とても解りやすいmaneoの管理画面 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » maneo » とても解りやすいmaneoの管理画面

とても解りやすいmaneoの管理画面

mymaneo

maneoの管理画面はとても解りやすいです。
My maneoを開いてまず見れるのが

「口座情報」
口座情報
自分が今どのくらい貸出しているのか、どのくらい更に貸出できるのか
情報が一目瞭然としています。

惜しいのはあまりにも三菱東京UFJ銀行以外の払戻手数料が高いこと・・・
(赤で囲った部分)。

「運用予定表」
運用予定表
自分が今投資している案件がズラッと並んでいます。
この画面の「分配予定額明細」と書かれているところをクリックすると
各投資案件の分配日、分配額、税引き前収益、源泉徴収税がわかるようになっています。
税引後利益も書いてくれると嬉しいのですが。

<ドリーミングハウスの運用予定表>
ドリーミングハウス運用予定表

<ウィンコーポレーションンの運用予定表>
ウィンコーポレーション運用予定表

<UBIfinanceの運用予定表>
UBIfinance運用予定表

「異動明細」
異動明細
これまでmaneoで私が行った資金の流れです。

ドリーミングハウス(35万円)と
UBIfinance(10万円)についてはもう貸出が始まっていますが
ウィンコーポレーションの投資分30万円はまだ
差し引かれていません(11/21に引き落とされる)。
もちろんこの30万円は確定済の案件なので
撤回はできません。

「投資履歴」
異動履歴
これまで行った投資の履歴そのままですね。
私の場合、始めたばかりのためかそっけない画面ですね。
これらの案件が終了したりした時には
この投資がいつ始まり、いつ終わり、いくらの収益が
あったのかということが見れるように
なるのかもしれません。

以上maneoの管理画面「mymaneo」の紹介でした。
次回の更新はmaneoとAQUSHの利息と分配の仕方について
考察をしてみたいと思います。

日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない


海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
OwnersBookwide2016031801

高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/24-4dd50f9f