FC2ブログ

    未加入者必見、業界トップSBIソーシャルレンディングが初の新規会員登録でAmazonギフト券1,000円プレゼント - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » SBIソーシャルレンディング » 未加入者必見、業界トップSBIソーシャルレンディングが初の新規会員登録でAmazonギフト券1,000円プレゼント

    未加入者必見、業界トップSBIソーシャルレンディングが初の新規会員登録でAmazonギフト券1,000円プレゼント


    未加入者必見です。

     現状ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)だけでなく、全タイプの投資型クラウドファンディングにおける業界No.1のSBIソーシャルレンディング

    SBIソーシャルレンディングキャンペーン3

    会員登録+メールマガジン配信登録だけでAmazonギフト券1,000円

    をプレゼントするキャンペーンを実施中です。

     SBIソーシャルレンディングはこれまで入会キャンペーンを実施したことはありますが、SBIポイントなどの利用方法が限られるものが特典でした。Amazonギフト券のような広く利用できるものがキャンペーンプレゼントとなるのは、私の記憶に間違いがなければ初めてです。

    SBIソーシャルレンディング公式サイトへ

    もはやSBIソーシャルレンディングが業界トップ


    SBIソーシャルレンディングキャンペーン1

     SBIソーシャルレンディングの2020年12月末時点での募集額は1,655億円でした。長く業界トップだったmaneoの約1,645億円(2019年7月に募集停止)をこの時点で上回りました。

     maneoが今現在でも約125億円がデフォルト(遅延+元本損失)しているのに対して、SBIソーシャルレンディングはわずか損失確定が1億8千万円、遅延中案件は0円です(2021年1月15日時点)

     maneoのデフォルト率が約7.6%であるのに対して、SBIソーシャルレンディングはわずか0.1%です。

     しかもmaneoが遅延した125億円のほとんどを処理せず、だらだらと引き伸ばして投資家を苦しめているのに対して、SBIソーシャルレンディングはデフォルト後すぐに案件を処理して、債権回収を行い投資家からの信頼を高めました。

     その実績からくる投資家からの信頼こそが、SBIソーシャルレンディングを業界一番のソーシャルレンディング運営会社に育てたといえるでしょう。経済誌などでソーシャルレンディングが取り上げられる際にもSBIソーシャルレンディングは紹介されるサービスの定番となっています。

    参考
    日経トレンディ2021年2月号が投資型クラウドファンディングを幅広く紹介 その1

    SBIソーシャルレンディング公式サイトへ

    キャンペーン詳細、注意点


     さて、今回の新規会員登録だけでAmazonギフト券1,000円プレゼントキャンペーンですが、期限は3月31日までです。

    SBIソーシャルレンディングキャンペーン5

    ただ、新規会員登録とメールマガジン配信登録するだけではもらえません。登録の際に特典コード

    202101

    を入力する必要があります。ご注意ください。

    SBIソーシャルレンディングは各種無料

     SBIソーシャルレンディングは各種手数料が無料です。クイック入金などのサービスを上手く利用すれば振込手数料も無料で運用が可能です。ぜひこの際に、新規会員登録をご検討ください。

    SBIソーシャルレンディング公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/2346-89711408