ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年6月期 その3 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年6月期 その3

ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年6月期 その3


※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

 2017年6月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその3です。その2は下記リンクをご参照ください。

2017/6/13 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年6月期 その2

各社セミナー情報(募集中のみ)


1.クラウドクレジット
日時 2017/6/21 (水曜日) 19:00~
場所 東京都中央区日本橋 東京証券会館
セミナー情報ページ(満席のためキャンセル待ち)

2.TATERU FUNDING
2017/6/24(土曜日) 2017/6/25(日曜日) 10:30~
東京都港区青山 インベスターズクラウド本社
セミナー情報ページ

3.maneoアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングキャッシュフローファイナンスアップルバンク
日時:2017/6/27(火曜日) 19:00~
場所 東京都千代田区 東京国際フォーラム
セミナー情報ページ

4.オーナーズブック
日時:2017/6/28(水) 19:00~
場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
セミナー情報ページ

5.クラウドリアルティ
日時:2017/7/4(火)、7/6(木) 19;00~
場所:東京都千代田区平河町 Nagatacho GRID
セミナー情報ページ


株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO が本格始動!


 日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2017/4/24よりいよいよ募集を開始しました。

こちらのリンクより、投資会員登録を行えます。登録料は無料です。


不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
OwnersBook

日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!



E 参議院財政金融委員会にてソーシャルレンディングへの言及がありました


 民進党のふじすえ健三参議院議員が参議院財政金融委員会にて銀行法改正案の質疑をおこないました。その中でソーシャルレンディングへの言及があります。

参議院財政金融委員会(銀行法改正案)(平成29年5月25日)(2017/5/26 ふじすえ健三公式WEBサイト)

 全体的には「FinTech全般を盛り立てて行きましょう」ということで、与野党も一致した方向で質疑が行われています。オープンAPI、ブロックチェーン、投資額、キャッシュレス等様々なことに言及されていますが、ソーシャルレンディングについても

私は、一つお願いがございますのは、このP2P、ソーシャルレンディングともいいますけれど、是非そのソーシャルレンディングを育てていただきたいということと(後略)


(藤末健三参議院議員発言)

と、嬉しい発言があります。ただその前後を見ると、

私は、この間、外国のピア・ツー・ピアレンディング、個人から例えば個人に、若しくは企業に対してお金を貸すようなシステムをつくっている人と話をさせていただいたんですが

もう一つは海外の資金が日本のベンチャーに届くようにやっていただきたいということでございます

先ほどのお話の続きでございますが、海外のP2Pのレンディング、ソーシャルレンディングのフィンテック事業者が機動的に日本で活動できるようにできないかと思っています。


(いずれも藤末健三参議院議員発言)

 とあるとおり、藤末健三参議院議員の発言にある「ソーシャルレンディング」とは海外のLending Club、ZopaのようなP2Pレンディング(マーケットプレイスレンディング)を指しているようで、国内ソーシャルレンディング(バランスシートレンディング)も含めているのかは非常に疑問です。

 もちろん適法な限り、海外P2Pレンディングを国内でやりたいと考える人の応援をするのも(政治献金を受け取るのも)自由かと思います。ただ日本国民で「ソーシャルレンディング」と聞けば、maneoを初めとする国内勢を思い浮かべる人がはるかに多いだろうこと、その応援をすれば喜ぶ日本国民は多いだろうことを、頭の片隅に置いていただければ、幸いと思っています。


以下、各サービスごとのニュースです。


1.maneo


 maneoの2017年5月期における募集額は19億2,933万円となりました。


日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額720億円は伊達じゃない



2.AQUSH


 AQUSHの2017年5月期における募集額は0円となりました。


3.SBIソーシャルレンディング


 SBIソーシャルレンディングの2017年5月期における募集額は4億1千582万円となりました。

貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング


4.クラウドバンク


4.1募集額


 クラウドバンクの2017年5月期における募集額は3億4千743万円となりました。


4.2 クラウドバンクへ行政処分が行われました。


2017/6/2に証券取引等監視委員会は

1.投資家のリスク理解に誤認を与える、ファンド説明を行っていた
2.営業者報酬の還元をうたったキャンペーン内容が虚偽だった


 との理由で金融庁にクラウドバンクの運営会社、日本クラウド証券への行政処分を行うように勧告しました。

参照
日本クラウド証券株式会社に対する検査結果に基づく勧告について(2017/6/2 証券取引等監視委員会WEBサイト)

