fc2ブログ

    COZUCHI、新案件10年がかりのインカムゲイン、キャピタルゲインハイブリット - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » COZUCHI » COZUCHI、新案件10年がかりのインカムゲイン、キャピタルゲインハイブリット

    COZUCHI、新案件10年がかりのインカムゲイン、キャピタルゲインハイブリット


    COZUCHIの渋谷区広尾 底地プロジェクトが本日夜7時より募集となります。

    COZUCHI広尾01

     投資期間1年のファンドに見えますが、よくよく読むとその実は10年がかりで投資家に家賃収入(インカムゲイン)と土地売却利益(キャピタルゲイン)を提供しようという案件となっています。

    COZUCHI公式サイトへ

    投資対象はいつもの都内一等地


    COZUCHI広尾03好立地

     土地を見てみると東京メトロ日比谷線広尾駅から徒歩6分の197坪もの広大な敷地です。それを反映してか本募集は3億2千万円という巨大なものとなっています。

     広尾駅近くは高級住宅街となっており、賃貸にすればなかなかのインカムゲインが得られる土地だと推測されます。

    COZUCHI公式サイトへ

    COZUCHIが底地を所有


    COZUCHI広尾05底地

     本案件ではCOZUCHIがこの197坪もの土地を所有し、第三者に貸し出しています。その第三者は賃貸用マンションを土地に立てており収益を得ています。そしてその第三者はCOZUCHI(TRIAD社)に対して地代(土地使用料)と譲渡承諾料(土地使用料の転売代)を支払っています。これがこの案件のインカムゲイン部分と読み取れます。

    底地の上記代金は通常低いのが普通です(賃貸経営は借りている第3者が行うから)。

     もっとも、実際にはマスターリース契約を結ぶことによりインカムゲインを安定させて、投資家に安定した収益を支払えるようにしてあります。

    COZUCHI広尾07ディスカウント

     この美味しい土地を、COZUCHIは先のオーナーが早期売却を行いたいという事情から、17%もディスカウントして手にいれることができました。ここに大きなキャピタルゲインを支払うことができる下地が整ったのです。

    COZUCHI公式サイトへ

    10年がかりの壮大なプロジェクト


     さてこの案件の運用期間は12ヶ月ですが、実際のところ10年規模での壮大なプロジェクトとなっています。現在COZUCHIは底地所有権のみをもっています。そこからだんだんと投資家資金を利用して建物所有権と土地所有権を買い増していき、全てを手に入れた時点で開発用地として売却するプランです。

    COZUCHI広尾09収益構造

    このプランが成功した暁には莫大なキャピタルゲインが手に入ります。

     もう一つのプランとして、買取が完全にまとまらなかった場合でも、別の開発業者に将来的な開発用地としてのポテンシャルが高い収益物件として販売するシナリオも挙げられています。

    COZUCHI公式サイトへ

    投資すると次の投資への優先投資権が得られる


     さてこのプランは10年ごしで、最後の10年に大きなキャピタルゲインが得られる可能性があります。また段々と買い増していった部分は次のプロジェクトに販売して、キャピタルゲインとして投資家に分配します。つまり投資家同士でキャピタルゲインのWIN-WINの状況が作られます。また前年プロジェクトに投資した投資家には、その次のプロジェクトに投資する優先権が与えられるので、ずっと投資し続けていれば、最後に得られるだろう甘い実を食べられるだろう可能性が高まるのです。

     これまでの不動産投資型クラウドファンディングにない、いや不動産クラウドファンディングでしかできないプロジェクトであると感じられます。

    COZUCHIタイアップ

    COZUCHI公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/2414-144806b5