FC2ブログ

    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年5月期 前編 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年5月期 前編

    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年5月期 前編


    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2016年5月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回は前編です。


    A ソーシャルレンディングが日経新聞夕刊1面トップで取り上げられました。


     ソーシャルレンディングが2016年4月26日、日経新聞夕刊1面トップで取り上げられました。スクープではありませんが、幸いなことに不祥事でもありません。しかしとてもポジティブな内容の記事で、ベンチャーへの資金供給源の新たな可能性として大きく取り扱われ、紹介されています。

    参照
    2016/4/27 ソーシャルレンディングが日経新聞夕刊1面トップでとりあげられました

    新リリース!沖縄中心のファンディング!【PocketFunding】




    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookで安全資産運用
    OwnersBookwide2016031801


    B:ELF定例会でmaneoの瀧本社長が発表を行いました


     早稲田大学IT戦略研究所の第71回エグゼクティブ・リーダーズ・フォーラム(ELF)定例会(2016/3/3開催)においてmaneoの瀧本社長が発表を行いました。同定例会のテーマは「Fintechがもたらす産業構造変化とビジネスモデル革新」です。ITmedia エグゼクティブで記事になっています。

    Fintechは当たり前のサービスとして普及する有望市場(2016/4/26 Fintechは当たり前のサービスとして普及する有望市場 ITmedia エグゼクティブ)

     FinTechの各分野から以下の方々が発表を行いました。

    「資産管理:マネーフォワードの代表取締役CEO 辻庸介氏
    「ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)」:maneo代表取締役瀧本憲治氏
    「モバイル決済」:はSquare日本法人代表 水野博商氏

     それぞの講演の様子が記事となっています。私としては「マネーフォワードとSquareと並んでmaneoの代表者が講演を行った」という事実だけを皆様にご紹介できただけでもう十分です。実際に瀧本社長がなにを話されたか、どのようにソーシャルレンディングが取り扱われているかは上記ITmedia エグゼクティブの記事をご参照ください。


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額185億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク


    C マネーの達人でソーシャルレンディングが取り上げられました。


     マネー情報のポータルサイト「マネーの達人」でソーシャルレンディングが取り上げられました(「融資型クラウドファンディング」として紹介)。

    欧米で急拡大中の新しい資産運用「融資型クラウドファンディング」とは?(2016/4/19 マネーの達人)

     クラウドファンディングの解説から始まり、特に融資型クラウドファンディングについて詳しく解説が行われています。

     融資型クラウドファンディングが個人投資家とプロの投資家の垣根を下げたこと、投資にかかる費用を少なくできることから投資家の裾野を広げることから、日本における拡大が予想されています。

     案件の利回りは高いものほど高リスクなので、利回りだけに注目することの注意喚起もなされています。なおこの記事の執筆者はオーナーズブックの運営会社、ロードスターキャピタルの代表取締役の岩野達志氏です。ただし上記のように高利回りへの注意喚起は行われていますが、特にオーナーズブックを紹介する内容の記事ではありません。


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





    D maneo、クラウドバンク、クラウドクレジットがFinTechスタートアップ注目20として紹介されました


     ZUU ONLINEが国内注目FinTech企業20社(サービス)を選び紹介をおこなう記事を公開しました。そのうち8社(サービス)がクラウドファンディングを扱う企業です。

    FinTechスタートアップ20社 投資/家計簿/クラウドファンディングほか(2016/4/24 ZUU ONLINE)

     ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)としてはmaneoクラウドバンククラウドクレジットの3サービスが取り上げられています。残り5社(サービス)は

    ・少額投資プラットフォーム(事業投資型クラウドファンディング)
    セキュリテ

    ・購入型クラウドファンディング
    キッチンスターター、READYFOR?、CAMPFIRE、 MAKUAKE

     となっています。「投資型クラウドファンディング」という括りにすれば、maneoクラウドバンククラウドクレジット、セキュリテの4サービスにまとめられます。

     しかしセキュリテ(ミュージックセキュリティーズ)は「他のクラウドファンドと同じと誤解されたくない」そうなのでその意思を尊重して別々にしました。

    なお、ZUU ONLINEは上記記事の世界版も公開しています。

    【決定版】世界の有名FinTech企業20選 P2P、決済、トレーディング、個人資産管理……(2016/4/17 ZUU ONLINE)

     20社中、5社(サービス)がP2Pレンディング(ソーシャルレンディング)です。購入型クラウドファンディングは一つも含まれていません(Kickstarterも!)。

    今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2016/5/9 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年5月期 中編

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


    2016年5月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表

    2016年5月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表"

    ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


    2016年5月時点ソーシャルレンディングサービス提供案件比較1
    ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表

    2016年5月時点ソーシャルレンディングサービス提供案件比較2
    ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表

    各社募集実績の求め方
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドバンク:WEBサイトの「ファンド一覧」から募集が終了したファンドの合計額から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:WEBサイトの「案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/426-d4381cbf