当社に対する検査結果に基づく勧告について(2017/6/2 クラウドバンクWEBサイト)

 その勧告を受けて、関東財務局は「業務改善命令」の処分をおこないました。

日本クラウド証券株式会社に対する行政処分について(2017/6/9 関東財務局)

関東財務局による行政処分について(2017/6/9 クラウドバンクWEBサイト)


 クラウドバンクによると、ファンド説明の問題については、すでに改善を行った。営業者報酬の還元は問題発覚後実施したとのことです。

 行政処分を受けるのはクラウドバンクにとって2度目とはなります。

 問題が認められたのは多数販売されているファンドのうち、ごくわずかのようで故意ではなさそうです。あくまで過失であり悪質性は認められないことから、「業務停止」ではなく「業務改善命令」という軽い処分になったものと考えられます(故意にやったのならば、もっと多くのファンドで組織的にやっているでしょう)。

 クラウドバンクへの投資家への分配・償還に問題が認められているわけではないので、この問題を克服して元気に営業してもらえることを期待です。


信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク

クラウドバンク・フィナンシャルサービス
クラウドバンク・フィナンシャルサービス


5.クラウドクレジット


5.1 募集額


 クラウドクレジットの2017年5月期における募集額は3億9千162万円となります。これはこれまで最高だった2017年3月期における2億9千162万円を超えて、歴代1位となります。


5.2累計ユーザー登録数が5千人を突破しました


 クラウドクレジットの累計ユーザーが2017年5月に5千人を突破しました。月あたりの増加数も700人迫る勢いと、過去最多となりました。同月の投資家からの募集額が過去最高になったのは上記の通りです。

累計ユーザー登録数5,000名を突破!2017年5月には過去最多となる単月で700名に迫る登録を記録 世界のローンへの分散投資に関心が集まる(2017/6/2 クラウドクレジットWEBサイト)

2017/6/9 クラウドクレジットの累計ユーザー数が5千人を突破しました。

海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




6. ラッキーバンク


6.1 募集額


ラッキーバンクの2017年5月における募集額は6億1千454万円となりました。


6.2 累計募集額が100億円を突破


 ラッキーバンクのサービス開始以来の募集額は2017年6/17に100億円突破しました。

20170617luckybank.png

 2014年12月のサービス開始以来、2年7ヶ月(31ヶ月)での記録達成でありこれは全サービスの中で最速となります。

 このことについては別途記事を作成しました。

2017/6/18 ラッキーバンク累計募集額100億円突破、おめでとうございます!

をご参照ください。 

全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
ラッキーバンク

今回はここまでにさせてください。

次回記事
2017/06/26 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年6月期 その4


2017年5月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
1.maneo : 約438万円
2.AQUSH : 約64万円
3.クラウドバンク: 約234万円
4.SBIソーシャルレンディング:約12万円
5.クラウドクレジット:約261万円
6.ラッキーバンク : 約87万円
7.オーナーズブック:約170万円
8.LCレンディング : 約230万円
9.ガイアファンディング : 約196万円
10.トラストレンディング : 260万円
11.クラウドリース : 約158万円
12.スマートレンド : 約31万円
13.グリーンインフラレンディング:約104万円
14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
15.TATERU FUNDING:10万円
16.Wealth Navi:30万円

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

全般ランキング



投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」



ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2017年06月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2017年06月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2017年06月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2017年06月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2017年06月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較1
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較2
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較3
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較4
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較5
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


各社募集実績の求め方

maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/848-6e451261