FC2ブログ

    信じられるのはセイムボート投資!新規不動産クラウドファンディングWARASHIBEとTECROWDを紹介 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディング » 信じられるのはセイムボート投資!新規不動産クラウドファンディングWARASHIBEとTECROWDを紹介

    信じられるのはセイムボート投資!新規不動産クラウドファンディングWARASHIBEとTECROWDを紹介


    クラウドファンディング投資は不動産型を優先します


     SBIソーシャルレンディング事件が起きてしまい、勢いが陰りがちのソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)。しかしそんな中でも、不特法不動産投資型クラウドファンディングの募集は順調です。

     ソーシャルレンディングと違ってセイムボート投資(運営者も出資する)するために、目が届きやすく勝手にお金を使われる心配が少ない。

    また投資家が優先出資できるために、損失は運営側が投資家よりも先に引き受けてくれる。


     そのことが投資家の信頼を集めているのだと思います。私もSBIソーシャルレンディングの第三者委員会の発表があるまでは、また再発防止策が法的なレベルで構築されるまでは、ソーシャルレンディングへの投資は、よほど硬い案件でもないかぎり、控えたほうが良い、そのように考えています。

     となると、選択肢にはいるのはRimpleぽちぽちFUNDINGCREALジョイントアルファ ASSECLI A funding大家.comといった不特法不動産投資型クラウドファンディング勢です。

     すでに最近におけるサービス登場数は不特法不動産投資型クラウドファンディングの方がソーシャルレンディングよりも上回っています。またその情報開示度も安全性もソーシャルレンディングよりも上です。最近登場した2つの新規サービスをご紹介します。

    国内優良賃貸案件に投資できるWARASHIBE


     WARASHIBEは国内不動産の運営、リフォーム、売買を広く手掛ける株式会社SATASが手掛ける不動産クラウドファンディングサービスです。昨年末にサービスを開始し、すでに2つ案件を募集しています。

    WARASHIBE1

     WARASHIBEのキャッチコーピーは「あなたの投資に選びぬかれた最高の物件を」です。ノウハウ、目利きの利く優れた社員による案件紹介というところがオーナーズブックと共通しています。

    WARASHIBEにおいては1万円から投資可能で、“途中解約可能”が他のサービスと比較して、大きなアドバンテージとなっています。

    WARASHIBE2

     WARASHIBE 1号案件は神奈川県茅ヶ崎にある好立地マンションの1階部分に対する投資です。1号案件としては大きめの1億6千800万円の募集に対して、2億7千万円を超える応募がありました。

    WARASHIBE3

     WARASHIBE 2号案件は世田谷にあるこれまた好立地の賃貸物件です。案件に対する詳細な情報が開示され、募集額8千万円に対して、これまた大幅に上回る1億3千万円の募集がありました。

     人気案件はなかなか投資できないのが、不特法クラウドファンディングの悩みですが、WARASHIBEの場合、案件規模が大きいので、その心配は小さいかと思います。

    WARASHIBE公式サイトへ

    初の新興国案件を手掛けるTECROWD


     もう一つの新サービス、TECROWDを紹介いたします。TECROWDが不特法不動産投資型クラウドファンディングとして画期的なのは、海外不動産を投資対象としているところです。

    TECROWD新サービス1

     国内不動産は手堅いですが、国内景気は停滞気味で高い利回りはなかなか狙えません。それに対して新興国はGDPの伸びが日本よりも大きく、より高い利回りが狙えます。これまでは海外にクラウドファンディングで投資するのならば、ソーシャルレンディング(融資型)一択でした。

     ここにセイムボート投資、また投資家が優先出資により保護される不特法不動産クラウドファンディングのTECROWDが選択肢に入ったことは注目に値します。

     TECROWDの運営会社は株式会社TECRAです。これまでは不動産クラウドファンディングの運営会社は国内不動産の売買、運営を中心事業としている会社が多かったのに対して、TECRA社は海外不動産の建設・土木工事といった“上流”に近い分野を得意としていることが大きな特徴です。

    TECROWD新サービス2

     TECROWDの1号案件はモンゴルの首都ウランバートルにあるオフィスビル案件です。利回りは8.0%です。6.5%が本来の利回りですがリリース記念ということで1.5%上乗せされています。
     
     オフィス賃料を円建てにする、TECRAが1割劣後出資するなどにより為替や投資家の元本毀損を極力回避する姿勢が評価され、募集額2,850万円が即日完売(募集終了)となりました。

    TECROWD新サービス3

     2号案件の募集会社4月1日が予定されています。1号案件と同様の良案件募集が期待されます。海外に不特法の強力な投資家保護のもとで投資しようと思ったらTECROWDしか現状ありません。ぜひ、選択肢にお加えください。

    TECROWD公式サイトへ

    セイムボート投資が今のところ無難


     SBIソーシャルレンディングの一件は運営会社が身銭を切る、つまりセイムボート投資を行ってくれないと、結局は杜撰な資金管理が行われ、資金が不正に使い込まれ、投資家資金が毀損する事態が発生する。

     その事実を投資家に思い知らせるものでした。現時点では初心者にはセイムボート投資をしてくれるサービスを私はおすすめします。今回紹介したWARASHIBETECROWDもそうです。

     ソーシャルレンディングにおいては唯一、バンカーズのみがセイムボート投資を行っています。ここも選択肢にいれてよいでしょう。

    金融のプロが情報開示とコンプライアンスに全力を注ぐソーシャルレンディングのバンカーズ
    バンカーズ

    TECROWD公式サイトへ

    WARASHIBE公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/2361-e7aa18ef