ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その4 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その4

ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その4


※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています


 2017年5月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその4です。その3は下記リンクをご参照ください。

2017/5/23 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その3


各社セミナー情報(募集中のみ)


maneoLCレンディングクラウドリースアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディング、、アップルバンク
日時:2017/5/29(月) 19:00~
場所 東京都千代田区 東京国際フォーラム
セミナー情報ページ


オーナーズブック
日時:2017/5/31(水) 19:00~
場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
セミナー情報ページ


クラウドクレジット
日時 2017/6/21 (水曜日) 19:00~
場所 東京都中央区日本橋 東京証券会館
セミナー情報


株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO が本格始動!


 日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2017/4/24よりいよいよ募集を開始しました。

こちらのリンクより、投資会員登録を行えます。登録料は無料です。

第1号案件募集開始についての記事はこちら
20174/24 株式型クラウドファンディング FUNDINNO、遂に1号案件提出へ!


信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク

海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」



7.オーナーズブック


7-1 募集額

 オーナーズブックの2017年4月期における募集額は1億4千150万円となりました。これは歴代1位の2017年1月期の1億8千150万円に次ぎ、歴代2位となります。

7-2 プレス向け説明会を開催

 オーナーズブックの運営会社ロードスターキャピタルはは2017/5/18にプレス向け説明会を開催しました。その様子は下記C-net Japanの記事で伺うことができます。

クラウドファンディングで実現する開かれた不動産投資サービス「OwnersBook」とは(2017/5/19 C-net Japan)

 不動産市場をより身近にするため、個人に食楽不動産投資への道を開く。そのことにより機関投資家ばかりの不動産市場に個人投資家を呼び込み、その市場の安定化を図る思惑など、興味深い展望が語られています。
 
 もう一つ興味深いと感じたことは

不動産へ出資する投資家の保護を目的とした法律「不動産特定共同事業」が2017年に改正予定ということもあり、投資型クラウドファンティングはさらなる成長の可能性があると予測する。

と書かれていることです。
 
 オーナーズブックが計画を進めているエクイティ型不動産投資クラウドファンディング絡みの話にならないか、期待しています。

参考
2016/3/24 勉強会参加報告その5 オーナーズブック②~エクイティへ投資できる未来へ~


7-3 FinTech投資における実態調査を公表しました

 ロードスターキャピタルは20~60代の男女600人を対象に、FinTech投資に関する調査を実施し発表しました。下記リンクで読むことができます。

【投資に関する実態調査】フィンテックで多様化・分散化する20代、30代の投資傾向 ~ソーシャルレンディングは20代の74%が関心を示す~ これからの投資方法は「少額投資」、「スマホで投資」がポイント(2017/5/19 PRTIMESxBRIDGE)

 このことについては別途記事を作成しました。下記リンクをご参照ください

2017/5/21 若年層におすすめな投資、ソーシャルレンディング、不動産投資のオーナーズブック

 

8.スマートエクイティ


 スマートエクイティの2017年4月期における募集額は0円となりました。


9.LCレンディング


9.1 募集額

 LCレンディングの2017年4月期における募集額は8億5千418万円となりました。


9.2 LCホールディングスの2017年3月期決算短信が発表されました

  LCレンディングの親会社、LCホールディングス(JASDAQ上場)の2017年3月期決算短信が配信されました。

 前年比、売上高159%UP、営業利益219%UP、経常利益153%UPとのことで業績は非常に好調です。LCレンディングの案件は同社が保証をつけるものが多いです。ですからLCレンディングへの投資はなかなか、硬いものになりそうです。
 決算短信はこのリンクで読めます。同短信ではLCレンディングにも触れられています、以下引用します。

 平成26年11月に設立したLCL社は、不動産ファンドにおけるメザニン融資部分を「クラウドファンディング」という手法によって実現することを目的に設立され、平成27年7月にプラットフォームをオープンいたしました。そして同社は、平成29年3月末時点の成立ローン累計額は70億円、登録人数は1,900名を突破し、順調に伸張しております。

