代の現役世代が多く「シニア向け」とは違和感を覚えるかもしれません。

ただシニア向けの条件として日経トレンディが挙げているのは

・インカム重視(定期的に利益が発生)
・安定性(元本が減らない、株・投信のように長期運用で回復を待つ余裕がシニアにはないから)
・換金性(入院などの万が一の事態に備えていつでも取り崩せる・もしくは運用期間が短い)


ですので、それならば合致しているソーシャルレンディングの案件も多いかなと思います。

お金を持っているシニアがソーシャルレンディングへ参入してくれることに期待です。

なお、他に紹介されているものは

・シニア向け
 退職者専用定期リレー
 (退職金のみが預入可能な、高利回り短期定期預金を複数の銀行ではしごすること)
 太陽光ファンド
 米国MLP投信
 絶対収益型投信
 株主優待

・現役世代向け
 100円投資
 おつり投資
 iDeCo
 つみたてNISA、

・老後資産管理向け
 家族信託

となっています。


海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします



I リクルートが貸金業とクラウドファンディング事業への参入を検討しています


 リクルートが中小企業向けの融資事業に本格的に動き出したことがニュースとなりました。

リクルートが貸金業参入、まずは「じゃらん」関連の宿泊施設に(2017/8/2 DIAMOND online松本裕樹氏著)

 オンラインの顧客情報を独自の与信審査システムを用いて分析して融資するとのことで、これだけならばFinTechではありますが、個人投資家向けの「ソーシャルレンディング」ではないように感じます。

 ただ

融資以外の資金調達手段としてクラウドファンディングのサービスも検討中で、6月から国内最大手のクラウドファンディングサービスを運営するレディーフォーと協業に向けて動き始めた。


 とも書いてありまして、購入型クラウドファンディングから「ひょっとして」ソーシャルレンディング事業に乗り出すこともあるのではと勝手に夢想しています。


日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額780億円は伊達じゃない



J ソニー銀行が投資型クラウドファンディングへ参入しました。


 ソニー銀行は2017年8月8日に投資型クラウドファンディング「Sony Bank GATE」の運営を開始しました。国内銀行初の投資型クラウドファンディングへの参入となります。

投資型クラウドファンディング「Sony Bank GATE」開始のお知らせ(「2017/8/8 ソニー銀行WEBサイト PDFファイル」

ソニー銀、クラウドファンディングに参入(2017/8/8 日経新聞)

ソニー銀、クラウドファンディングを参入 企業の収益に応じ配当(2017/8/8 日経新聞)

ソニー銀行、クラウドファンディングに参入 「新しい資産運用の形に」(2017/8/8 ITmedia NEWS片淵陽平氏著)

ソニー銀行、投資型クラウドファンディング「Sony Bank GATE」--国内銀行初(2017/8/9 C-net Japan)

ソニー銀行、個人向けベンチャー投資型クラウドファンディングサービス「Sony Bank GATE」を開始(2017/8/10 fabcross)

リターンは「お金」、ソニー銀行が始めた投資型クラウドファンディング(2017/8/19 TechFactory 八木沢篤氏著)

 ソーシャルレンディング(融資型)ではなく、事業投資型クラウドファンディングのようです。ソニー銀行による上記“「Sony Bank GATE」開始のお知らせ」“には詳細が書かれていますが、特に他の投資型クラウドファンディングと比較して目新しいところはありません。ただ

ソニー銀行は、「Sony Bank GATE」の「顔が見える新しい形の資産運用x挑戦起業への共感・応援」というコンセプトに基づき、経営者の思いや事業の詳細・進捗状況などといった情報開示も積極的に行っていきます。新ビジネスの創出などにつなげることも視野に挑戦起業を応援する投資型クラウドファンディングを個人のお客様の新たな資産運用の選択肢として提供して参ります。


 と書いてあるところには、ソーシャルレンディングとは別の路線をとり情報開示を徹底的に進め、投資家と事業者が一体感を持てる投資への積極展開が期待されます。

 現状投資型クラウドファンディングにおいてはソーシャルレンディング(融資型)は優勢ですが、一方事業投資型となると、TATERU FUNDINGを除き発展途上段階のようです。

 しかしソニー銀行によると投資型クラウドファンディングサービス開始は投資意欲が高い顧客の要望に応えた、同行の口座数は124万ということで、伸びが期待できそうです(投資には同行の銀行口座開設が必要)。

 なお、1号案件はIoTデバイスeRemote Proの事業化ファンドでしたが、募集開始2日目で目標募集額の1千万円を集めました。

ソニー銀行の活躍に期待です。

今回はここまでにさせてください。

次回記事
2017/8/22 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年8月期 その4

2017年7月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
1.maneo : 約441万円
2.AQUSH : 約61万円
3.クラウドバンク: 約236万円
4.SBIソーシャルレンディング:約10万円
5.クラウドクレジット:約253万円
6.ラッキーバンク : 約51万円
7.オーナーズブック:171万円
8.LCレンディング : 約231万円
9.ガイアファンディング : 約198万円
10.トラストレンディング : 260万円
11.クラウドリース : 約160万円
12.スマートレンド : 約32万円
13.グリーンインフラレンディング:約205万円
14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
15.TATERU FUNDING:10万円
16.Wealth Navi:34万円
17.クラウドリアルティ:30万円

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

全般ランキング


貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング

不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
OwnersBook

ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2017年08月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
01_socicom_20170713.jpg


2017年08月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
02_socicom_20170713.jpg


2017年08月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
03_socicom_20170713.jpg


2017年08月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
04_socicom_20170713.jpg


2017年08月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
socicom_2017080101.png


ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年08月時点ソーシャルレンディング案件比較1
sBISL20170725_01.png


2017年08月時点ソーシャルレンディング案件比較2
12_SL_pro_20170704.jpg


2017年08月時点ソーシャルレンディング案件比較3
13_SL_pro_20170704.jpg


2017年08月時点ソーシャルレンディング案件比較4
14_SL_pro_20170704.jpg


2017年08月時点ソーシャルレンディング案件比較5
socicpro_2017080101.png


各社募集実績の求め方

maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
TATERU FUNDING:ホームページの「出資金額の推移」を丸呑み
アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件から
LENDEX:WEBサイトの「ファンド一覧」の募集が終了したファンドの合計額から
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/918-d44a13c0