各社データーの見直しを行いました - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » 各社データーの見直しを行いました

各社データーの見直しを行いました


 価格ドットコムの「貸付型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)のサービス比較」のページを見たら、しばらくぶりに結構更新がされていました(他のタイプのクラウドファンディングも更新されています)。

 私も顰(ひそみ)に倣って、年末年始のお休みを利用して、当ブログメインコンテンツの各サービス、各社商品比較表を見直して見ました。結構修正点(間違いともいいます)や追加事項がありましたのでご報告します。


ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表



2016年1月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較
ソーシャルレンディングサービス提供社比較


ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表



2016年1月時点ソーシャルレンディング各商品比較
ソーシャルレンディング各商品比較


1.maneo


1-1.maneo社長の瀧本憲治氏は(株)LCレンディング、ガイアファンディグ(株)の社外取締役であることを表記

1-2.日本貸金業協会会員との情報を追加

1-3.日本クラウドファンディング協会に所属している旨を追加

1-1と1.2については今さらですが1-3は個人的にちょっと注目しています。
 日本クラウドファンディング協会については当ブログでも「2015/05/12日本クラウドファンディング協会発足」の記事で取り上げました。

 日本クラウドファンディング協会の組織図を見ると、当時から脱退した会員(企業)はないようですが、加わった会社はmaneo(株)の1社だけのようですね。現状所属会員(投資型:購入型:寄付型:その他)の比率は(3:6:1:4)ということになります。なおその他とはクラウドファンディングとしてはいずれの型のサービスも提供していないという意味です(弁護士として個人所属、比較サイト運営、コンサルティング等です)。

 現状日本クラウドファンディング協会には私達一般ユーザーの目からは目立った行動は認められませんが、さてどのような活動がなされているか発表されるのを楽しみにしています。

日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない



2.SBIソーシャルレンディング


 以前は「出資企業・出資者」を“SBIホールディング(株)”としていましたが、“SBIグループ”が正しいようなのでそのように修正しました。

貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績170億円超え!SBIソーシャルレンディング


3.クラウドクレジット


やはり「出資企業・出資者」の欄が不十分でしたので書き加えました

海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





4.オーナーズブック


4-1「投資案件の概要」修正

 これまでは” 自社不動産案件への投資“でしたが、貸金業の登録を行なうことにより他社に貸し付ける案件もでてきましたので、” 国内不動産事業者への不動産担保融資“に改めました。

4-2「顧客の資産分別管理」
 これまでは” 自社で分別管理“でしたが、価格ドットコムの比較ページを見ると他社同様に銀行に各種口座を設けておこなっているとのことで、そのように訂正しました

4-3 やはり「出資企業・出資者」の欄が不十分でしたので書き加えました

4-4 第二種金融商品・助言代理業
 単なる第二種金融商品取り扱い業者の登録だけではなく、助言代理業の登録もおこなっているのでその情報を書き加えました。

不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
OwnersBook


5.スマートエクイティ


第二種金融商品取引業協会へ加入手続き中とのことでその情報を書き加えました。


6.その他


 あと「宅地建物取引業」の登録はこれまでは「備考」の欄に記入していましたが、「登録等」の欄に書き加えた方が適当と考えましたので、そのように修正しました。

以上です。

至らないところは多々あるでしょうが、どうか皆様にご指摘いただければ幸いです。

高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額185億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク

全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク





にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

各社募集実績の求め方
AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
クラウドバンク:WEBサイトの「ファンド一覧」から募集が終了したファンドの合計額から
SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
クラウドクレジット:ホームページに表示してある「成約ローン総額」を丸呑み
ラッキーバンク:ホームページに表示してある「募集調達金額」を丸呑み
オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/317-550f1f86