参考
LCホールディングス 決算短信(2017/5/16 融資型クラウドファンディング「LCレンディング」社長のblog)


10.ガイアファンディング


 ガイアファンディングの2017年4月期における募集額は2億4千166万円となりました。


11.トラストレンディング


  トラストレンディングの2017年4月期における募集額は6千万円となりました。


高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




12.J.レンディング


 J.レンディングの2017年4月期における募集額は0円となりました。


13.クラウドリース


 クラウドリースの2017年4月期における募集額は3億2千353万円となりました。


14.スマートレンド


14.1 募集額

 スマートレンドの2017年4月期における募集額は5億5千595万円となりました。これは歴代最高だった2017年12月期の4億6千763万円を超えて、歴代1位の記録となります。


14.2 融資先月次モニタリングが報告されるようになりました。

 スマートレンドが行っている融資先の月次モニタリング結果が、メールマガジンを通じて投資家に月次で報告されることになりました。このことはやはりメールマガジンで告知されました。

 その内容を転載します。

平素よりスマートレンドをご利用頂き、ありがとうございます。
スマートレンドよりお知らせです。

スマートレンドでは、融資先について融資実行後も月次でモニタリングを実施しており、その結果を投資家の皆様に対してメールマガジンを通じて毎月ご報告させていただくことといたしました。

当社では融資先の財務面の評価だけではなく、事業面での評価(事業性評価)を重視した審査を行っており、面談等により各評価内容についての変化をモニタリングしています。

モニタリングの項目と対象企業は以下の通りです。

<モニタリング項目>
・財務内容の健全性
・外部環境の変化とその対策
・事業の進捗

<モニタリング対象企業>
・香港消費者金融事業  C社
・エステクレジット事業 I社
・家賃保証事業     A社

平成29年4月度の月次モニタリングの結果、モニタリング対象企業において順調な事業運営がなされており、融資の返済には問題がないとみております。

次回の融資先の月次モニタリングご報告は、平成29年6月の予定です。

 ほんとに簡潔な報告内容ですが、融資先の業績が順調ならばこれでよいかと思います。他社も同様に融資先のモニタリングは行っているかと思います。このような投資家への情報提供の動きが、ますます進むことに期待です。


15.みんなのクレジット


15.1 募集額

 みんなのクレジットは現在営業を自主休止中です。2017年4月期における募集額は0円となりました。

15.2 みんなのクレジットが別冊宝島で取り上げられました

 みんなのクレジットの白石伸生元社長を取り上げた記事が「別冊宝島2582 プロレス 暗黒回廊」で取り上げられています。



 該当記事は”財務省が「業務停止命令」を発動!元全日本プロレスオーナー「白石伸生」の詐欺師人生”とかなり過激な記事タイトルですが、中身はそれ以上に辛辣です。

20170522_192343.jpg

ごく一部を引用すると

その(カネが戻ってこない)場合は被害者が集団で刑事告訴することになるかもしれません。詐欺の場合には(被害額が)1億円以上になると、仮に一部を弁済したとしても逮捕・実刑は免れないといわれていますが(後略)

と、みんなのクレジットが行ったことは詐欺とほぼ断定する形の記事となっています。

 公平のために述べますと、記事には「大手紙記者」なる人物が登場して金融商品の専門でない別冊宝島編集部に代わって、みんなのクレジットの問題について解説しているのですが、ソーシャルレンディング自体の知識にはちょっと怪しいところがあります。

