ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その2 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その2

ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その2


※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています


 2017年5月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその2です。その1は下記リンクをご参照ください。

2017/5/9 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その1


各社セミナー情報(募集中のみ)


TATERU FUNDING
日時 :2017/5/20、2017/5/21 10:30~
場所: 東京都港区 インベスターズクラウド本社
セミナー情報ページ (5/20はこちら5/21はこちら)

maneoLCレンディングクラウドリースアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディング、、アップルバンク
日時:2017/5/29 19:00~
場所 東京都千代田区 東京国際フォーラム
セミナー情報ページ


オーナーズブック
日時:2017/5/31(水) 19:00~
場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
セミナー情報ページ


クラウドクレジット
日時 2017/6/21 (水曜日) 19:00~
場所 東京都中央区日本橋 東京証券会館
セミナー情報


高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない


信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク

クラウドバンク・フィナンシャルサービス
クラウドバンク・フィナンシャルサービス

株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO が本格始動!


 日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2017/4/24よりいよいよ募集を開始しました。

こちらのリンクより、投資会員登録を行えます。登録料は無料です。

第1号案件募集開始についての記事はこちら
20174/24 株式型クラウドファンディング FUNDINNO、遂に1号案件提出へ!


E 事業構想においてソーシャルレンディングが取り上げられました


 事業構想2017年5月号にて、ソーシャルレンディングに触れた記事が掲載されました。2017年3月8日に開催されたソーシャルレンディングサミットにおいて、同編集部が行った取材が下敷きになっています。

 記事は下記リンクより読むことができます。

多様な資金需要の受け皿に 急成長するソーシャルレンディング(事業構想 2017年5月号 全部読むにはログインが必要)

 ソーシャルレンディングの可能性、急成長、注意喚起などについて触れられていますが、ひとつ記事の特徴を挙げるとしたら、「地方創生」と「中小企業・ベンチャー支援」に注目されている点です。さくらソーシャルレンディング、クラウドリース CAMPFIREの取り組みについて具体的に触れられています。

 特に注目と感じたことはさくらソーシャルレンディングにおいて、

さくらソーシャルレンディングとmaneoマーケットは2016年12月、地方創生型ソーシャルレンディングをスタート。日本全国を8つの地域に分け、地元に密着した事業者とパートナー契約を行いながら、新築分譲の戸建開発やマンションのリノベーション販売などの不動産分譲開発投資案件、店舗開業・設備資金の投資案件、太陽光・風力・地熱など小規模自然エネルギー事業案件など、地域活性化に繋がる投資案件を創造していくという。


 と書いてあることです。さくらソーシャルレンディングは当初は本拠地である「九州」がファンド名に含まれる案件の募集を行いましたが、最近は北海道・近畿・中部などをテーマとした様々なファンド募集を行っています。
 
 こうした地方活性に注目した事業とその資金調達能力に注目されるのは、ソーシャルレンディングの地位向上のために有意義だと考えています。

 あともうひとつ注目と感じたことはCAPMFIREの代表取締役の家入一真氏が

 「利回りの高さだけではないソーシャルレンディングの価値を発信し、多様な投資家、例えば若者に興味を持ってもらうための仕掛けなども必要では」

 と発言されていることです。家入氏はこれまでも世間から注目されるイベントの中心人物となってきました。さてどうのような「仕掛け」がCAMPFIREのソーシャルレンディングには組み込まれるのか?若者を惹きつけられるか?に注目です。


貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
ラッキーバンク


F フィンテックについて触れるレポートの中で国内ソーシャルレンディングに触れられているのですが…


情報通信の最新トレンドの配信サービスInfoComニューズレターにて、フィンテック特に融資部門に注目したレポートが配信されました。下記リンクで読むことができます。

バランスシート・レンディングの可能性(2017/5/2 Infocomニューズレター 佐藤泰基氏著)

 FinTechの融資分野(オルタナティブレンディング)、特にバランスシートレンディングについて詳しい解説がなされています。

 国内ソーシャルレンディングについても触れられており、

日本に比べ、海外ではマーケットプレイス・レンディングの展開が先行している。ベンチャー企業の米LendingClub社は米国で株式上場に至っており、貸し出し実績の蓄積と機関投資家の参加を背景に事業を拡大させている。日本においてはmaneo社がサービスを開始しており、今後の本格展開に注目が集まっている。

