勉強会参加報告その2 クラウドバンク①~証券会社の強みを活かして - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » クラウドバンク » 勉強会参加報告その2 クラウドバンク①~証券会社の強みを活かして

勉強会参加報告その2 クラウドバンク①~証券会社の強みを活かして


 ソーシャルレンディング勉強会参加報告その2です(その1はこちら)

4サービスのうち発表順にクラウドバンクから始めたいと思います。

大前社長発表2016031001
発表中のクラウドバンク大前和徳社長

1株式型クラウドファンディング・海外への展望

 昨年の金融商品取引法改正にもとづき、各所で開かれている「株式投資型クラウドファンディング」のワーキングに参加している。どのような商品にしていくかを検討中。また日本から融資された資金を、成長性・社会性の高い海外の事業への活用を考えているとのことです。なお現状、株式型クラウドファンディングを取り扱えるのは一種金融商品取引の登録を行っているクラウドバンクスマートエクイティ(AIP証券) だけです(「クラウドファンディングサービスを取り扱っている会社の中では」、という意味です)。

20160210_191705.jpeg


2クラウドバンクのサービスについて

 53億円(当時)の資金を募集し、そのうち36億円を投資家に償還しました。顧客は関東圏が多いが、全国に散らばったの30~40代の資産形成層が中心。投資家一人あたりの投資額は80~100万円。男女比率は85:15であり、他の金融商品よりも女性の比率が高い傾向があり、これはソーシャルレンディング全体の傾向であるそうです。

 なおクラウドバンクは2016/3/14に募集額60億円を超え、記念のキャンペーンファンドの募集を開始しました。

2016y03m16d_102109138.png


3株価なんて関係ない!

 クラウドバンク(日本クラウド証券)は同業者(証券会社)の集まる会合では居心地が悪いそうです(ここで笑い声があがりました)。なぜならば他社は株価の変動が業績に大きな影響を与えるので、会合ではそうした話で持ちきりになります。特に2016年初の様な株価が(特に下の方向に)不安定な時節、ムードは暗いでしょう。株をほとんど取り扱うことがないクラウドバンクはそうした動向とはほとんど関係ありません。


4証券会社ならではの特徴
 
他社との差別化として一種、二種両方に登録されているからこそのメリットが5つ挙げられました。

20160210_191219.jpeg

4-1会社の健全性
 一種の登録を行っているので、二種の登録しか行っていないところに比べて厳しい外部検査(財務局、証券取引等監視委員会、日本証券業協会などより)が行われます。

4-2高い財務健全性
2015年9月末で自己資本比率272.2%です。

4-3多様な金融商品へのアクセス
 一種、二種の両方を持つので流動性の高い金融商品(株式、債権)も扱えます。中小企業、不動産担保ローン、マイクロファイナンス、日本成熟産業ファンド、太陽光、風力発電など多様な商品を取り扱い中ですが、更に広い幅の商品の投入が期待できます(クラウドファンディングに限りません)。前述の商品はすべて二種の金融商品であり、一種の特性を現状十分に活かせているとは言えないが、将来的に様々な可能性を検討中とのことです。

4-4内部管理体制
内部管理体制(内部統制)、コンプライアンス、それらにかける労力も一種は二種に比べて桁違いです。

4-5反社照会システムによる反社排除
 日本証券業協会に所属しているので反社照会システムにより、貸手・借り手、その他の反社チェックをより厳密に行なえます。

上記の証券会社としてのメリットは以下の記事もご参照ください。

2014/11/25 クラウドバンク、第一種金融商品取引業登録の矜持

2015/4/28 一種金融商品取引業_追加調査報告

5 提携中の企業、自治体の紹介
 証券会社としての信用、行える業務の幅の広さを活かして下記のような様々な企業・自治体と連携中です。


5-1グローバルタスクフォース

20160210_191623.jpeg

 グローバルタスク・フォース(株)と連携して、企業再生ファンドを組成し、様々な中小企業の再生・成長を支援しています。日本には町工場のレベルでも類の無い世界有数の技術を持つ会社が多数存在します(いわゆるグローバルニッチ)。こうした技術を中国、韓国に持っていかれるのはあまりにもったいない。そうした会社にグローバルタスクフォース(株)が役員を派遣してナレッジ(知恵)と経営面をサポート、クラウドバンクがクラウドファンディングにより資金面をサポートします。


5-2日立コンサルティング

 日立コンサルティングの再生エネルギー、環境ビジネスの知見をもつチームとタッグを組んでいます。実績・展望は問題なくとも銀行が融資できない企業・案件があります。日立コンサルティングのチームが目利きを行い、眼鏡にかなう案件を提供してもらいます、そしてクラウドバンクが資金面をサポートします。


5-3横浜市

20160210_191636.jpeg

 横浜市は他の自治体がやらないことをやりたがる「尖った」自治体とのことで、横浜の地域ファンドを作る展望も語られました。クラウドバンクの話はまだまだありますが、今回はここまでにさせてください。

次回の記事はこちら
2016/03/19勉強会参加報告その3 クラウドバンク ②~グローバルなビジョンから見える未来の国内ソーシャルレンディング~

信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク

全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない


不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookで安全資産運用
OwnersBookwide2016031801


高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/376-ec2b36d9