FC2ブログ

    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その1 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その1

    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その1


    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年3月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその1です。

    各社セミナー情報(募集中のみ)


    クラウドクレジット
    日時:2017年3月12日(日曜日) 13:30~
    場所:東京都中央区日本橋 平和ビル
    セミナー情報ページ

    オーナーズブック
    日時:2017年3月15日(水曜日) 19:00~
    場所:東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル(株)
    セミナー情報(初心者コース)セミナー情報(経験者コース)

    maneoLCレンディングアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディング、キャッシュフローファイナンス
    日時:2017年3月21日(月曜日) 19:00~
    場所: 東京都千代田区丸の内 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!


     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

    こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です。


    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!ポケットファンディング
    Pocket Funding

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    A BigTomorrow2017年4月号にソーシャルレンディングが取り上げられました。


    BigTomorrow2017年4月号の特集、「元手1万円を即100万円に!消耗しないでラクに稼ぐ方法」において紹介されています。

    このリンクで読むことができます。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2017年 04月号 [雑誌]
    価格:669円(税込、送料無料) (2017/3/7時点)


    利回り7%超のソーシャルレンディング、高金利なマイナー通貨FX、話題のビットコイン投資、大人に人気のLEGO(レゴ)転売に、定番の投資信託の積立まで、いかに1万円を大きくするか投資家に徹底取材!「元手1万円をどんどん殖やす超ラクな方法」を大公開!

    というキャッチとともに、掲載順に

    1.投資信託積立
    2.ビットコイン
    3.ソーシャルレンディング
    4.マイナー通過FX
    5.ネット転売


     が紹介されています。なお、同誌では2017年1月号でもソーシャルレンディングが取り上げられていますが、その時に引き続き、中田健介(けにごろう)さんが登場しています。度々のご登場、本当にお疲れ様です。

    参考
    2017/3/4 みんなのクレジットのキャッシュバックには税金はかかるのか(けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記、[この記事の冒頭で上記BigTomorrow2017年4月号について触れられている])

    2016/12/13 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年12月期 その1- Big tomorrow2017年1月号 でソーシャルレンディングのことが取り上げられました。-


     記事の内容はソーシャルレンディングについての簡単な概要とオトクな金融商品であることの紹介ですが、なんとこの記事maneoSBIソーシャルレンディングクラウドバンク、ラッキーバンク、LCレンディングみんなのクレジットガイアファンディングクラウドリースクラウドクレジットトラストレンディングスマートレンドグリーンインフラレンディングオーナーズブックJ.LendingTATERU FUNDINGアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングスマートエクイティ(掲載順)と18のサービスが一斉に取り上げられています。

    00_20170227_205304.jpg

    これは間違いなく1記事でソーシャルレンディングサービスが取り上げられた数の最高記録だと思います。


    B 不動産投資における小口化という切り口でソーシャルレンディングに触れられています


     みんなの投資online とZUU ONLINEにて、小口不動産投資の記事が掲載されていますが、その一つとしてソーシャルレンディングに触れられています。なお、「クラウドファンディング」という表記のみがされており、「ソーシャルレンディング」とは記事中には一言も書かれていません。

    小口投資とクラウドファンディングの特徴を解説(2017/2/25 ZUU ONLINE)

    小口投資とクラウドファンディングの特徴を解説(2017/3/4 みんなの投資online)

     不動産特定共同事業法にもとづくTATERU FUNDING、みんなで大家さんの提供する商品についても少しだけ言及されていますが、記事タイトルが示すとおり大半はクラウドファンディングに関する言及です。

    ただ具体的なサービス名が触れられておらず、ソーシャルレンディングが採用している「融資」についても全く触れられていないので、本当にこの「クラウドファンディング」が不動産案件のソーシャルレンディングのことを指すのかが不明瞭です。

    なかには10万円程度の資金で参加できるようなものも存在している。

     などと、最低投資額が10万円程度であるような記述もされています。
     これはソーシャルレンディングの最低投資額が大半のサービスにおいて1~数万円である事実と反します。いったいこの「不動産小口クラウドファンディング」とはなにを指しているのか?正直私には不明です。
     LCレンディングの兄弟会社であるLCパートナーズの提供するファンドのようなものかな?とも思いましたが、このファンドが記事中にあるような、「個人投資家にとっても身近なもの」であるかは非常に疑問です。

    参考
    クラウドファンディングがもたらした革命 低リスクの不動産ファンド金利7%を狙う。(日経ビジネスONLINE)
     LCパートナーズの小山努社長へのインタビュー記事。LCパートナーズのファンドにも触れられているが、一般投資家にはLCレンディングが提供するソーシャルレンディングにおける不動産案件が奨められている。

    東北早期復興ファンド3号(不動産経済ファンドレビュー』 2016年11月5日号)
     このファンドにおけるシニア部分の資金はLCパートナーズが銀行から集め、メザニン部分は個人投資家からLCレンディングから集めていることが述べられている。

     上記記事にある「クラウドファンディング」がわからないとは、私もまだまだ勉強が足りません。所詮理系で工業大学出身者である私の限界であると考えています。


    C 貸金業を利用した小口化スキームという切り口でソーシャルレンディングに触れられました。


     クラウドファンディングの中でも「投資型」、さらにその中でも貸金業のスキームを採用したもの、つまり融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)について触れた記事がみんなの投資onlineに掲載されました。

    クラウドファンディング 貸金業を利用した小口化スキームとは(2017/2/28 みんなの投資online)

     ソーシャルレンディングについての解説が概ね適切になされていますが「最低投資金額が10万円前後に設定されていることも多い」と書かれているのは惜しいところです。これでは初見の人の大半はソーシャルレンディングの最低投資額が10万円前後と考えるでしょう。
     実際には大半のソーシャルレンディングサービスにおいて最低投資額は1~数万円です。10万円前後が最低投資額というのはトラストレンディングみんなのクレジットの2つと少数派です。なおTATERU FUNDINGも最低投資額が10万円ですが、同サービスの提供商品は「ソーシャルレンディング」ではありません。

     しかし最後には

    今はまだクラウドファンディングの黎明期といったところで改良点も多いものの、クラウドファンディングのように、インターネットを使って資金調達の効率化や低コスト化を実現しているサービスには利点も多い。今後の金融ビジネスに革命をもたらす可能性を秘めていると言えるだろう。

    と持ち上げていただいている、嬉しい記事です。

    今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/3/15 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年3月期 その2

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    全般ランキング


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


    2017年03月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


    ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


    2017年03月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表 border=

    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/721-88e1c6d1