FC2ブログ

    SBIソーシャルレンディング被害額、週刊新潮よると70億~200億円か - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » SBIソーシャルレンディング » SBIソーシャルレンディング被害額、週刊新潮よると70億~200億円か

    SBIソーシャルレンディング被害額、週刊新潮よると70億~200億円か


    新潮報道は小泉元首相との関わりに主眼を置く


    晴天の霹靂で起こったSBIソーシャルレンディングの投資家貸金流用問題。

    真相に迫ったFACTAのスクープについては

    SBIソーシャルレンディング、不正発覚、第三者委員会設置についての考察

    で簡単に触れました。

    週刊新潮sbiソーシャルレンディング

    その後週刊新潮2021年2月25日号の記事

    金融庁が調査厳命!グリーン装い200億円調達の果て日没した「太陽光発電会社」の広告塔は「小泉純一郎」

    にて別の角度からこの問題が取り上げられました。



    それを一部紹介します。

     新潮記事はタイトルが示すとおり、問題”主犯”であるテクノシステム社が小泉純一郎元首相を、太陽光事業の広告塔に利用していたことを主眼とした記事です。

     本記事はその部分は省いて、SBIソーシャルレンディングの今回の問題に関わるところだけを紹介します。ざっと重要な部分を抜き出すと

    資金使い込みはテクノシステム社18、19年売上約160億円超

    金融業界が固唾を呑んで見守るのは同社代表、生田尚之氏

    SBIソーシャルレンディング問題が2月5日に発生

    テクノシステム社はこれまで200億円を集めたが大部分を募集時の目的に使用していない

    資金は借入金返済に当てて自転車操業を繰り返す

    週刊新潮sbiソーシャルレンディング

    自然エネルギー施設用地は工事途中や未着工のものが少なくない

    役所や建設業者からのクレームが大量発生して同社は窮地に

    熱海ホテル案件30億円も、ホテル建設予定地は更地のまま

    SBIソーシャルレンディングはデフォルトする2案件の設備を買い上げることによりデフォルトを回避

    事態を知った金融庁はSBIソーシャルレンディングに報告書徴求を厳命


    となります。
    クラウドバンク公式サイトへ

    投資家資金使い込みは200億円近くか?


     現時点で何が起こったかは一切SBIソーシャルレンディングから説明はありません。ただし週刊新潮報道により被害額は200億円近くであると推測されます。

    (前略)投資家に出資金が償還されることになる。だが、「テクノ社はこれまでに200億円近い資金を調達しながら、大部分を募集時の目的のために使ってなかった。


    と書いてあるからです。なお、これはテクノシステム社元社員の証言です。

     SBIソーシャルレンディングがこれまで集めてきた資金(1,600億円超)のうち200億円近くが自転車操業に使われていたとしたら驚きです。”大部分”が何割かは不明ですが、もし9割ならば流用額は180億円です。

    その後の部分には

    大手銀行、中小地銀、信金から120億円を現時点でも借り入れている

    という趣旨のことが記載してあるので、前述の200億円の中にこの120億円が含まれているのか?と考えましたが、

    大部分を募集時の目的のために使ってなかった

    と明記してあるので目的外使用200億円はやはり全額SBIソーシャルレンディングの投資家から集めた額と考えるのが自然かと考えています。

    バンカーズ 公式サイトへ

    主犯は文氏?それとも生田氏?


     さて、今回の事件を伝えるFACTAと新潮の記事、誰が主犯なのか?については伝え方が大きく異なっています。

    FACTA報道は

    「文社長は33号で集めた資金を11月と12月の24号と25号の償還資金に充てようとしたが、何らかの事情でSBI側にバレてしまったのではないか。この間、テクノシステムと玄海が組み、ファンドの償還資金を別のファンドで募集した資金で充当する自転車操業を行ってきた疑いがある」


     と玄海インベストメントアドバイザー代表の文智勇氏が主犯であるかのように報じています。もっともその後には文氏と生田氏がグルであったかのように書いてあるので、生田氏は共犯扱いです。

    一方、新潮報道においては、玄海インベストメントアドバイザーも文智勇氏の名前も一切登場せず、資金流用の主犯は生田氏だけであるかのように、書かれています。

    FACTA報道には

    文智勇氏がSBIソーシャルレンディング元社長織田氏に生田氏を紹介

    文氏はテクノシステム社の取締役(昨年11月まで)


