FC2ブログ

    クラウドクレジット杉山社長大胆予想、アフターコロナにソーシャルレンディング急成長 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » クラウドクレジット » クラウドクレジット杉山社長大胆予想、アフターコロナにソーシャルレンディング急成長

    クラウドクレジット杉山社長大胆予想、アフターコロナにソーシャルレンディング急成長


     ビジネス雑誌Presidentの2020年10月16日号特集“完全図解 1分でわかる最新用語ガイド アフターコロナメガトレンド21”において、ソーシャルレンディングの市場規模が現在の5倍と予想されていることは先日ご紹介しました。



    参考
    ソーシャルレンディング2024年の市場規模は現在の5倍! と雑誌Presidentが報道!

     この特集においてアフターコロナの“メガトレンド”として取り上げられている“ソーシャルレンディング”。その解説をクラウドクレジットの杉山智行社長が行っています。

    クラウドクレジットPAYPAYキャンペーン2
    President同特集より

    新型コロナにより、ソーシャルレンディングは急成長する

    という大胆な予測がなされています。

    president アフターコロナメガトレンド21_経済グラフ
    President 同特集37ページより

    クラウドクレジット公式サイトへ

    ざっと以下のようなことが書かれています。

    ソーシャルレンディングとは資金を借りたい人と貸したい人をマッチングするサービス

    銀行は小規模、また実績や担保がない事業者、個人に融資をしないことがある

    特にその傾向は新興国ほど顕著で、全世界で銀行から融資を受けられるのはわずか2割

    銀行から借り入れをできない人を助けるのがソーシャルレンディング

    かといってもソーシャルレンディングにも限度はある

    (途上国の)僻地の井戸、電気事業にソーシャルレンディングは貢献できる

    しかし投資家のリターンを考えるとそういった事業は不確実性が高く、投資資金は集まらない

    そういった基幹インフラはODAや寄付で整備して、軌道に乗らせる

    乗ったところででソーシャルレンディングも資金調達手段として参加する

    そのような形がモデルケースになるかもしれない

    クラウドクレジットの主な融資先は東アジアとラテンアメリカ

    アジアは資金需要が豊富でソーシャルレンディング需要が少ない

    クラウドクレジットは1万円から投資できて利回りは3.9~12%

    新型コロナはクラウドクレジットの融資先の国々にも影響を与えた

    ロシアやペルーは感染が拡大したが、幸いデフォルトは多くなかった

    新型コロナが蔓延しても人々の生活はあり続ける、草の根期経済は力強い

    かといって問題がないわけではない

    カザフスタンでは債務モラトリアム法が発令、中小企業の返済猶予が可能になる

    よって融資先が返済期間延長を申し出て、案件期間延長をお客さんにお願いすることに


    ※上記ソーシャルレンディングの急成長を杉山社長が予想するのは以下の箇所です。

    現状コロナ渦ではソーシャルレンディングよりは銀行が草の根経済の救世主となっているのは事実

    しかし銀行がカバーできないところに融資するソーシャルレンディングの成長は右肩上がりと予想する

    新型コロナの経済落ち込みを新興国は財政出動で解決しようとしている

    よってインフラ整備が進むので(先のモデルにおける)ソーシャルレンディングの需要が急増する時期も早まる

    アフターコロナの世界でソーシャルレンディングがメガトレンドになるのもそう遠くない


    クラウドクレジット杉山社長President予想
    President同特集より

     新型コロナに負けず世界は新興国も含めて急激に回復しつつあるように感じます。上記モデルの成立によるソーシャルレンディングの躍進を期待します。

    クラウドクレジットPAYPAYキャンペーン1

     杉山社長が率いるクラウドクレジットですが“新規会員登録”+“20万円以上の投資”でPAYPAYギフトカードを最大10万円を貰えるキャンペーンを先日(10/28)より開始しました。

     新規会員登録を行い、2020年12月29日までに行った投資額合計に応じてのプレゼントです。

    クラウドクレジットPAYPAYキャンペーン3

     合計投資額に応じてもらえるギフトカードの一覧表は上記のとおりです。受け取るにはスマートフォンにPAYPAYアプリをインストールする必要があります。

     計算したところ50万円、ないし100万円投資した際にもらえるギフトカート1万5千円、ないし3万円の場合が投資額に対しての還元率が3%と最大になっています。

     3%バックはこの手のキャンペーンでは私が知る限り最大値です。なかなかの大盤振る舞いといえます。クラウドクレジットの従来のキャンペーンではプレゼントはAmazonギフト券かSBIポイントでした。PAYPAYギフトカードがプレゼントになるのは初めてです。

     PAYPAYは今やほとんどのコンビニ、多くの店舗で使えますからほぼ現金と変わりないプレゼントとなります。どうかこの機会に新規会員登録をご検討ください。

    クラウドクレジット公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/2295-8e316b0e