クラウドクレジットが週刊エコノミストにおける有望ベンチャー紹介において選出!茅場町へオフィスを移転! - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » クラウドクレジット » クラウドクレジットが週刊エコノミストにおける有望ベンチャー紹介において選出!茅場町へオフィスを移転!

クラウドクレジットが週刊エコノミストにおける有望ベンチャー紹介において選出!茅場町へオフィスを移転!


 週刊エコノミスト2017年8月1日号の特集「未公開株 ベンチャー・IPO100」にクラウドクレジットが掲載されました。



 同特集は国内の有望株式未公開企業100社を様々に紹介する内容です。FinTechだけではなく、AI、自動運転、エネルギー、医療、メディア、食材、人材、不動産、宇宙、ものづくり、シェリング、教育の分野から選ばれています。

01_FinTech20170736image.jpg

 これらのベンチャー企業への投資額が凄まじく伸びていることが同特集では紹介されています。

 なお特集の冒頭は下記リンクで読むことができます。

特集:未公開株100 2017年8月1日号(週刊エコノミストWEBサイト)

 注目株はやはりFinTechのようです。ユニコーン(株式未公開だが、企業価値が1000億円を超える企業)として、メルカリ(フリマアプリ)、来年にユニコーンになると見込まれるfreee(会計)が冒頭で紹介されています。

 上記冒頭部分の次には「専門家が選ぶ日本のすごいベンチャー企業33」と題して

森川亮氏(C Chanel社長、LINE前社長)、松岡豊氏(東京大学院特任准教授、櫛田健児氏(スタンフォード大学太平洋研究所日本研究リサーチアソシエート)、渡辺千賀氏(経営コンサルタント、Blueshift Global Partners社長)、馬田隆明氏(東京大学本郷テックガレージ・ディレクター)、瀬戸欣哉氏(LIXLグループ社長兼CEO)、岩下直行氏(京都大学教授)、安田育生氏(ピナクル会長兼CEO)、郡山龍氏(アプリックス創業者)、阪根信一氏(セブンドリーマーズ・ラバラトリーズ社長)、井上智洋氏(駒沢大学准教授)、

らが選んだ有望企業が33社紹介されます。

 FinTechの分野で上記33社に選ばれているのはマネーフォワード、bitFlyer、freee、メルカリ、ネストエッグです(マネーフォワードは2人により重複して選ばれている)。

 そして最後に、「編集部が選んだまだある!有望ベンチャー64社」という表が掲載されており、そのFinTech部門にクラウドクレジットが選出されています。

03_20170725_191452.jpg

 この表における選考基準は

・週刊エコノミストが各分野への識者への取材に基づき選考
・有力VCからの出資、表彰、官公庁からの助成制度、メディア掲載の実績
・設立後10年以内、資本金1億円以上、情報公開の姿勢


といったところです。

 上記の基準に従えばmaneoオーナーズブックも選ばれてよかったとは思いますが、まずはクラウドクレジットだけでも選ばれた事を喜びたいと思います。

 ソーシャルレンディングは2017年において投資家からの募集額が1千億超えを予想されており、隠れたFinTech有望株と私は考えています。

上記3社(サービス)に出資している有力企業でわかっているものを挙げれば、

maneo:GMOクリックホールディング、VOYAGE VENTURES、その他銀行系VC
クラウドクレジット:マネックスベンチャーズ、伊藤忠商事、フォトムパートナーズ
オーナーズブック:Renren Lianhe Holdings、カカクコム

といったところです。

 しかしながら、ソーシャルレンディング、ないしその運営業者はなぜかこうした経済誌の特集で大々的に取り上げられない傾向があります。

・新顔の投資商品であること
・悪いイメージを持たれがちな融資(貸金)というカテゴリに属していること
・金融庁の指導により融資先の情報が投資家に開示できず、不透明な投資商品であること
・実際に行政処分を受けた会社が複数あること


などなど、理由はいくつもあるかと思います。

 そんな逆境の中でもクラウドクレジットが掲載されたのは、同社のファンドが他のソーシャルレンディング運営会社より情報開示がしっかりなされていること、SNS、WEB、雑誌などで積極的に広報活動に勤めているところがあるのかと思われます。

 クラウドクレジットへの法人からの投資が伸びているというのも、その透明性の高さにあるのでしょう。

参考
2017/6/29 クラウドクレジット累計出資金額30億円突破、法人出資が後押し!

 なお、上記表にはクラウドクレジットの本社は千代田区麹町と書いてありますが、クラウドクレジットは2017年7月31日に本社オフィスを、金融の中心地中央区茅場町へ移転する予定です。同エリアは官民連携の元で金融機能を整備していく「東京国際金融センター」構想による取り組みが期待されています。

クラウドクレジット_ビル外観_d10588-12-754857-0
クラウドクレジットが移転する茅場町平和ビル外観

投資型クラウドファンディングのクラウドクレジット、本社オフィス移転のお知らせ「東京国際金融センター」構想実現に向けた取り組みが進められる兜町エリアへ(2017/7/26 PR TIMES)



ますますのクラウドクレジットの活躍に期待です。

クラウドクレジット公式WEBサイトへ
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/902-d373be4a