FC2ブログ

    いよいよファンド数が増えて躍進の時を迎えようとしているFundsへインタビューを行いました その1 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » Funds » いよいよファンド数が増えて躍進の時を迎えようとしているFundsへインタビューを行いました その1

    いよいよファンド数が増えて躍進の時を迎えようとしているFundsへインタビューを行いました その1


     数億円規模のファンド取り扱いを宣言したFunds。その後もFundsにてファンドを募集する枠を拡大するべく、貸金業子会社(ファンズ・レンディング社)の設立を行いました。

    いよいよ、投資家への潤沢なファンドの投資家への供給が始まると思われます。

    Fundsインタビュー記事タイトル

    参考
    貸付投資のFundsがフリークアウト社のファンドをシリーズ化 〜数億円単位の複数ファンドの取り扱いを目指す〜

    取り扱い範囲の拡大および貸金業子会社の設立に関するお知らせ

     そのFundsのこれからの展望を、また組成されるファンドの信頼性についてZOOMを通じてインタビューを行わせていただきました。


    我ながらユニークな質問・ツッコミもいろいろできたかと思います。

    笹嶋取締役/事業開発部部長と新才事業開発部副部長の二人に丁寧にお答えいただきました。

    インタビューは質問形式で行っています。

    Fundsの笹嶋取締役/事業開発部長
    Fundsの笹嶋取締役/事業開発部長

    Funds 公式サイトへ

    Q1. FinCommunity Marketingについて


     FinCommunity Marketingとはどのようなものか、どのように展開していくのか、具体的に将来どのようになっていくかをかいつまんで教えてください。

    A1 企業と個人が共に成長していけるコミュニティーの構築



    この動画をまず見て頂いてから解説させてください。



    コンセプトは

    企業と個人をつなぐ

    です。

     カゴメが昔から行っている“ファン株主”の取り組みから、もともとの着想を得ています。個人投資家がカゴメの株を買うと、その投資家は一投資家ではなく、カゴメの応援団となり、結果として客単価も増えるというデータが出ています。

    投資家はお金を出すとその企業を好きになって応援したくなることが分かります。

     企業にとっては情報の拡散、ブランド向上にもつながるといった効果があり、Fundsでも研究をして導入に至ったのがFinCommunity Marketingです。

    FinCommunity Marketing

     単に投資して配当をもらうだけのドライな関係ではなく、投資をきっかけに企業やそのサービスへの応援や支援を集め、また、懇親会や優待で相互理解を深めるようなコミュニティーが築けるものです。

     電通さんのアクセラレータープログラムを通じて、新しいコミュニティー形成施策としてのFinCommunityが生まれました。

     過去のFundsのファンドに投資した人に聞いてみたところ、やはり投資したファンドの会社をやはり応援したくなる、親近感がわく、将来的に株主になって良いという声が確認されました。

     ファンドに投資していなければ、新聞記事を読んでもその企業の名前が目に止まることはないかもしれませんが、ファンドに投資した後は認知され、親近感が湧くようになると思います。

     投資家は配当と特典を通じたワクワクを得られ、企業は情報発信やブランドづくりなど、投資家と企業が共に成長していけるコミュニティーを作ることが出来ると考えています。

    Funds 公式サイトへ

    Q2. なぜFinCommunity Marketingが広がりつつあるのか?


    FinCommunity Marketingのファンドは最近続々出ていますが、背景を教えてください。

    A2 有効な情報発信手段と捉えてもらっている


    FinCommunity Marketingへの企業からの引き合いがどんどん増えています。

     今、世の中にはネット広告があふれており、企業が伝えたいメッセージが視聴者に届かない、届いたとしてもすぐに忘れ去られてしまうような状況となっています。

    一方的に配信するだけでは駄目だと企業も気付き始めているようです。

     そのような中、一方的な情報提供ではなく、双方向のコミュニケーションを前提としたFinCommunity Marketingへの引き合いが増えています。“面白いことをしているね”と評価して頂いております。

    Funds 公式サイトへ

    Q3. なぜファンドが増やすことができたのか?


     これまでファンドの供給不足が続いてきたように思います。なぜファンドをこの時期に増やすことができたのかを教えてください。

    A3 Fundsの周知と社内体制の充実が主な要因


    理由は2つあります。“Fundsの認知度の向上“と”社内体制の充実“です。

    Funds社内体制、提携会社

     電通、伊藤忠、みずほ銀行との提携により、事業会社でのFundsの認知が高まったこがまず挙げられます。
     様々な企業への提案機会が増えて、ご興味を持っていただく企業様の案件を増やすことができました。

     また社内の体制も拡充しまして、審査メンバーが効率的に業務を行うことができるようになったことも投資家に提供できるファンドを増やすことができる一因です。

     厳正な審査の結果、ファンド組成に至らない企業も少なくはありませんが、それでもなお多くのファンドを提供できるようになってきています。

     また新型コロナの影響も多少プラスに働いています。資金繰りに困っているわけではないが、銀行融資・社債に次ぐ第3の資金調達手段としてFundsの利用を希望する企業からの引き合いが増えています。

    Funds 公式サイトへ

    Q4. 新型コロナ金融緩和はFundsにとって逆風ではないのか?


     現在新型コロナの影響で金融機関はお金がじゃぶじゃぶになっています。Fundsにとって逆風と思われますが、実際はどうなのでしょうか?

    A4 コロナの影響でむしろ多様な企業が利用を検討してくれている


     確かに金融機関は政策のもと積極的な融資を行っているが、必ずしも企業の資金ニーズを十分満たせているわけではないと見ています。

     例えば、今後の経済環境の不透明さに備えた手元資金を充実したい企業や、この状況下を逆にチャンスと見て攻めのファイナンスを行いたいという企業は、依然旺盛な資金需要があります。

    そのような企業がFundsの利用を検討してくれています。

    Funds 公式サイトへ

    Q5. Fundsは高利回りファンドを出す予定はあるのか?出すとしたらどういうものになるのか?


     Fundsは高い利回りのファンドを出す予定はあるのでしょうか?また出す場合ファンド組成企業はどのようになるのでしょうか?非上場、ないしある程度上場企業よりは信頼性が落ちる会社となることもあるのでしょうか?

    A5 リターンのバランスの良いファンドの組成を目指す。信用のある非上場企業などの取り扱いも検討していく。


     Fundsのファンドは好評だが、利回りが低いというご意見もいただいております。
    私たちは、単に利回りを見ているのではなく、中長期的に投資家の皆様の資産形成に資するようなファンドを提供していきたいと考えています。

     その意味で、ハイリターンのファンドを志向するものではなく、リスクとリターンのバランスがとれていると考える商品を提供しています。

     なお、上場企業ではないが、地方の有名企業、財務基盤がよい企業はたくさんあります。特に有名企業はレピュテーション(評判)に配慮するので、組成したファンドをしっかり償還してくれることが期待されるため、ファンズの顧客としても有望な企業と考えています。

    (これらのファンドの利回りを聞かれて)

     残念ながら他のソーシャルレンディング業者のファンドのような高利回りとまではいかないでしょう。ただし現在よりも少し幅広い利回りのファンドも扱うようにはしていきたいと考えています。

    今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    いよいよファンド数が増えて躍進の時を迎えようとしているFundsへインタビューを行いました その2

    Funds 公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/2287-0fab9f29