maneoの自主規制ルール参画に期待! - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » maneo » maneoの自主規制ルール参画に期待!

maneoの自主規制ルール参画に期待!


 maneoは第二種金融商品取引業協会における検討部会に参加し、業界の自主規制ルールづくりに取り組んでいます。

 ソーシャルレンディング業界に衝撃を与えたみんなのクレジットに対する行政処分ですが、その前の証券取引等監視委員会から勧告があった時点でmaneoの瀧本社長は自身のブログでそのことに触れられています。

2017/3/24 自主規制ルール作りに参加しています。(投資の現場レポート)

このブログ記事の中で瀧本社長は

・第二種金融商品取引業協会での検討部会において、自主規制ルールづくりに参画していること

・検討部会は今年(2017年)10月での自主規制ルール施行を目指していること


 について述べられています。併せてmaneoグループでは相互チェックを行っていること、不真面目な業者がいないことを表明しています。


 上記自主規制ルールづくりはみんなのクレジットの今回の事件に対応したものではなく、昨年から散見される不祥事に対応したものとのことです(第1回検討部会開催は2017年3月8日)。また「ソーシャルレンディング」ではなく、あくまで「第二種金融商品取引業」における自主規制です。

上記検討部会の資料は下記リンクで読むことができます。

事業型ファンドへの信頼性確保に向けた取組み(2017/2/9 一般社団法人第二種金融商品取引業協会)

 上記資料にはクラウドファンディングについて記述はありますが、扱われているのは事業投資型(ファンド型)クラウドファンディングのみです。融資型(ソーシャルレンディング)についての記述は認められません。

 なお、検討部会のメンバーは14人ですが、maneo(融資型)とセキュリテ(事業投資型)から委員として1人ずつが参加しています。

manesecu20170406.png

 今回のみんなのクレジットの件は上記、自主規制ルールに大きな影響を与えることが予想されます。他ならないソーシャルレンディングの雄maneoが参加してくれていることで、策定されるルールはソーシャルレンディング投資家にとって有益なものであることが予想されます。

 自主規制ルールの策定により、今回のような行政処分がソーシャルレンディング業界では再発しないこと、投資家の保護が図られることに期待です。

maneo公式WEBサイトへ
にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/755-93561e68