オーナーズブックが過去最大の募集実施、女性限定セミナー開催! - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » オーナーズブック » オーナーズブックが過去最大の募集実施、女性限定セミナー開催!

オーナーズブックが過去最大の募集実施、女性限定セミナー開催!


 オーナーズブックが2017/7/24より、サービス開始以来最大となる1億2千50万円の募集を行います。

01_ownersbook_lady_20170720.png


 これまでの最大が7千50万円(豊島区オフィス第2号ファンド第2回 2017年5月)だったので、それを大きく上回ることになります。

 オーナーズブックの案件はその硬さが人気で募集開始後あっというまに埋まってしまうことが続いています。こうした大型案件が増えることにより投資家の需要が満たされることに期待です。

オーナーズブックは2017/8/2(水)に「女性限定」セミナーを開催します。

02_ownersbook_lady_20170720.png

セミナー情報ページへのリンク

ソーシャルレンディング運営会社による参加者を女性に絞ったセミナーの開催は私が知る限り初めてです。

 ソーシャルレンディンのセミナーに参加すると投資家の男女比を教えてもらえることがありますが、どのサービスもだいたい9:1の割合で圧倒的に男性が多いです。

 是非女性の方々にもソーシャルレンディングへ投資して欲しいと思っています。


 さて、私はたまに女性向けビジネス誌の「日経WOMAN」に目を通すことがありますが、がキャリアウーマンとしてのファッションと自己投資などの「消費のススメ」が大部分を占めていることに、驚かされます。

 その一方、お金を得る「投資」についての情報は乏しいと感じます。年金(iDeCo)、積立、貯蓄性保険は詳しく紹介されています。しかし本格的な投資商品というと、せいぜい各種ETFの情報が少し掲載されているだけです。節約に関しての情報は充実している気がしますが。

 読者がほぼ男性と考えられるビジネス誌、投資情報誌が(お金のかからない)知識・情報の掲載、無駄遣いの戒め、ありとあらゆる投資が掲載されているのと大違いです。

なぜ女性が投資に前向きでないのか?そのことについての考察は私の手に余ります。しかし株式、FX、投資信託などが弱肉強食の世界であると考え、恐怖を感じて敬遠されているとしたら、それは正しい判断だと思います。

 個人投資家が機関投資家のカモ・養分にされる、手数料をぼったくられるのが当たり前の世界ですから。

 しかしソーシャルレンディングならば、その心配は現状ありません。おまかせ投資ですから、上記の喧騒を嫌う女性にも向いていると私は考えています。

 その他のソーシャルレンディングの魅力については、セミナーで説明があるでしょう。

何かといえば消費を強いられがちな女性にも着実な資産形成の展望が開けると思います。

 オーナーズブックの女性会員の伸びは前年比4倍で伸びています。その大多数は20~50代の働く女性であるとのことです。

20170726_ownersbook_d15446-10-430622-0.jpg

【ソーシャルレンディングに関する女性投資家の実態調査】利用者数は前年比4倍増、約9割が20代〜50代の働く女性(2017/7/28 PR TIMES)

オーナーズブックの女性への働きかけを応援します。

オーナーズブック公式WEBサイトへ
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/888-9d200bb7