    と書いてあるのですが、新潮報道にも

    週刊新潮sbiソーシャルレンディング

    生田氏に5億円を貸し出した人物が生田氏を小泉元首相に紹介

    この人物はテクノシステム社の最高顧問の名刺を持っていた


     という趣旨のことが書かれています。新潮報道におけるこの”人物”こそが、文氏ではないかと、私は考えています。ただし、あくまで”紹介者”に過ぎない立場としての取り上げ方です。

    イークラウド

    被害額は70億~200億円


     被害額を推測しましょう。FACTAと新潮報道が事実とします。自然エネルギー案件40億円と熱海ホテル案件30億円の流用は確実です。事業実態はありそうにないので最低でも流用額は70億円です。

     また前述したとおり”SBIソーシャルレンディングにおけるテクノシステム社案件”200億円の大半が目的外使用されていたのでしたら、被害額は200億円近くまで膨らみます。

    さて、SBIソーシャルレンディングからの投資家への報告がどうなるのか?

    に注目しています。

    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!ポケットファンディング
    Pocket Funding

    CRE Funding

    東証一部上プロパティエージェントのシンプルな不動産投資Rimpleで小口不動産投資
    Rimple(リンプル)

    30%の投資損失を東証一部上場穴吹興産引受るジョイントアルファで少額不動産投資検討を
    Jointoα(ジョイントアルファ)
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    テクノクラフトも一部の報道は憶測で取材を受けていないから、法的処置を検討っていっています。しかし、報道内容は否定してませんね。憶測と書きながら事実無根と書いていません。どこぞのみんクレみたいなこと書いてます。
    太陽光やバイオマスが危ないとのことなので、間違いなく被弾しました。
    やってられません。

    2021-02-25 22:12 │ from ああURL

    融資先は不正したもの勝ち

    ああさん、

    コメントをどうもありがとうございます。

    テクノクラフトに対して法的措置をとると伝える報道があるとは初めて知りました。
    もしよかったらどこの報道か教えていただけると嬉しいです。


    被弾されたとのこと、お悔やみ申し上げます。


    私もやっていられません。これまでソーシャルレンディングにおいては
    明らかな流用、またそれに類するもの、また目的外使用、虚偽の説明が
    なされておきながら、誰一人下手人に刑事罰が課されていません。

    課されていないどころか、起訴さえもされていません。

    これでは融資先は不正をしたもの勝ちです。

    この問題は是正されなければいけません。

    ある営業者の方から、このことについて意見がいただけるかもしれません。
    いただけたら、当ブログで発表したいと思っています。

    2021-02-26 10:24 │ from ファイアフェレットURL Edit

    すいません。間違いました。
    テクノシステムですね。
    テクノシステムが一部のメディアに対して、法的処置を検討しているってお知らせで書いていました。

    2021-02-26 19:13 │ from ああURL

    テクノシステムのリリースですね。

    あああさんへ

    こちらこそ、誤解していました。

    テクノシステムのWEBサイトにおいて、
    憶測報道を行うメディアに対して法的措置を行うとの文面を確認しました。

    さて、報道のどこがどのように異なるのか?

    堂々と説明すればよいのにと思います。

    それができないのならば疑念は晴れないでしょう。

    2021-02-26 20:03 │ from ファイアフェレットURL Edit

    33号

    SBT社とテクノ社の問題は24号と25号だけではないのです。その2案件の火消を先行しているが、優先順位を下げて問題の大きさを隠している案件それが33号です。
    現状工事を発注しながら建設資金供給を数千万した状態ですが、工事代金は消えており下請けに支払われておらず工事停止の状況であります。
    総額の建設資金40数億もSBIからテクノに支払われているが、資金が消えています。
    33号とは水俣市18,000kW太陽光発電所であり資金流用は、24号25号にておきてるだけではなく、投資顧客にとって一番重要なディールブレイク案件ではないかと思います。
    テクノ社とSBI社は、水俣市民を欺くとは許せない事でしょう。

    2021-03-01 23:12 │ from DeathMoonURL

    だれが最終的に被ることになるのか?

    DeathMoonさんへ

    コメントをどうもありがとうございます。

    はい、FACTA報道でも33号案件の資金が24、25号の償還資金に使われそうだったと書かれていましたね(未遂に終わったようですが)。

    新潮報道には工事が行われず役所からテクノ社にクレームが相次いでいるということが書かれていましたが、その役所の1つが水俣市なのかもしれません。

    資金はどこに消えたのか?だれが最終的に被ることになるのか?注目しています。

    2021-03-02 16:07 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/2359-3a61fb59