過去の過ちを修正せよ - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » AQUSH » 過去の過ちを修正せよ

過去の過ちを修正せよ

さて最近、自分の過去記事を見なおしていたのですが
あまりにも間違いが、特にAQUSHに関して多いことに気づきました。

ちょっといろいろ訂正を行っています。
まずは11/5の「貸付手続き中の資金≠(出資金-出資撤回可能額)な謎」
と題した記事、タイトルにある通り
ある匿名投資組合に出資した金額で出資撤回できない資金は
投資に回されている、貸付手続き中の金額なのだから、上記の式が
成り立たないのはおかしい!と吠えている内容なのですが

実際には
私の出資撤回可能額=出資額合計-(貸出手続き中金額+貸付済金額)
私の貸出手続き中の資金=貸出手続き中金額×(お客様出資額/出資額合計)
でありますので、成り立たないのは当然です。

出資撤回可能額は匿名投資組合の都合(貸出手続中、貸付済の金額)で
決められているのに、勝手に拘束されたお金=出資に回されたお金
と勘違いしていた故の間違いです。
ブログ開始の初日から間違えていたのですね。

12/6の「貸付手続き中のお金が減ることもあるのね」の記事
始めて残高一覧の「貸付手続き中」の金額が減った理由を

「貸せると思ったのだけれどもやっぱりだめ」
「借りるつもりだったけれどやっぱりいいや」
なんてやりとりがあって、それが細かく反映されているのかもしれませんね。


などと本文で貸付手続き中のお金が減った理由を
勝手に想像していますが、ポートフォリオで表示される
「貸出手続中」と「貸付済」は決定事項であるらしいので
「借りるつもりだったけれどやっぱりいいや」
は理由になりません。

「貸せると思ったのだけれどもやっぱりだめ」
といっているのは投資家ではなくAQUSHの貸出部門を
指しているのでこれもまた間違いです。
この場合の現象は単に私が投資していた
投資組合に資金の流入が起こりそのため
私の貸付手続き中の金額が減ったと考えるのが
一番適当でしょう。
撤回可能額が増えていることがそのことを
それを裏付けています。

さて今日はこのくらいで・・・。

まだまだ直さなければいけない
間違いはいっぱいありそうですね。

全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
OwnersBookwide2016031801

高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり






にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/56-ea80c80f