ソーシャルレンディング勉強会参加報告その1 初めに - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディング » ソーシャルレンディング勉強会参加報告その1 初めに

ソーシャルレンディング勉強会参加報告その1 初めに


 2016/2/10に開催された、4サービス(クラウドバンクオーナーズブックラッキーバンククラウドクレジット)合同、メディア向けソーシャルレンディング勉強会に参加して参りました。

20160210_210616.jpeg
勉強会後の各社代表取締役の面々

 場所は秋葉原UDXです。私がこれまで参加してきたソーシャルレンディング関係の勉強会、セミナー等の中では一番立派な施設で行われました。日経新聞記者、有名企業社員、またソーシャルレンディング投資を個人ではなく、会社の事業として考えている方など、様々な方が参加されていました。その様子をお伝えします。

20160210_190357.jpeg

 4人の発表の前のクラウドクレジットセールスマネージャーの成炳門氏からの挨拶がありました。フィッテックという言葉がメディアで盛んに発信されるなか、その中の一分野であるソーシャルレンディング、クラウドファンディングは認知度が低い。今回の勉強会を通じでそれを高めたいとのことです。私もこの記事を通じて、及ばずながら、お力になれればと思います。

 この勉強会では大前和徳社長(クラウドバンク)→岩野達志社長(オーナーズブック)→田中翔平社長(ラッキーバンク)→杉山智行社長(クラウドクレジット)の順に各サービスの紹介、将来の展望についての発表があり、その後質疑応答の時間が設けられました。質疑応答は会場に設けられた4つの机に4人の社長がそれぞれ順番で赴いて、その机の席に座って発表を聞いていた参加者と懇談を行なうというユニークな方法(先日の金融包摂勉強会と同じ形式、両勉強会ともクラウドクレジットが主催)で行われました。

 ですから、以下このブログで述べられることは、壇上で話され「出席者全員が聞いたこと」、私が座っていた席の机で話され、「私と同席した人しか聞いてないこと」に分けられます。特に区別せずに書いていきますのでご了解をいただければ幸いです。また冗長になるのを避けるため、極力と伝聞表現は避けようと思います(敬語もテンポを重視するときは用いません)。

 実はこの勉強会における上記4人の方々の発表の様子は下記のリンクですべて見ることができます。
FinTech紹介「メディア向けソーシャルレンディング勉強会」(クラウドクレジットのYoutubeチャンネル)
 「じゃあ、お前の下手くそな日本語は読む必要は無い!」……それは客観的事実なのですが、私なりの解釈と質疑応答の内容も盛り込んでおりますのでお付き合いいただければ幸いです。

では次回から始めたいと思います。

次回記事
2016/3/16 強会参加報告その2 クラウドバンク①~証券会社の強みを活かして

貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額185億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク

高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
OwnersBook

日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない


海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/374-47f3d8cb