ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年12月期 その1 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年12月期 その1

ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年12月期 その1


※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

 2016年12月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその1です。


各社セミナー情報(募集中のみ)


maneoLCレンディングアメリカンファンディンググリーンインフラレンディング
日時:2016/12/19 19:00~
場所: 東京都千代田区丸の内 東京国際フォーラム
セミナー情報ページ


クラウドクレジット(セミナー&運用報告会)
日時:2016/1/14 13:00~
場所: 大阪府大阪市中央区 御堂筋MIDビル

日時:2016/1/15 13:00~
場所: 東京都中央区日本橋 平和ビル
セミナー情報ページ


オーナーズブック
日時:2017年01月11日(水)19:00~
場所:東京都銀座 ロードスターキャピタル株式会社
セミナー情報ページ


株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!


 日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です


 2016年12月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその1です。


A Big tomorrow2017年1月号 でソーシャルレンディングのことが取り上げられました。


 2016年11月25日発売のBIG tomorrw2017年1月号にてソーシャルレンディングが取り上げられました。特集「賢い人が40代で始めた他より有利な貯蓄術」のPart 2『いまどき珍しい「高利回り」の投資法』にて取り上げられています。

20161201_194735 (1)

 アメリカ大統領の結果をみれば分かるように、専門家の予測や世間の常識は当てにならず、この低金利では儲からない。そんな常識を打ち破る高利回り投資方法の一つとして、ソーシャルレンディングが紹介されています。

2017/1/17 追記
上記BIG tomorrw2017年1月号がソーシャルレンディングを取り上げた部分はこのリンクで読むことができます。


 当ブログと相互リンクさせていただいている、けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記の管理人である中田健介さんが、誌面に登場され、ソーシャルレンディングの説明をされています。とてもわかり易く、ソーシャルレンディングの魅力を伝える内容となっています。

参考
2016/11/26 国内ソーシャルレンディング貸出累計額が1000億円を突破(けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記)

 誌面で触れられているサービス名はmaneoSBIソーシャルレンディングクラウドバンク、ラッキーバンク、LCレンディングガイアファンディングクラウドクレジットオーナーズブックトラストレンディングスマートエクイティです。

 これだけの数のサービスがマネー雑誌における紹介において、いっぺんに取り上げられたのは、多分初めてですね。

 なお、他に「高利回り」として紹介されている投資方法は「倉庫・工場投資」、「トランクルーム投資」、「100万円以下戸建て投資」と掲載順になっており、簡単に以下に書き出すと

1.ソーシャルレンディング 利回り8%超
2.倉庫・工場投資 利回り14%超、必要額数百万~数千万円、銀行からの融資が受けられる
3.トランクルーム、利回り20%超(満室ならば)、最低投資額250万円
4.100万円以下~:利回り200%超、最低投資額100万円以下


 となっています。2、3、4はソーシャルレンディングより利回りは高いですが、結構手間はかかるものであり、いざやるとなると、結構な決意と努力が求められそうです。

 上記4つの他に、経済評論家の山崎元氏がお勧めの金融商品を紹介するコラムも掲載されており、そこでは「個人向け国債・変動金利10年満期型(最低利回り:0.05%)、TOPIXに連動するETF、が外国株のインデックスファンドが奨められています。

 さらにその後は主婦の方々が不動産投資をして成功する秘訣などが紹介されています。



 なお、Big tomorrowでは以前にもソーシャルレンディングを取り上げたこともあり、その際には私も紹介してもらっています。詳しくは下記記事をご参照ください。

2015/3/25当ブログをビッグトゥモロウ(2015年5月号)でご紹介いただきました。

2015/8/25 BIG tomorrowに再掲載していただきました

全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
ラッキーバンク

日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない


海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





B NISSHO USAにてソーシャルレンディングが取り上げられました



 シリコンバレーから世界のITトレンド情報を伝えるNISSHO USAがソーシャルレンディングについて触れる記事を掲載しました。

資産運用のあたらしい形、ソーシャルレンディングとは?(2016/11/22 NISSHO USA)

 日本ではなく米国のソーシャルレンディング(マーケットプレイスレンディング)について触れる内容です。日本のソーシャルレンディングは「ソーシャルレンディング」とよばれていますが、実態はマーケットプレイスレンディングではなく「バランスシートレンディング」であることにご留意ください。

参照
2016/7/19 どっち?[バランスシートorマーケットプレイス]レンダー その1 海外ソーシャルレンディングで顕在化する問題

2016/7/21 どっち?[バランスシートorマーケットプレイス]レンダー その2 世界・国内の趨勢はいかに


C CAMPFIREがソーシャルレンディングに参入することを表明しました。


以下媒体で記事になっています。


キャンプファイヤー、ネットで融資事業参入
(2016/11/28 日経新聞 全部読むにはログインが必要)

CAMPFIRE がソーシャルレンディング(融資事業)を開始へーー家入氏の目指すクラウドファンディングの再定義「資金集めの民主化」と「富の分配」とは(2016/11/28 THE BRIDGE)

CAMPFIREがソーシャルレンディングを始めますが、実際にクラウドファンディングの実績を担保に融資を獲得してみた話。(2016/12/01杉本真之氏のnote)

当ブログでも下記記事で取り上げています。
2016/11/29 CAMPFIREがソーシャルレンディング参入を表明!

 来春にサービスを立ち上げ、17年中に1件30万から100万円程度のプロジェクトを約700件立ち上げることを目指すとのことです。30~100万円程度とは現在のソーシャルレンディングの案件が数千万円~数億円のものがボリュームゾーンなので、かなり小振りです。その融資先はベンチャーや地方の中小企業を想定しているようです。

 「与信は外部の信用情報機関を利用する」と上記ニュースにありますが、審査を外部に委託するのか、それともAQUSHのように、信用情報機関(JICC、CIC)に蓄積されている消費者ローンやクレジットカード等の取引情報を取得して、自社で審査するという意味なのかは不明です(常識で考えれば後者ですが・・・)。

なお、上記日経新聞の記事に

国内では金銭などの対価を求めない「寄付型」と投資対象の物品やサービスを受け取る「購入型」が多く、特定のアーティストやボランティアを応援する融資が目立つ。



 という記述がありますが、「融資」とはお金の貸出を意味する言葉なので、貸金業の登録を持っていない、購入型サービス(CAMPFIRE、READY FOR?など)は行なうことはできません。ちょっとした間違いかと思われます。

今回はここまでにさせてください。


次回記事
2016/12/14 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年12月期 その2

高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2016年12月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表

2016年12月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表

2016年12月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表

2016年12月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表

2016年12月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表

2016年12月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較6
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2016年12月時点ソーシャルレンディング案件比較1
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表

2016年12月時点ソーシャルレンディング案件比較2
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表

2016年12月時点ソーシャルレンディング案件比較3
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表

2016年12月時点ソーシャルレンディング案件比較4
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表

2016年12月時点ソーシャルレンディング案件比較5
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


各社募集実績の求め方

maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/618-242a2898