ソーシャルレンディングコラム連載fx-onにおいて、を開始しました - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディング » ソーシャルレンディングコラム連載fx-onにおいて、を開始しました

ソーシャルレンディングコラム連載fx-onにおいて、を開始しました


2016/12/04 追記

この連載は十分な読者を集めることが無く、打ち切りとなりました。

参照

2016/12/04 敗北宣言

ただただ、己の力不足を恥じ入るものです。申し訳ありません。


 (株)ゴゴジャンが運営する投資情報サイト「fx-on」において、ソーシャルレンディングコラムを連載する機会をいただけました。
 
連載名は「ゼロから始めるソーシャルレンディング投資 ~ベテランウォッチャーがすべてぶっちゃけます!

※現在ではリンクが切れています。

です。上記リンクが連載コラムのタイトルページとなります。

 ソーシャルレンディング全般について、客観的に述べていくスタイルは、この「赤裸々日記」と同じです、しかしタイトルにあるとおりに、より本音をぶっちゃけて、読者の方々に的確な投資アドバイスをできたらと思っています。またソーシャルレンディングについて全く知らない人にも、その仕組、魅力を伝えるべく、その誕生・歴史・経緯についてもゼロから書き起こしていこうと考えています。

連載開始は昨日(2016/9/10)からです。連載1回目は以下リンクで読むことができます。

Vol.001 はじめまして、ソーシャルレンディング投資ブロガーファイアフェレットです。

※現在ではリンクが切れています。

 自己紹介に加えて、私がどのようなスタンスでこの赤裸々日記を運営してきたか、また新しく始まった連載においてどのような姿勢で臨むかを書いてみました。お読みいただければ幸いです。

 週に1回の掲載で、1回目から4回目を「導入部」として無料で公開します。そして5回目からを「本編(仮題)」として月額600円の有料記事としたいと思います。なお単独での記事購入は200円となります。その価値に見合った内容にするべく、全力で臨む次第です。

 この連載は3ヶ月を1つの山としたいと考えています。つまり無料記事4回、有料記事を4~6回連載した時点で見極めを付けたいと思っています。そこで読者様からのご反響がいただけない、購読者がほとんどいない状況でしたら、己には才能がなかったものとして、筆を折る所存です。

 fx-onのリソースを使わせて頂いているのに、運営会社の益にならない連載は続けられない。また己に喝を入れるため、上記の覚悟をきめました。fx-onは投資情報全般を取り扱っていますが、その名のとおりFXに関しての情報・コラムが最も多いです。ソーシャルレンディングを扱っているのは私だけであり競合相手がいないともいえますが、逆に需要があるものかと不安に感じています。

連載内容が足るものでしたら、ご声援を頂ければ幸いです。

2回目から4回目のタイトルは仮題ですが

Vol.002.なぜ私はソーシャルレンディング投資を始めたのか
Vol.003.ゼロから分かる「ソーシャルレンディングってなに?
Vol.004.国内外のソーシャルレンディングの違いについて

を予定しています。

なにとぞ、よろしくお願いします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
非公開コメント

「fx-on」でのコラム連載おめでとうございます

こんにちは。

「fx-on」でのコラム連載おめでとうございます。
是非購読させていただきます。
どんな内容になるのか大変楽しみです。
ブログとは少し違ったテイストになるのでしょうか。



2016-09-15 20:09 │ from 中田健介(けにごろう)URL

けにごろうさん
コメントとお祝いのお言葉どうもありがとうございます。
本当に嬉しいです!

このブログとは以下のことで差別化を図りたいと思っています。

1.ソーシャルレンディングについての本質的な理解

 ソーシャルレンディングとかクラウドファンディングとは何か?
ということは、ソーシャルレンディングを扱うサイトでは
ほぼ必ずといって取り上げられてきました。

 私はもう今さら私がやることはあるまいと、他人に
任せていましたが、自分なりの方法で試みたいと思っています。

2.サービスの評価と投資アドバイス

 当ブログでは各サービスの客観的な情報、ニュースを取り上げることを主眼としており
投資家の方に投資方法を指南する姿勢に欠けていました。それはソーシャルレンディング
というものは株やFXと違って、投資テクニックがないのではないのか?という考えを
私が持っていたためなのですが、これだけサービスが増えてきたので、
その特徴をわかりやすく解説することによって、このような投資家は
あのサービスに投資したら良いよ、そのような投資家はこのサービスへ・・・とう
形でアプローチできないか、試行錯誤する次第です。

他にも読者が喜んでいただけるようなことだったら
はっちゃけてなんでもやってみたい!

などと考えています。
笑いをとること、炎上、なんでもござれと考えています。

なにとぞよろしくおねがいします。











2016-09-15 22:10 │ from ファイアフェレットURL Edit

トラックバック

https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/536-f6d45953