ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年4月期 その4 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年4月期 その4

ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年4月期 その4


※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

 2017年4月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその4です。その3は下記リンクからどうぞ

2017/4/19 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年4月期 その3

各社セミナー情報(募集中のみ)


maneoアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングアップルバンク
日時:2017/5/8(月曜日) 19:00~
場所:東京都千代田東京国際フォーラム
セミナー情報ページ"

オーナーズブック
日時:2017/5/10(水曜日) 19:00~
場所:東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル(株)会議室
セミナー情報ページ


株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO が本格始動!


 日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2017/4/24よりいよいよ募集を開始しました。

こちらのリンクより、投資会員登録を行えます。登録料は無料です。

第1号案件募集開始についての記事はこちら
20174/24 株式型クラウドファンディング FUNDINNO、遂に1号案件提出へ!

日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない


貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング


4.クラウドバンク


4.1 募集額

 クラウドバンクの2017年3月における募集額は10億8千715万円となりました。最高記録である前月の10億9千900万円に次いで、歴代2位の記録となります。


4.2 ファンド運用状況が良好であることの投資家への説明を行いました

 クラウドバンクは2017年3月30日に投資家にファンドの運用状況が良好であること、貸付先(債券)の信用状況に問題は認められないこと、また

・「担保あり」と明記した案件は、貸付債券の全額を保全できるようにしていること
・貸付債権の監視に気を配り、問題が合った場合はすぐに報告を受ける体制を敷いていること
・分配に延滞や、出資金に毀損が生じるような事態には投資家に速やかに報告する体制を敷いていること


を報告しました。

クラウドバンクの運用状況に関するお知らせ(2017/3/30 クラウドバンクWEBサイト)

2017y04m21d_132520247.jpg

 このように2017/3/30時点における運用中の全ファンドの担保設定も公開されています。

 上記お知らせの中には「みんなのクレジットの行政処分」に触れている箇所はありません。しかしみんなのクレジットが行政処分をうけることにつながった各問題について、投資家への対応を行ったものと推測されます。


信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク

クラウドバンク・フィナンシャルサービス
クラウドバンク・フィナンシャルサービス


5.クラウドクレジット


5.1 募集額

 クラウドクレジット2017年3月における募集額は2億9千162万円となりました。これまで最高だった2016年12月期の1億8千983万円を、約1億円上回り歴代1位となります。


5.2 ファンド運用の適切さ、運用報告の開示に関する表明を行いました。

 クラウドクレジットみんなのクレジットの行政処分勧告を受け、他のサービスよりもいち早く対応を行い、自社ページ内で、資産管理、ファンド運用が適切に行われていることを発表しました。

証券取引等監視委員会による特定の第二種金融商品取引業者に関する行政処分の勧告について(2017/3/24 クラウドクレジットWEBサイト)

 普段から投資家との対話に努め、情報開示を努めているからこそ、いち早く対応が行えたものと考えられます。


5.3 ファンド別入出金明細機能を実装しました。

 クラウドクレジットはマイページの機能として「ファンド別入出金明細機能」を実装しました。

マイページの新機能「ファンド別入出金明細機能」をリリース!(2017/4/6クラウドクレジットWEBサイト)

 これまで分配はまとめて処理されていましたが、実装後は個別のファンドごとに分配金の支払状況を見ることが可能となりました。

2017y04m21d_133051910.jpg

私が投資中4号案件ですと上記の様に表示されます(2016年11月以降が表示される)


5.4 クラウドクレジットの人材登用についての話題が公開されています。

 クラウドクレジットはビジネスマンに特化したSNS「Wantedly」を活用して人材集めを行っていますが、そのことが記事として掲載されています。

クラウドクレジットのメンバーの集まり方(2017/4/12 Wantedly)

クラウドクレジットの面談内容を公開します!(第1回)(2017/4/13 Crowdcredit Career Blog)

【執行役員インタビュー(第1回)】投資銀行からフィンテック企業に転職し、1か月で執行役員に(2017/4/21 Crowdcredit Career Blog)

転職して執行役員から現場の職員になり、また執行役員になった話 ~ 執行役員インタビュー(第2回)(2017/4/26 Crowdcredit Career Blog)


 クラウドクレジットで働くためには、自分がこれをやりたい!と思える「ロール(役割り)」、またそのイメージを複数持つことが大事だというメッセージがよく伝わってくる記事と感じました。


