クラウドバンク応募金額150億円突破!、千円単位の投資が可能な投資家目線がGood! - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » クラウドバンク » クラウドバンク応募金額150億円突破!、千円単位の投資が可能な投資家目線がGood!

クラウドバンク応募金額150億円突破!、千円単位の投資が可能な投資家目線がGood!


 クラウドバンクでのサービス開始以来からの累計募集額が2017年6月に150億円を突破しました。
 
「クラウドバンク」が応募総額150億円を突破(2017/6/28 クラウドバンクWEBサイト)

融資型クラウドファンディングサービス「クラウドバンク」、応募総額150億円突破(2017/6/29 マイナビニュース 田中省伍氏著)

2017y06m30d_103515786.jpg

 100億円を突破したのが、今年の2月、投資家への利益分配額が3億円を突破したのが同3月、クラウドバンクのの営業活動は堅調なようです。

参考
2017/02/04 クラウドバンク募集金額100億円突破おめでとうございます!

2017/03/11 クラウドバンクの分配金総額が3億円を突破しました。

2017y07m02d_003518905.jpg

 150億円突破を記念した、通常よりも高利回りな6%後半のキャンペーンも始まりました。


 さて、以下は先日の私のクラウドバンクにおける投資報告と、全ソーシャルレンディングの中で唯一クラウドバンクのみで可能な「千円単位の投資」と「投資の部分キャンセル」について述べたいとおもいます 。

先日クラウドバンクのGW投資キャンペーンに投資したことをご報告しました。

2017/4/30 クラウドバンク GW投資キャンペーンに投資しました

2017y06m02d_162816644.jpg

 上記キャンペーンは投資額に応じて、キャシュバックがあるのですが、それを無事受け取ることができました。

2017y06m02d_162908623.jpg

私の場合は投資額が50万円なので、2500円のキャッシュバックです。

2017y06m02d_162915639.jpg

 本来ならばこの画面でお礼のメールを送るのが筋なのですが、失念したので、この場を借りて御礼申し上げます。

閑話休題

今日はクラウドバンクの柔軟な投資額受付について触れたいと思います。

2017y06m07d_151804891.jpg

 クラウドバンクはどの案件でも最低投資額が1万円に設定されています。これは現状、SBIソーシャルレンディングクラウドクレジットオーナーズブックと同じです。最低投資額を1万円に設定してもらえると、口座に数万円ものお金を遊ばせなくてよいので、私個人はGOOD!と考えています。

2017y06m07d_151839093.jpg

 クラウドバンクのさらに柔軟なところは、その最低投資額、1万円を超えていれば千円単位での投資が可能なことです。

 つまり1万3千27円が口座に残っていれば、1万3千円をファンドに割り当て、口座残高を27円にすることができます。私などは口座に1万円以上のお金が遊んでいると「もったいない」と感じてしまう性格なので、この柔軟さはGOOD!と考えています。

 実はキャンセルも柔軟です。

2017y06m07d_172445091.jpg

 他のソーシャルレンディングサービスにおいてもキャンセルは可能です(案件が成立するまでは)。しかしその際には全額をキャンセルすることになります。

なんとクラウドバンクでは、キャンセル額をやはり千円単位で指定することが可能です。

つまり10万4千円投資したうちの、半額5万2千円だけをキャンセルして、投資額を減額させることも可能です。

2017y06m07d_172422075.jpg

ただし、最低投資額の1万円を割り込む減額はできないことを、ご注意ください。

 ソーシャルレンディングは個人のお金を集めて、機関投資家のような有利な条件での投資を可能とする投資、という観点からすると千円単位で投資額を設定できるというのは、馬鹿にできない強みだと思います。

 投資家が千人いて、もしその口座に最低投資額に満たずに遊んでいるお金が平均5千円あったとするとその総額は500万円になります。1万人ならば5千万円です。

投資家数が多くなれば多くなるほど、その遊休資産は馬鹿にならないものになるかと思います。

投資家の資産を遊ばせない、クラウドバンクを応援です。

信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク

2017年6月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
1.maneo : 約440万円
2.AQUSH : 約61万円
3.クラウドバンク: 約235万円
4.SBIソーシャルレンディング:約12万円
5.クラウドクレジット:約262万円
6.ラッキーバンク : 約51万円
7.オーナーズブック:170万円
8.LCレンディング : 約230万円
9.ガイアファンディング : 約197万円
10.トラストレンディング : 260万円
11.クラウドリース : 約159万円
12.スマートレンド : 約32万円
13.グリーンインフラレンディング:約104万円
14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
15.TATERU FUNDING:10万円
16.Wealth Navi:31万円
17.クラウドリアルティ:30万円

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

全般ランキング


クラウドバンク・フィナンシャルサービス
クラウドバンク・フィナンシャルサービス

海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!
関連記事
コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017-07-03 14:51 │ from URL

トラックバック

https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/858-d279fa74