ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年11月期 その1 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年11月期 その1

ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年11月期 その1


※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

 2016年11月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその1です。


株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!


 日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です


各社セミナー情報(募集中のみ)



クラウドクレジット

2016/11/2~11/19の間に名古屋・京都・仙台・福岡・広島・神戸・札幌の全国7都市でセミナーが開催されます。(セミナー情報ページ)

オーナーズブック
2016/11/12(土)に東京都千代田区のロードスターキャピタル(株)本社にて14時よりにて開催されます(セミナー情報ページ)

maneoLCレンディングクラウドリーススマートレンドアメリカンファンディング

2016/11/21、19:00より東京国際フォーラム(東京都千代田区)にて、5社合同説明会が開催されます(セミナー情報ページ)。


信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額185億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク

全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績160億円超え!SBIソーシャルレンディング


A @DIMEにてソーシャルレンディングが取り上げられました。


小さな雪玉も転がし続ければ…元手が少なくても始められる少額投資「ソーシャル・レンディング」とは(2016/10/18 @DIME powerd by editeu)

 @DIMEにてソーシャルレンディングが詳しく紹介されています。資金は少なくて、若くて時間は沢山ある人向けの金融商品としてソーシャルレンディングを勧めるというスタイルです。なお、投資で得た資金を再投資して時間をかけて大きくしていく投資スタイルのことをスノーボールというそうで、記事タイトルはこれからとられています。

 少額、高利率、短期、担保付きというソーシャルレンディングのメリットをよく捉えて、ローリスク思考の投資家へ訴えかける内容となっています。記事中ではmaneoの案件についても触れられています。

 ちょと惜しいのが「P2Pレンディング」を個人と中小企業を結びつける金融仲介サービスだという表記がされていることです(正しくは個人と個人)。確かに日本、海外ともにソーシャルレンディングはP2Pの形で始まりましたが、国内外ともにその認識は過去のものになりつつあります。なお、米英では現在、マーケットプレイスレンディングと呼ばれることが多いようです。


不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
OwnersBook


B ITpro EXPO 2016のパネル討論においてソーシャルレンディングが少し触れられました


 ビッグサイトにて2016/10/19~21に開催されたITpro EXPO 2016における、パネル討論「日本版FinTechと産業創生の可能性」においてソーシャルレンディングも少し話題になったことが、日経FinTechの下記記事で触れられています。

「FinTechは金融の垣根を超えたトレンド」、経産省、大手企業、ベンチャーが討論(2016/10/20 日経FinTech)

 融資と決済がFinTech投資の8割を占めている一方で、P2Pレンディングやソーシャルレンディングのスタートアップは2016年にはいって苦戦しているという、あまりありがたくない取り上げられ方です(もちろん海外の話です、具体的には上場したはいいが業績不振や不祥事で株価が低迷しているLending ClubやOnDeckのことかと推測されます)。

 討論の主題はグローバルで勢いを増すFinTechの潮流に、日本の官民がいかに対応すべきかを展望するを話し合うものです。現状金融庁と経産省が国内FinTechを主導しているが、国土交通省、農林水産省など総出で取り組むべきだという意見が興味深かったです。
 
 なお、このエクスポ(展覧会)にはクラウドクレジットもFinTech協会、インフキュリオン・グループとともに出展を行っていました。

CCブース2016110401

 私は別件で、2016/10/21にビッグサイトを訪れ、少しだけクラウドクレジットのブースにお邪魔をして参りました。上記の団体と共催であるように配布資料には表示してありましたが、実際の展示物はクラウドクレジットのものがほとんどでした(写真中央はクラウドクレジット商品組成担当マネージャーの氏家真氏)。


高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



新リリース!沖縄中心のファンディング!【PocketFunding】





C 日本クラウドキャピタルが株式型クラウドファンディングサービスを開始します


 (株)日本クラウドキャピタルが2016/11/1付で日本証券業界に加入しました。日本で初の事業者として株式投資型クラウドファンディング業務を開始する予定です。プラットフォームは「FUNDINNO」です。同社、同サービスは当ブログ初登場です。

FinTech最前線!!!日本クラウドキャピタル、日本証券業協会に加入(2016/11/1 PR TIMES)

 株式投資型クラウドファンディングはクラウドバンクスマートエクイティ、あと当ブログで触れたことはありませんが、ユニバーサルバンク(株)が商品化を検討しているようです。しかし出資金や勧誘などの規制において使い勝手が悪いらしく、実現化はまだされていません。FUNDINNOは年内に投資家向けのサービスを開始するとのことです。

 日経新聞が「株式型クラウドファンディング1号決まる」との記事を掲載したので、もう既に投資家に提出される案件もすでに固まっているのではないかと勝手に想像しています。

 株式型クラウドファンディング1号決まる (2016/11/03 日経新聞 ログインが必要)



  宣伝動画も公開されており、WEBサイトでは豪華賞品が当たるキャンペーンが実施されています。その展開に注目です。





2016y11m04d_022406337.jpg

今回はここまでにさせてください。

次回記事
2016/11/07ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年11月期 その2

海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2016年11月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表

2016年11月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2016年11月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2016年11月時点ソーシャルレンディングサービス提出案件比較1
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較

2016年11月時点ソーシャルレンディングサービス提出案件比較2
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較

2016年11月時点ソーシャルレンディングサービス提出案件比較3
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較


各社募集実績の求め方
AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/586-7e4bcaeb