FC2ブログ

    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年1月期後編 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年1月期後編

    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年1月期後編


    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2016年1月期のソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の業界情報まとめ、サービス提供各社の比較データを私の知る限りですが報告します。今回は後編です(中編はこちら)

     前回までは年末から年始において発売された各経済誌の特集におきまして日本のソーシャルレンディングがどのように取り上げられたか(取り上げられなかったか)についてご報告しました。

    今回はいつもどおり各サービス(各社)動向をご報告します。


    1.maneo


     maneoの2015年12月期の募集実績は17億3千926万円となりました。

     これはmaneo歴代1位の記録であり、2015年9月の17億765万円の記録を破りましたそれどころか2016年1月末日時点でこの記録を破っており、2月連続で記録を破りました。

     全サービスの中でダントツ一番の記録であることはいうまでもありません。2015年1月22日に募集金額400億円を突破しました(プレスリリース)。300億円募集を2015年7月に達成してから7ヶ月という短期間でさらに100億円を募集しました。

    その理由としてプレスリリースは

    (1)新たな借り手の創出
    maneo独自の融資案件(住宅型有料老人ホームの開発型スキーム、ホテル開発における証券化等)を組成し、新たな借り手(資金需要)を開拓したこと。
    (2)新しい投資家の参加
    「クラウドファンディング」という、新しい金融サービスについて社会的な認知が広がったことにより投資家数が大幅に増えたこと。
    (3)実績による信頼性の向上
    投資家に対して遅延なく分配をおこなってきたことにより、信頼性が向上し、投資額が増えたこと。


    の3つを挙げています。


    2.AQUSH


     AQUSHの2015年12月期の募集実績は0円となりました。

     運営会社の(株)エクスチェンジコーポレーションが手がける決済サービス「Paidy」が週刊ダイヤモンドで取り上げられました。「2016/01/18 Paidy躍進による、AQUSHの打開に期待!」をご参照ください。


    3.SBIソーシャルレンディング


    SBIソーシャルレンディングの12月期の募集金額は3億7,520万円となりました。

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング


    4.クラウドバンク


     クラウドバンクの2015年12月期の募集実績は6億1千900万円となりました。

     これもクラウドバンク歴代最高記録です。中小企業支援型ローンファンド(3億8千700万円)に加えて、新たに募集を開始した代替エネルギー特化型ローンファンド(2億3千200万円)が大きな牽引力となりました。

     また2016年1月に入ってから、しばらく行ってなかった不動産担保ローンファンドの募集を再開しました。このことについては当ブログの記事、「2016/01/23クラウドバンクにおいて代替エネルギーファンドが好調です」をご参照下さい。

     最後に1月上旬にサービス開始以来の募集総額が50億円を突破しました(こちらを参照)。

     これまで一部の大口投資家しか投資できないような好条件の融資案件に、クラウド(大衆)の力を活用して個人が投資できるようになったこと、36億円以上がすでに償還されたこと、1億8千万円以上が収益として分配されたことが記されています。

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額185億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク


    5.クラウドクレジット


     クラウドクレジットの2015年12月期の募集金額は7千440万円となりました。これまた歴代最高記録となります。

     カメルーンにおいて投資型クラウドファンディングを用いた貧困削減プロジェクトを開始することを発表しました(プレスリリースはこちら)。

     これまでクラウドクレジットはヨーロッパの先進国、ペルー(中進国)における案件は手がけていましたが、後進国案件を手掛けることを明言したのは今回が初めてです。従来通りの不良債権が絡んだ案件となるのか、またマイクロファイナンスそのものに投資するかはまだ不明です。

     後進国の貧困削減を目的とした投資案件はこれまで複数の国内企業が手がけていましたが、それらより高い利回り10%前後で運用を行うことがプレスリリースで明言されています。


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





    6.ラッキーバンク


    ラッキーバンクの2015年12月期の募集実績は3億4千230万円となりました。

    2016年1月にはいり、累計募集金額が30億円を突破しました(プレスリリース)。

     国内の様々な事業にフォーカスした各種ソーシャルレンディングの登場、ソーシャルレンディングの地位の確立に加え、ラッキーバンクにおいては運用実績などの可視化により、投資家がサービス運営状況を把握しやすくなったことが好調さの背景とプレスリリースでは分析しています。


    7.オーナーズブック


     オーナーズブックの2015年12月期の募集実績は2,550万円となりました。

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookで安全資産運用
    OwnersBookwide2016031801


    8.スマートエクイティ


     スマートエクイティの2015年12月期の募集実績は6千500万円となりました。これまた歴代最高記録です。


    9.LCレンディング


     LCレンディングの2015年12月期の募集実績は3億1千447万円となりました。新春お年玉キャンペーンに引き続き、ユニークなバレンタインデー特別キャンペーンを開催中です。


    10.ガイアファンディング


     ガイアファンディングの2015年12月期の募集金額は8千95万円となりました。


    11.トラストレンディング


     トラストレンディングの2015年12月期の募集金額は8千530万円となりました。

     サイト開設キャンペーンですが第1弾は2015/11/29~2015/12/2でしたが、延長となり、現在は5弾として2016/1/29~2016/6/30の期間「新規会員登録+10万円以上の投資」で5000円のキャッシュバックを継続中です。

    2016y02m02d_115900127.png


    12.J.レンディング

     J.レンディングは2015/12/11に第1号案件募集を開始しました。2015年12月末日の時点では募集中でしたが、2016年1月7日に無事満額2億円を集めました。先日けにごろうさんといっしょにサービスについてのお話をお伺いする機会を頂いた場で、従業員は14名(グループ全体で社員7名・役員7名)、分別管理をみずほ銀行で行っているとお聞きしたので、その情報を書き加えました。


    ソーシャルレンディング主要サービス月次募集額



    ソーシャルレンディング主要サービス月次募集額

     主要11サービスによる2015年12月期の募集金額総額は36億4,518万円となり2015年11月期の31億6千649万円を大きく上回り、歴代最高額となりました。maneoラッキーバンクが指摘したとおり、様々なソーシャルレンディングサービスの登場、実績の積み上げ、社会への認知の賜物と考えられます。


    ソーシャルレンディング主要サービス累計募集額



    ソーシャルレンディング主要サービス累計募集額

     主要11サービスのサービス開始以来の累計募集金額は608億8,232万円となり、600億円を軽く抜き去りました。

     2015年1月期の報告の際は310億3千193万円でしたので(当時は6サービスを集計)、この1年で298億5千39万円を集めたことになります。

     2014年はの募集金額は140~150億円ほど、2013年の募集金額は80億円ほどのはずですので、ほぼ倍々ゲームで増えてきたことになります。2016年もこの勢いが続くことを切に願っています。

    日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない




    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ


    ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表



    2016年1月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較
    2016年1月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較


    ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表



    2016年1月月時点ソーシャルレンディングサービス提供案件比較
    2016年1月月時点ソーシャルレンディングサービス提供案件比較

    各社募集実績の求め方
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドバンク:WEBサイトの「ファンド一覧」から募集が終了したファンドの合計額から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドクレジット:ホームページに表示してある「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページに表示してある「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    関連記事

    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/339-8d331eeb