 なお、私はみんなのクレジットの問題は通常のファンドならばポンジ・スキーム(詐欺)かもしれないが、ソーシャルレンディングにおいてはグレーではないかという立場です。

参考
2017/3/24 みんなのクレジットが金融庁より行政処分をうけることになりそうです その2

なお、上記別冊宝島の記事については別途エントリーを作成しました。

2017/6/22 みんなのクレジットが別冊宝島で取り上げられています

をご参照ください。


16.TATERU FUNDING


 TATERU FUNDINGの2017年4月期における募集額は5千460万円となりました。

17.アメリカンファンディング


 アメリカンファンディングの2017年4月期における募集額は6千443万円となりました。これは歴代最高である先月の7千718万円に続き、歴代2位の記録となります。


18.グリーンインフラレンディング


18.1 募集額


 グリーンインフラレンディングの2017年4月期における募集額は9億676万円となりました。これは歴代最高である先月の9億2千140万に次ぎ、歴代2位の記録となります。


18.2 グループ会社に証券会社が加わりました


  グリーンインフラレンディングの親会社であるJCサービスが、沖縄にある証券会社であるJC証券(旧MVF証券)の株式を100%取得しました。JC証券は金融商品取引取引行における一種と二種の両方を登録しており、グリーンインフラレンディングの今後の事業展開が期待されます。

19.クラウドリアルティ


 クラウドリアルティの2017年4月期における募集額は0円となりました。

20.さくらソーシャルレンディング


 さくらソーシャルレンディングの2017年4月期における募集額は3千183万円になりました。

21.キャッシュフローファイナンス


 キャッシュフローファイナンスの2017年4月期における募集額は2千463万円となりました。

22.アップルバンク


 アップルバンクの2017年4月期における募集額は1億4千359万円となりました。

23.FUNDINNO


 FUNDINNOは2017年4月24日に第1号案件の募集を開始し、またたくまに1千460万円を募集しました。今後も案件がどんどん出てくることに期待です。

参考
2017/4/24 株式型クラウドファンディング FUNDINNO、遂に1号案件提出へ!

2017/5/17 UNDINNO案件募集は2月に1度を予定!

「FUNDINNO」 日本初、クラウドファンディングで1,460万円の資金調達(2017/5/17 Venture Times)


日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!



01_2017y05m24d_162601010.jpg

 2017年4月期における主要23サービスの募集総額(速報値)は101 億 5千278万円となりました。これは前月(2017年3月期)の100億2千151万円を抜いて歴代1位となります。

 2017年4月はSBIソーシャルレンディングが28億2,361万円を募集し、全サービスのなかで一番となりました。maneoが月募集額の首位を明け渡すのは、2015年の10月にLCレンディングが1番になった時以来であり久しぶりです。

 なお、2015年10月においては、LCレンディングが12億4千883万円、maneoが10億2千295万円でした(サービス数は10で募集総額は31億6千649万円)。


02_2017y05m24d_162613167.jpg

2017年4月30日時点での主要23サービスの累計募集金額は1,499億円2,976万円となります。

惜しくも1千500億円に届きませんでしたが、募集額自体はとても好調でした。

 みんなのクレジットへの行政処分の影響を心配していましたが、月間募集額が最高を更新したということは、全体的に投資家は冷静であることが伺えます。ソーシャルレンディンの情報を配信する投資情報サイトが増えて、投資家が増えていることも、好調さの理由と考えています。


2017年4月末時点で以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
1.maneo : 約436万円
2.AQUSH : 約64万円
3.クラウドバンク: 約187万円
4.SBIソーシャルレンディング:約15万円
5.クラウドクレジット:約261万円
6.ラッキーバンク : 約86万円
7.オーナーズブック:約121万円
8.LCレンディング : 約229万円
9.ガイアファンディング : 約195万円
10.トラストレンディング : 260万円
11.クラウドリース : 約157万円
12.スマートレンド : 約31万円
13.みんなのクレジット:約50万円
14.グリーンインフラレンディング:約103万円
15.さくらソーシャルレンディング:約61万円
16.TATERU FUNDING:10万円

投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない


全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
ラッキーバンク

貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
OwnersBook

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

全般ランキング


ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較1
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較2
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較3
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較4
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較5
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表"


各社募集実績の求め方

maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額

ここまでやりました(ここからはじめよ)
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/811-b217ccde