ソーシャルレンディング総合情報サイト、「クラウドポート」が本格リリースへ - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » クラウドポート » ソーシャルレンディング総合情報サイト、「クラウドポート」が本格リリースへ

ソーシャルレンディング総合情報サイト、「クラウドポート」が本格リリースへ

 ソーシャルレンディングがますます急成長していることを感じられるニュースをお伝えします。

ソーシャルレンディングの総合情報サイト、クラウドポートが今月(2017年1月)末に本格的リリースされます。

※この記事は本格リリースされる前のβ版のサイトのレポートとなります。

01_2017y01m22d_054117473.png

 サイトへはこちらのリンクからアクセスできます。

 これまでも個人、業者が運営するソーシャルレンディングの情報サイトはいくつもありました。しかしクラウドポートはその情報のお役たち度、サイトの機能性、サイトの中立性からそれらとは一線を画すものとなっています。

 それを以下4つの点からご説明したいと思います。

1.ソーシャルレンディングの健全な発達を目指す中立的なメディア
2.事業者横断でファンドの利回りや保全性、日々の投資額などの比較検討ができる。
3.ソーシャルレンディング業界全体の投資額や平均利回りなどが確認できる。
4.ソーシャルレンディングに特化した業界情報や入門者向け情報が読めること。



1.ソーシャルレンディングの健全な発達を目指す中立的なメディア

 クラウドポートは「ソーシャルレンディングの健全な発達を目指す中立的なメディア」であることを表明しています。

それがこれまでのソーシャルレンディング情報サイトと大きく異なる点です。

 これまでのソーシャルレンディング情報サイトは、アフィリエイト獲得を目指すために、中立性、客観性に疑問が残るものが少なくありません。「初心者におすすめ」、「ランキング」などのページで、なんの根拠もなく、あるいは客観性を欠いた根拠でアフィリエイトを行うソーシャルレンディング業者が上位に並べられているのです。当然そのページはアフィリエイトリンクが貼られています。

 アフィリエイトを行わない業者にも良いところはあるはずですが、無視されていることが少なくありません。

 そのように極度に中立性を欠くメディアには、投資家のためになる情報は期待できません。

 正しい情報を読者に伝えるには、客観的な視点で臨む必要があります。過度にスポンサーに寄り添ったサイトにそのような視点は期待できないのは、上記説明したとおりです。

 クラウドポートをまず訪れて、そこに掲載されている各記事をお読みください。

 このリンクからアクセスできます。

 ソーシャルレンディングの仕組み、運営会社、注意点、投資テクニックなどの情報が充実していることがご理解いただければ幸いです。中立的な立場から書かれているので、客観的で投資家のためになるものばかりです。


2.事業者横断でファンドの利回りや保全性、日々の投資額などの比較検討ができる。

 クラウドポートのホームページには「ソーシャルレンディング各社を横断比較」とあります。

02_2017y01m22d_054240813.png

 その名の通りに複数のソーシャルレンディング運営会社のファンドを比較する機能が搭載されています。下の図の赤い枠で囲ったところから利用できます。

03_2017y01m22d_054422313.png

 利回り1~7%、運用期間1~12ヶ月、担保あり、最低投資額5万円以下とフィルタをかけて「ファンド検索」を行ってみましょう。

04_2017y01m22d_054448744.png

 条件に該当する募集中のクラウドバンクLCレンディングのファンドがヒットしました。利回り、募集状況などが詳しく掲載され、比較できるようになっています。

 上記フィルタの条件を様々に変えることによって、意中のファンドを見つけられるでしょう。

 また逆にこうした条件ならば、この運用会社のファンドが多くヒットするのだということがつかめるので、サービスの特色をつかむことにも役立ちます。


 表示されたファンドをクリックすることにより、そのファンドを提供するサービスが組成する案件の利回り、過去の傾向を知ることができます。そのファンドがそのサービスにおいてどのような位置づけであるかを知ることができます。

05_2017y01m22d_054809621.png
06_2017y01m22d_054831187.png

 これはmaneoの不動産担保付きローンファンド414号(利回り6.08%、担保全額あり、補償なし)をクリックした時に表示される画面です。

 maneoの過去の案件に比べると利回りは低めですが、それほど数は多くない全額担保ありの案件であることがわかります。

 応募金額推移の情報も掲載されておりユニークです。


3.ソーシャルレンディング業界全体の投資額や平均利回りなどが確認できる。

 ソーシャルレンディング業界全体の情報をつかめる機能も搭載しています。

07_2017y01m22d_054909325.png

 累計募集金額、月額募集金額、平均利回り推移、利回り分布を表示してみました。これらの情報は集計期間を変更して表示させることも可能です。

 その他の情報も各サービスのファンドをまとまた集計を見ることが可能です。上記図の赤い枠で囲った「全ファンド統計をみる」をクリックすることで利用可能です。ぜひサイトを訪れてお試しください。


4.ソーシャルレンディングに特化した業界情報や入門者向け情報が読めること。

 さて、再度クラウドポートが掲載する業界情報、入門者向け情報について説明させていただきます。クラウドポート中立な立場だからこそ読める、客観性、有用性を重視した記事であることは、先程説明しました。

08_2017y01m22d_054922576.png

 記事は、「投資家体験談」、「各サービス情報」、「国内の話題」、「海外の話題」、「ソーシャルレンディング口座」の各カテゴリに分けられ、それぞれで充実した情報を読むことができます。