海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




6.Lucky Bank


 ラッキーバンクの2017年3月の募集額は4億625万円となりました。


全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
ラッキーバンク


7.オーナーズブック


7.1 募集額

 オーナーズブックの2017年3月における募集額は1億2千150万円となりました。


7.2 運営会社ロードスターキャピタルが運営体制、案件の運営についてプレスリリースを出しました。

 みんなのクレジットの行政処分に対応して、オーナーズブックの運営会社、ロードスターキャピタルも(株)も運営体制、各案件の運営に関するプレスリリースを出しました。

OwnersBookの運営会社と各案件の運営についてのご説明(2017/3/29 ロードスターキャピタルWEBサイト内プレスリリース)

 自社グループが会計監査人による監査を受けていること、黒字経営を続けていること、顧客資産の分別管理を徹底していること、案件ごとの計算報告書は外部税理士事務所の確認を行ってもらっていと、担保価値評価については、外部の専門家も交え、二重のチェックを経たうえで行っていることについて説明が行われています。


7.3運営会社ロードスターキャピタルが決算広告の公開を行いました

 オーナーズブックの運営会社ロードスターキャピタル(株)は、自社の決算を公開しました。決算公開を行う運営会社はソーシャルレンディング業界では少数派であり、信頼性が高いといえます。

決算公告を公開いたしました。(2017/3/31 ロードスターキャピタル(株)WEBサイト内プレスリリース)

クラウドポートの記事もご参照ください。

オーナーズブック運営のロードスターキャピタル、前年比55.7%増収の46億5200万円。(2017/3/31 クラウドポート)


不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
OwnersBook


8.スマートエクイティ


 スマートエクイティの2017年3月における募集額は0円となりました。


9.LCレンディング


9.1 募集額

 LCレンディングの2017年3月における募集額は8億292万円となりました。

9.2 みんなのクレジットの行政処分に対して山中社長が言及されています。

 みんなのクレジットの行政処分に対して、LCレンディングの山中健司社長は自身が管理するブログの中で言及されています。

みんなのクレジットへの行政処分(2017/3/24融資型クラウドファンディング「LCレンディング」社長のblog

みんなのクレジットの事案が判明した後(2017/3/29 同上)

 ソーシャルレンディング運営会社が求められる「匿名性のルール」、それに業界の中ではもっとも取り組んでいるという自負、一方でそのルールがある限り運営会社の努力には限界があるということ、あくまでソーシャルレンディングの投資の責任は最終的には投資家にあることの注意喚起が述べられています。

 山中社長はセミナーでもブログでも匿名化の問題点について、よく触れられています。こうした働きかけがソーシャルレンディングの運営側、投資家との意識共有に寄与することを願わずにはいられません。


9.3 LCホールディングの「成長の源泉」としてLCレンディングがとりあげられています

 経済情報サイト「MONEY VOICE」にて、LCレンディングの親会社LCホールディングスの成長戦略についての記事が掲載されています。

LCホールディングス<8938>の「本気」に期待~情熱投資家・相川伸夫が語る注目銘柄(2017/4/7 MONEY VOICE)

 LCホールディングスの成長戦略が様々に述べられていますが、特にLCレンディング(ソーシャルレンディング)については特に大きく取り上げられています。その部分を引用したしますと

LCホールディングスの真の狙い、成長にかける野心とは

同社のLCレンディングはまさに成長の源泉です。2015年7月にスタートした当初のレンディングの投資家人数は461人。それからわずか1年半で、5倍近くの2000人に迫ろうかという勢いを持っています。

今期の3月末のレンディングの成立ローンの総額目標は60億円でしたが、10億円も上回って着地。レンディングに資金が集まれば、多くの収益物件を自分の財布を使わずに運用することができます。恐らくこの業界で一番早くレンディングに手を出したのは、上場銘柄の中ではLCホールディングスではないでしょうか?

と熱い視線が注がれています。

今回はここまでにさせてください。

次回記事
2017/4/28 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年4月期 その5

現在以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
1.maneo : 約434万円
2.AQUSH : 約63万円
3.クラウドバンク: 約187万円
4.SBIソーシャルレンディング:約18万円
5.クラウドクレジット:約260万円
6.ラッキーバンク : 約86万円
7.オーナーズブック:約120万円
8.LCレンディング : 約228万円
9.ガイアファンディング : 約194万円
10.トラストレンディング : 約260万円
11.クラウドリース : 約157万円
12.スマートレンド : 約31万円
13.みんなのクレジット:約50万円
14.グリーンインフラレンディング:約100万円
15.さくらソーシャルレンディング:約60万円

高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

全般ランキング


ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表"


2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較1
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較2
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較3
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較4
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較5
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


各社募集実績の求め方

maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/778-e7dcadf0