ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年4月期 その3 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年4月期 その3

ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年4月期 その3


※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

 2017年4月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその3です。その2は下記リンクからどうぞ

2017/4/18 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年4月期 その2


各社セミナー情報(募集中のみ)


maneoアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングアップルバンク
日時:2017/5/8(月曜日) 19:00~
場所:東京都千代田東京国際フォーラム
セミナー情報ページ"

オーナーズブック
日時:2017/5/10(水曜日) 19:00~
場所:東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル(株)会議室
セミナー情報ページ


株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!


 日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です。


信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク

クラウドバンク・フィナンシャルサービス
クラウドバンク・フィナンシャルサービス


海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





H: YAHOO!ファイナンスにもソーシャルレンディングの情報が配信されるようになりました。


 日本屈指の投資情報サイトであるYAHOO!ファイナンスにソーシャルレンディングの情報が配信されています。先日初心者向けの投資情報サイト、投信1がソーシャルレンディングの情報配信に最近力をいれていることをお伝えしましたが、YAHOO!はそれを転載する形で配信を行っています。

ソーシャルレンディングを理解する3つのキーワード(2016/12/26 YAHOO!ファイナンス)

ソーシャルレンディングで海外投資!? 新しい金融仲介機能の役割とは(2017/03/24 同上)

今話題の投資手法「ソーシャルレンディング」! メリットは何? デメリットやリスクは?(2017/04/03 同上)

いまさら聞けない、ソーシャルレンディングって普通の金融と何が違うの?(2017/04/05 同上)

 YAHOO!ファイナンスにニュースが掲載されることで、ますますソーシャルレンディングの知名度が高まることに期待です。


全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
ラッキーバンク

不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
OwnersBook


I:米国第二のサブプライムを危惧する記事の中で、ソーシャルレンディングについて触れられています。


 Tech Crunchにおいて、米ソーシャルレンディングでおきている「とある現象」が第2のサブプライム発生を示唆している、という内容の記事が掲載されています。

最初にお断りしておきますと、

ソーシャルレンディングにおける、サブプライム層への貸付が第二のサブプライムを引き起こす

という主旨の記事ではありません。

 米ソーシャルレンディングにおける信用の低い層の人々(いわゆるサブプライム)の金利上昇が、将来的にアメリカが遭遇する可能性があるサブプライム問題の再来を示唆している

との内容です。

第二のサブプライム問題にテック業界が関係するかもしれない理由(2017/4/8 Tech Crunch)

上記の記事の趣旨は以下のとおりです(思いっきり噛み砕いています)

・ソーシャルレンディングにおけるサブプライム層の金利が上昇している
・一方信用の高い層の金利は下がったので、格差が増大した
・この格差の拡大はAI、FinTechなどの“テック”産業に就業している人と、そうでない従来型の産業に就業している人の格差の増大を示唆している
・実際に最先端の“テック”に従事している人の給料は上がり、一方その“テック”に代替される従来型産業の人々の給料は下がっている
・しかし中間、下位層の暮らしが悪化すれば、上位層にもそれが広がり、結果不景気は繰り返される

といった内容です。

繰り返しになりますが、

ソーシャルレンディングが第二のサブプライム問題を引き起こす

という内容ではありません。

 日米のそれぞれのソーシャルレンディングは現状全くの別物ですが、経済の血液の流れといえる“金融”に大きな影響を与えている、与えつつあることは共通だと私は考えています。

 従来型の経済しか視野に入れないよりも、FinTechも視野にいれるためにソーシャルレンディングをポートフォリオに加えることは、投資家としてのビジョンの確立のため有効と考えています。

 なお、上記記事にはLending ClubとProsperのグレード(信用)が低い層の金利が掲載されていますが、最低クラスではそれは30%に達しています。
 日本の上限金利が20%(10万円以上18%、100万円以上15%)であることを考慮すると、米ソーシャルレンディングが扱う無担保消費者向けローンを日本に持ち込むことの難しさを感じさせます。


高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」



J :ソーシャルレンディング主要21サービス単月募集額が100億円を突破


 私が勝手に集計して、勝手にお祝いしているだけですが、ソーシャルレンディングの月あたりの募集額が初めて100億円を突破しました。2017年3月期における記録です。

本当におめでとうございます!

参考
2017/4/13 ソーシャルレンディングの月あたり募集額が100億円を初めて突破しました


日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!



以下、サービスごとのニュースです。


1.maneo


1.1募集額

 maneoの2017年3月における募集額は31億2千861万円となりました。これまで最高だった2017年1月における27億835万円を追い抜いて歴代1位の記録となります。

1.2.maneoが自主規制ルールづくりに参画を表明

 みんなのクレジットの行政処分勧告を受け、maneoは瀧本社長のブログで以下のことを明らかにしました。

第二種金融商品取引業協会での検討部会において、自主ルールづくりに参画
今年(2017年)10月での施行を目指す


とのことです。

2017/3/24 自主規制ルール作りに参加しています。(投資の現場レポート)

 併せてmaneoグループでは相互チェックを行っていること、不真面目な業者がいないことを表明しています。

このことについては別途記事を作成しました。

2017/04/10 maneoの自主規制ルール参画に期待!

をご参照ください。


1.3 maneoは東京スター銀行とのコミットメントライン契約締結を行いました

 maneoの100%子会社UBIファイナンス(株)は(株)東京スター銀行とコミットメントライン契約を結びました。

株式会社東京スター銀行とのコミットメントライン契約締結に関するお知らせ(201/73/29 maneoWEBサイト内お知らせ)

 契約に基づく融資条件の範囲内でUBIファイナンスは東京スター銀行より、10億円を限度とした融資を受けることができます。
 maneoのソーシャルレンディング運営における、機動的な資金運用が期待されます。その一方でいよいよ機関投資家がソーシャルレンディングに本格参入する前触れかなとも思われます。

参考
2016/2/27 個人投資家がソーシャルレンディングに投資できなくなる日が来るかもしれない


日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない



2.AQUSH


2.AQUSHの2017年3月における募集額は0円となりました。

3.SBIソーシャルレンディング


3.1 募集額

 SBIソーシャルレンディングの2017年3月における募集額は16億4千703万円となりました。これまで最高だった2016年11月における13億8千852万円を追い抜いて、歴代1位の記録となります。


3.2 融資残高

SBIソーシャルレンディングの融資運用残高が100億円を突破しました。

ソーシャルレンディング事業における融資運用残高100億円突破のお知らせ(2017/4/3 SBIソーシャルレンディングWEBサイト内告知ページ)

 運用残高の増加はソーシャルレンディング運営会社の財務基盤向上につながります。これについては別途記事を作成しました。

2017/4/4 SBIソーシャルレンディングの運用残高が100億円を突破しました。

をご参照ください。

今回はここまでにさせてください。

次回記事
2017/4/26 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年4月期 その4


現在以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
1.maneo : 約434万円
2.AQUSH : 約63万円
3.クラウドバンク: 約187万円
4.SBIソーシャルレンディング:約18万円
5.クラウドクレジット:約260万円
6.ラッキーバンク : 約86万円
7.オーナーズブック:約120万円
8.LCレンディング : 約228万円
9.ガイアファンディング : 約194万円
10.トラストレンディング : 約260万円
11.クラウドリース : 約157万円
12.スマートレンド : 約31万円
13.みんなのクレジット:約50万円
14.グリーンインフラレンディング:約100万円
15.さくらソーシャルレンディング:約60万円


貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

全般ランキング


ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表"


2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較1
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較2
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較3
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較4
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較5
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


各社募集実績の求め方

maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/767-e9b8b6ca