4-1投資家体験談

 ソーシャルレンディングの経験が豊富な投資家による体験談が掲載されています。

 中田健介(けにごろう)さん、IPOメカニックさん、そしてわたくしファイアフェレットも末席に加えさせていただいております。

各人のプロフィールは

中田健介さん
サラリーマン投資家・投資ブロガー IT系企業に勤務する傍ら、2010年からソーシャルレンディングでの資産運用を開始し、現在まで継続して年平均7%以上の利益を上げる。 「低金利時代の投資家にとって、ソーシャルレンディングは最も優れたインカムゲイン投資である」と強く感じ、その魅力を広く伝えるべく日本初の融資型クラウドファンディング専門ブログ「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」を開設し、自分の運用実績、各社のサービス内容比較、業界の最新トピックなどを毎週2回(水・土)発信している。その内容は業界関係者からも注目を集め、これまで日本経済新聞・日経ヴェリタスをはじめとする多数のメディアで紹介されている。 2015年には著書「年利7%! 今こそ『金利』で資産を殖やしなさい!~日本初! 融資型クラウドファンディング投資の解説書」(ぱる出版)を出版。


IPOメカニックさん
ファイナンシャルプランナーの資格を持つカーメカニック個人投資家。自身が運営する 「IPOで稼ぐメカニックの株ログ」はIPO株からREIT、そしてソーシャルレンディングまでを幅広くカバーする人気ブログ。初心者目線での分かりやすい文調と独自の視点で多くのファンを獲得している


ファイアフェレット
ソーシャルレンディング投資を始めて5年。ソーシャルレンディング業界では知らない人がいないカリスマ投資家。投資家として参加しながらも、観察者として業界の成長を温かく見守る。ソーシャルレンディングについて書いたり、話したりすることを好み、自身で運営管理しているブログ「ソーシャルレンディング赤裸々日記」は業界関係者必読のブログ。自身の投資履歴も赤裸々に公開中。 「ソーシャルレンディング赤裸々日記」


 となっています。正直私のプロフィールは気恥ずかしくなる御大層なものですが、少しでも身を正し、背伸びをすることで、クラウドポート編集部のご期待に添いたいと思っています。

 各人の記事は、クラウドポートの中立的な立場に反しない形で、それぞれの体験、主張が生き生きと記されています。似たようなテーマについて述べる時に、意見の違いも見つけられると思いますので、読み比べていただければ幸いです。

私は今現在4本の記事を投稿しています。

1. 5年間で損失ゼロ。カリスマソーシャルレンディング投資家が語る5年間の軌跡
2. 意外と大変!!?ソーシャルレンディングの案件管理と口座管理
3. 初心者必見!ソーシャルレンディングの落とし穴
4. [投資額別] ファイアフェレットのオススメ分散投資術

09_2017y01m22d_055032133.png

 このブログとは一味もふた味も違う、(いちおう)プロ作家としてのファイアフェレットの記事を楽しんでいただければ幸いです。


4-2各サービス情報

 各ソーシャルレンディング運営会社の情報が掲載されています。個別の会社を取り上げることもあれば、まとめて紹介することもありますが徹底解説の方針は貫かれています。運営会社の社長へのインタビュー記事も掲載されています。


4-3 国内の話題

 国内ソーシャルレンディングの様々なトピックスが掲載される予定ですが、今のところ記事は1つしか掲載されていません。


4-4 海外の話題

 海外ソーシャルレンディングの様々な話題が掲載されています。実はこの項目は国内のそれよりも充実しており、海外ソーシャルレンディングについて学びたいときは、必読のコンテンツです。


4-5 ソーシャルレンディング講座

 ソーシャルレンディング初心者向けのコンテンツです。気鋭のクラウドポート編集部によって書き上げられた初心者必読のコンテンツです。

こちらのリンクから読むことができます。


クラウドポートはこれから成長していくメディアです

 現在クラウドポートはβ版であり、本格的なリリースは1月末に予定されています。

上記紹介した4つのクラウドポートの特徴

1.ソーシャルレンディングの健全な発達を目指す中立的なメディア
2.事業者横断でファンドの利回りや保全性、日々の投資額などの比較検討ができる。
3.ソーシャルレンディング業界全体の投資額や平均利回りなどが確認できる。
4.ソーシャルレンディングに特化した業界情報や入門者向け情報が読めること。


 ですが、現段階ではしっかり固まっているのは1、それなりに充実しているのは4です。

 2、3については投資家がツールとして使うにはまだまだ改良の余地があります。

 ぜひクラウドポートを訪れて、提供されているツールを試してみて、そしてその感想を寄せてください。

 いただいた意見をエネルギーにクラウドポートは成長していくメディアです。成長していかなければいけないメディアとも私は考えています。

 最後にクラウドポートの代表者はクラウドバンクの立ち上げに携わった藤田雄一郎氏です。

 つまりクラウドポートは運営会社の勝手知ったる「中の人」の視点から運営されているメディアであり、その点からも門外漢から運営されている他のメディアとは、まったく違ったものなのです。

 クラウドポートはサイトの運営以外にも、様々なサービスの提供を予定しており、それはこれから逐次明らかになっていくでしょう。

 どうかクラウドポートの成長に力を貸してください。私も一介のライターとしてですが、力を尽くしていきたいと思っています。

よろしくお願いします。


クラウドポートは2017/2/2に本格リリースされました。

下記記事をご参照ください


2017/02/03 ソーシャルレンディング総合情報サイト、クラウドポートに取材して参りました
2017/02/13 ソーシャルレンディング総合情報サイト、クラウドポート徹底解説!

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

全般ランキング


日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額185億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク

不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
OwnersBook

新リリース!沖縄中心のファンディング!【PocketFunding】




投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
ラッキーバンク

日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない


貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績180億円超え!SBIソーシャルレンディング
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/665-9dee3701