FC2ブログ

    新しいサービス TATERU FUNDING登場 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » TATERU Funding » 新しいサービス TATERU FUNDING登場

    新しいサービス TATERU FUNDING登場


     またもや新しいソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)プラットフォームが登場しました。名前はTATERU Fundingです。運営会社はアパート運営を手がける(株)インベスターズクラウド、東証マザーズ上場です。なお当ブログでは運営者が貸金業の登録をする、しないに関わらず”ソーシャル「レンディング」”という言葉を投資型クラウドランディングとほぼ同意義で扱っています。ご了解ください。

     (株)インベスターズクラウドはアパート運営にIT、クラウド、不動産テックを活用し業績を伸ばしてきた企業とのことです。旧来の不動産業界はITとは相性が良くない、IT化が進んでいないといわれる中で、後発の利を活かして上記技術を活用して、成功を収めたことが伺えます。上場会社ですから有価証券報告書が公開されていますが、売上、経常利益、純資産などの伸びが凄まじいです。

    インベスターズクラウドの躍進が読み取れるリンクを幾つか置いておきます。

    「リーマン・ショックにありがとう」 ── インベスターズクラウド古木大咲社長(2014/08/24 THE PAGE)"

    投資アパート仲介をクラウド化 無在庫のキャッシュフロー経営|注目ベンチャーインタビューvol.2 インベスターズクラウド 古木代表(VenturesTimes)

    不動産業なのに○○がない!? INVESTORS CLOUDがITで創った前人未踏のビジネスモデル(2014/11/7 クラウドWATCH)

     TATERU FUNDINGそのものの概要はWEBサイトや下記リンクから読み取ることができます。

    新規事業の開始に関するお知らせ(2016/4/14 インベスターズクラウドIR情報)

    “IT × 金融 × 不動産”フィンテック分野に進出 10万円からできる不動産投資型クラウドファンディング「TATERU FUNDING(タテルファンディング)」サービス始動(2016/4/14 PRTIMES)

    上記のリンクから読み取れる情報を元に上記比較表の更新を行いました。

     不動産投資(アパート経営など)の小口投資化(10万円から)、5%の期待リターンなど従来のソーシャルレンディングの要素を合わせつつ、民泊物件(Airbnbがバズっていますね)、海外不動産案件も投資対象にするとのことです。

     過去のソーシャルレンディングに無かった要素としては「換金性の高さ」をアピールしていることです。出資金の返還や、案件を第3者に譲渡できる旨が明記されています。ソーシャルレンディングはそのデメリットとして、流動性が殆どないことが挙げられます。投資期間中は投資家の方から解約などで換金ができませんから、株と異なり本当の意味の余裕資金でしか投資ができませんでした。このことはある意味、REITや投資信託と違い、市場の急激な価格変動を避けられるメリットでもあったのですが、それがTATERU Fundingではどのようになるのか?

    TFUNDINGPMAP20160416.png

     このページにあるポジションマップとその説明文を見る限りは、「取引所で日々価格が変動するなかで取引されるものではございません。」とあるので大丈夫そうですね。

    TFUNDINGSYS20160416.png
    TFUNDINGPSAFE20160416.png

     国内ソーシャルレンディングは貸金業法に則り、担保や保証人を設定するなどの方法で顧客の資産の保全を図ってきました。TATERU FUNDINGでは不動産特定共同事業法に則り、投資家を優先出資者に設定することにより元本の安全性を高める方法をとるようですね。

    ポイントは2点

    1.お客さん(投資家)に儲けさせないかぎりはインベスタークラウドは利益を得ない
    2.運用資産(不動産)の価値が30%超下落しないかぎりは、投資家元本は保証される


     といったところでしょうか。貸金業法に則らない投資スキームならば案件の詳細が公開されることも期待してよさそうですね。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年8月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo:約466万円
    2.AQUSH : 約49万円
    3.クラウドバンク: 約234万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約82万円
    5.クラウドクレジット:約263万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:329万円
    8.LCレンディング : 約59万円
    9.ガイアファンディング : 約173万円
    10.トラストレンディング : 約200万円
    11.クラウドリース : 約85万円
    12.スマートレンド : 約34万円
    13.グリーンインフラレンディング:約217万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約64万円
    15.TATERU Funding:50万円
    16.クラウドリアルティ:30万円
    17.ポケットファンディング:約64万円
    18.アメリカンファンディング:約53万円
    19.キャッシュフローファイナンス:約53万円
    20.アップルバンク:約53万円
    21.プレリートファンド:約83万円
    22.エメラダ・エクイティ:70万円
    23.SAMURAI: 95万円
    24.LENDEX:50万円
    (総額:約2,887万円)

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績300億円超え!SBIソーシャルレンディング

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額300億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつデフォルトに配慮した案件を多数用意



    社会課題解決を目指すソーシャルレンディング



    2016年4月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較
    各社比較2016041602

    2016年4月時点ソーシャルレンディングサービス提供案件比較
    各社案件2016041602
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/402-ac763f5c