との記述があります。

 maneoはマーケットプレイスレンディングであると述べられています

 しかしこのことには私は疑問を持っています。maneoを代表とする国内ソーシャルレンディングは世界基準ではマーケットプレイスレンディングではなく、バランスシートレンディングだと私は考えています。

参考
2016/7/21 どっち?[バランスシートorマーケットプレイス]レンダー その2 世界・国内の趨勢はいかに
(マーケットプレイスレンディング、バランスシートレンディングについてはこの記事をご参照ください)

 世界でソーシャルレンディングを名乗るサービス(Lending Circle、Prosper、Funding Circleなど)は紛れもないマーケットプレイスレンディング(レンダー)なのですが、国内ソーシャルレンディングはいずれもバランスシートレンディングであることは、混乱を招いているようです。
 
 これは国内ソーシャルレンディングの黎明期において、日本の法律では営業できないマーケットプレイスレンディング(本来のソーシャルレンディング)を、国内でも営業が認められているバランスシートレンディングで可能な限り再現しようとした名残によるものと、私は考えています。

 いくらマーケットプレイスレンディングに似ているようでも、その融資資金が運営会社のバランスシートに記載されている。つまり貸し手が運営会社であるかぎりそのサービスはバランスシートレンディングなのです。

 もっともこのレポートで主に取り扱われているテーマはあくまで、トランザクションレンディングであり、そこについては実に適切な解説がなされています。

 「バランスシートレンディング」といった場合、トランザクションレンディングだけではなく、国内ソーシャルレンディングも含まれるので、今後その共通認識が広まれば幸いと考えています。


不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
OwnersBook

投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」



G 週刊SPA!2017年5月16日号にてソーシャルレンディングが副業の一つとして取り上げられています。


 週刊SPA!2017年5月16日号、連載「マネー得捜本部」にて「Vol.426 年収350万円から富裕層へ!年収1億円を稼ぐ」と題して、様々な副業のオススポイント、注意点が紹介されています。
 


 なお、この記事はハーバードビジネスオンラインの下記リンクでも読むことができます。

 年収350万円が年収1億円になった副業の達人現る!(2017/5/15 ハーバードビジネスオンライン)

 この連載においては1人の投資家がピックアップされ、解説役を任されることが多いです。今回は元サラリーマン投資家小林昌裕氏がその役を担っています。

 様々な副業が紹介されていますが、ソーシャルレンディングもその一つとして紹介されています。

 このSPA!での掲載については別途記事を作成いたしました。

2017/5/30 週刊SPA!にてソーシャルレンディングが副業の一つとして取り上げられています。

ご参照ください。


H 週刊SPA!2017年5月23日号にてソーシャルレンディングが取り上げられています


 2017年5月16日号におけるソーシャルレンディングの扱いは「オススメ副業の一つ」という扱いでした。その次の号である2017年5月23日号では同連載の「Vol.427 "貸付”で年150万円稼ぐ個人投資家も!年利10%超のソーシャルレンディング」と題してまるまる2Pを使って大々的に扱われています。



2017/5/22 追記
この記事はハーバードビジネスオンラインでオンラインで読むことができます。

個人投資家が狙っている年利10%超のソーシャルレンディングとは?(2017/5/22 ハーバードビジネスオンライン)

 クラウドポートの藤田雄一郎社長、クラウドクレジットの杉山智行社長とならんで、不肖このファイアフェレットも解説役として取り上げてもらっています。

20170516_074139.jpg

お読みいただければ幸いです。

このことについては別途記事を作成しました。ご参照ください。

2017/7/4 週刊SPA!でソーシャルレンディングが大きく取り上げられました。
 

今回はここまでにさせてください。

次回記事
2017/5/23 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その3


2017年4月末時点で以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
1.maneo : 約436万円
2.AQUSH : 約64万円
3.クラウドバンク: 約187万円
4.SBIソーシャルレンディング:約15万円
5.クラウドクレジット:約261万円
6.ラッキーバンク : 約86万円
7.オーナーズブック:約121万円
8.LCレンディング : 約229万円
9.ガイアファンディング : 約195万円
10.トラストレンディング : 260万円
11.クラウドリース : 約157万円
12.スマートレンド : 約31万円
13.みんなのクレジット:約50万円
14.グリーンインフラレンディング:約103万円
15.さくらソーシャルレンディング:約61万円
16.TATERU FUNDING:10万円

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

全般ランキング



ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較1
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較2
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較3
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較4
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較5
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表"


各社募集実績の求め方

maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/800-79521d40