ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2015年11月期 前編 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2015年11月期 前編

ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2015年11月期 前編


※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

 2015年11月期のソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の業界情報まとめ、サービス提供各社の比較データーを私の知る限り報告します。今回は前編です。

A ハーバードビジネスオンラインでソーシャルレンディングが取り上げられました。


 ハーバードビジネスオンラインに『ITで金融と投資が変わる。フィンテック企業で注目を集める「ソーシャルレンディング」』と題した記事が掲載されました。

 三大フィンテックとして「オンラインペイメント」、「ロボアドバイザー」、「ソーシャルレンディング」を挙げその中でもソーシャルレンディングが一般投資家にとって「注目すべき存在」として持ち上げてくれています。

 ソーシャルレンディングとは何か?という問にクラウドクレジットの杉山智行社長がインタビューに応えられています。

 世界のソーシャルレンディング市場は2014年時点で約一兆円(日本は150~160億円程度)、今後10年で100~300兆円になるというすさまじい予想が紹介されています。ご参照下さい。


B 新サービスの動きについて


 (株)ブルーウォールジャパンが2015年12月に、(株)クラウドリアリティが2016年3月を予定としてソーシャルレンディングサービスを立ち上げようとしていることは、先日のトラストレンディングについての記事でも触れました。今回改めて紹介いたします。

 (株)ブルーウォールジャパンは「モチベーション」にフォーカスした「モチベーションエンジニアリング」を基にベンチャー企業から大手企業まで資金ニーズにソーシャルレンディングで応える事業を始める模様です(ニュースリリース)。

 (株)クラウドリアルティは建築コストが高い都市部よりも、リノベーションなどで不動産価値が高まりやすい地方の収益物件(賃貸住宅等)にフォーカスしてサービスを行う模様です。

 (株)クラウドリアルティの鬼頭武嗣代表取締役は地方創生への貢献による社会的意義の大事さ、投資先不動産を匿名にしないことを述べられています。融資型ではなく事業投資型を意図されているのかもしれません(ニュース記事)。

 上記2社に加えてさらにJALCOホールディングス(株)がソーシャルレンディングサービスを開始することを発表しました。JALCOホールディングス(株)はアミューズメント業界、いわゆるパチンコホールの経営マネジメントサービスを行う会社です。JASDAQに上場しています。

 アミューズメント企業への資金貸付をすでに行っていますが、その規模の拡大に伴い資金調達能力が追いつかなくなり、ソーシャルレンディングにおいて資金を募る模様です(IR情報を参照)。

 初回案件募集開始はこちらのニュース記事では2015年12月上旬とのことです。

 私が興味深く思ったのはIR情報にソーシャルレンディングの開始のための支出として「システム開発関連費用 40 百万円、マーケティング費用 20 百万円」と書かれていること。製造業に務めている人間の感覚ですと「安い」と感じられるのですが、ネットサービス事業の相場としてはどうなのでしょうか?

2016/1/13追記
 上記JALCOホールディングス(株)が始めるサービス名は「J.Lending」、運営会社はジャルコ(株)です。2015年12月にサービスを開始しました。


C ダイアモンドオンラインで海外ソーシャルレンディングについて取り上げられました


 ダイヤモンドオンラインに「銀行の利益が6割減、フィンテックがもたらす破壊的影響」と題した記事が掲載されました(著者は野口悠紀雄早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問)。

 記事の趣旨はフィンテックの台頭による従来の銀行の存在意義縮小と利益減の怖れ、日本の金融機関の対応の遅れに警鐘を鳴らすものです。

 フィンテックの中でもソーシャルレンディングの例としてアメリカのレンディングクラブ、中国のアリババが取り上げられています。ただし日本のソーシャルレンディングについては一言も触れられていません。

 私はこのことを野口悠紀雄氏が(日本の非投資型クラウドファンディングに携わるごく一部の人のように)日本のソーシャルレンディングを蔑視、軽視しているからとは思えません。『そもそも現状の日本のソーシャルレンディングは果たして「フィンテック」と言えるのか?』ということ自体に問題があると思います。この事については機会があれば別途述べたいと思います。

今回はここまでにさせてください。

次回記事
ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2015年11月期 後編)

日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない


高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額185億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク

全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookで安全資産運用
OwnersBookwide2016031801


にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2015年11月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表
※1 前前身のディー・ブレイン証券の設立は1997年7月(前身はみどり証券)
※2 見やすいように適当に値を丸めた


ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2015年11月時点ソーシャルレンディングサービス提供案件比較
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表
※1 募集実績は2015/10/31時点(SBISLのみ2015/10/10)
※2 各投資案件が示した利率から業者手数料と税金分を差し引いた値を示した
※3 早期返済が明記されていないもの、実績が無いものは全て無しと記載

サービス数増加にともない、表を原寸表示するのは今月から諦めてサムネイルの形で掲載します。クリックすれば拡大されます。

各社募集実績の求め方
AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
クラウドバンク:WEBサイトの「ファンド一覧」から募集が終了したファンドの合計額から
SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
クラウドクレジット:ホームページに表示してある「成約ローン総額」を丸呑み
ラッキーバンク:ホームページに表示してある「募集調達金額」を丸呑み
オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
関連記事
コメント
非公開コメント

新しいソーシャルレンディング会社

ファイヤーフェレットさん
何時も情報ありがとうございます。
JALCOは継続企業の前提に関する重要事象等のある会社ですね。トラストファイナンスもそうなんですが、
所謂財務に関して全く情報がありません。電話等で問い合わせてもダメで。第二種の組合に電話しても聞き出せませんでした。maneoやLCに比較して零細すぎます。会社の格が全くわかりません。継続企業の前提に関する重要事象等は倒産の可能性がある会社ということを示してます。やはりいろいろ注意していかないと途中でドロンなんて起きないといいですが。
怖いですね。

2015-11-18 20:14 │ from あっちゃんURL Edit

情報、いつもありがとうございます。

あっちゃんさん

ご情報どうもありがとうございます。

JALCOについては平成28年3月期(平成27年4月~6月)の第一四半期決算短信が確認できました。

http://v3.eir-parts.net/EIR/View.aspx?cat=tdnet&sid=1275739

これが私が確認できる最新のものです。これより新しいものがあるかどうかはわかりません。

確かに「継続企業の前提に関する重要事象等」などとあり、不穏な文面が並んでいますね。
正直私は経営学とかの素人なのでこの情報がどれだけ逼迫した状況を示すのかがわかりません、
ブログ本文で取り上げる際には慎重にすることにしますね
(間違えて良いことを書いた時はしゃれですみますが、
悪いことを書いてしまうとそうは行きません)。

トランスファイナンスは上場企業ではないようですが、
「継続企業の前提に関する重要事象等」などはどこを参照すればわかるのでしょうか?
大変お手数ですが、教えていただけないでしょうか?

2015-11-18 21:04 │ from ファイアフェレットURL Edit

継続企業の前提に関する重要事象等

ファイヤーフェレットさん
お世話になります。
トランスファイナンスは継続企業の前提に関する重要事象等の情報はありません。あくまでJALCOです。
会社及ぶ第二種の協会に電話をかけましたが、財務ばかりか社員数も含めて何も開示できないと言われました。詐欺とは言いませんが、どこまで信じられる会社でしょうね。ガイヤファンドも同じですが。
前に同じことを聞いたのですが開示できないと言ってました。ある意味非常に怖いですね。もう数億円集めていますから。

2015-11-19 21:09 │ from あっちゃんURL Edit

なるほど、文章を読み間違えました

なるほど、文章を読み間違えました。

「財務に関して全く情報がないこと」がJALCOとトランスファイナンスに
共通とのことですね。了解いたしました。
さしあたってトランスファイナンスの経営に悪い情報がないと聞いて安心しました。
もう投資をすませてしまったもので……。
(現在確認できないだけで、そうである可能性は捨て切れませんが)。

実は昨日オーナーズブックのセミナーに参加してきたのですが、
岩野社長はベンチャーに起業することのリスクをその会社が投資期間中も存続しているか?という面から盛んに注意を喚起されておりました(同時にOwnersBookの母体ロードスターキャピタルの財務の健全さと案件のリターンの固さを強調されておりました)。あっちゃんさんが、以前から懸念されていたとおり、いくら高利率を約束しても自社経営にポシャるところがでて、投資家資本の毀損が起きたら、今度はロードスターキャピタルのような固い経営をしているところに投資家が集まることになるかもしれませんね。
私もこれからは新規会社への投資は慎重にすることにします。
アドバイスありがとうございます。

2015-11-20 17:37 │ from ファイアフェレットURL Edit

トラックバック

https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/287-812299a9