FC2ブログ

    ユニコーン11号案件は食べるバイアグラ、100年健康のパワーライブズ - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ユニコーン » ユニコーン11号案件は食べるバイアグラ、100年健康のパワーライブズ

    ユニコーン11号案件は食べるバイアグラ、100年健康のパワーライブズ


     近頃案件募集&成立を続々こなし、業界一番手のFUNDINNOに追随する株式型クラウドファンディングのユニコーン

    01ユニコーン10号案件パワーライブズ

     その11号案件は驚きの“食べるバイアグラ!ともいえる奇跡の植物”ビーツ“を加工して、健康食品として販売し、健康な”楽しい100年健康生活“を目指す「パワーライブズ」です。テーマは

    「血流力」習慣で「楽しく100年健康生活」をサポートする「パワーライブズ」

    です。すでに案件情報公開は行われています。募集は10月26日(月曜日)の午後6時からです。

     この案件につきましてはユニコーン会員全員が下記魅力的なパワーライブズ」の試供品をもらえるキャンペーンも行われています。

     今から会員登録しても十分間に合う可能性がありますので、下記記事をお読みいただき、会員登録その後試供品をお申し込みいただければ幸いです。

    参考
    ユニコーン会員全員にプレゼント!11号案件パワーライブズの”食べるバイアグラ!“ビーツ”が貰えるよ!


    パワーライブズ&ビーツ紹介動画

    ユニコーン公式サイトへ

    奇跡の野菜、ビーツとは


    ビーツとはなにか?

    パワーライブズ紹介記事

    ビーツとは、ほうれん草やキヌアと同じヒユ科の野菜です。真っ赤な見た目が赤カブに似ていますが、味も特徴も異なります。数千年にわたり人類が食してきた天然野菜であり、安全性に疑問の余地はありません。ビーツに含まれる硝酸塩は体内で一酸化窒素に還元され、一酸化窒素は血管平滑筋へ作用し、血管拡張を促します。


     とのことで、なるほど確かに赤カブに似ています。なお、「ビート(砂糖大根)」の近種かな?と一瞬私は思ってしまいましたが、調べたところ全く別種の植物です(同じヒユ科ではあります)。

     このビーツを加工した青汁ならぬ“赤汁”を販売してみんなに飲んでもらい、社会の健康促進、健康寿命アップとともに自社の発展も狙うのが「パワーライブズ」のミッションです。

     奇跡の野菜ビーツはすでに海外ではメジャーな食品であり、2016年時点で世界市場は1兆1,000億円を超えています。なお、日本の健康食品の代表格である“青汁”の国内市場は870億円です。
     下記理由でパワーライブズのビーツから作られる“赤汁”を製品は青汁を凌駕する健康食品へと成長する可能性を秘めています。

    ユニコーン公式サイトへ

    ビートには青汁と違って健康促成のエビデンスあり!


     日本の代表的な健康食品である“青汁”。実は健康促進に有効というエビデンスは一切ありません。野菜に含まれる栄養素を取れる。それだけです。

     青汁は高いので野菜ジュースを飲んだ方がよほども安上がりです。青汁は実に多くの会社により販売されており、有効成分も栄養素もまちまちですが、健康促進に有効であるというエビデンスは一切ありません(それなのに国内市場は870億円!)。
     
     それに対して「パワーライブズ」の製品に用いられる“ビーツ”には明確なエビデンスがあります。

    03ユニコーン10号案件パワーライブズ

    国際オリンピック委員会(IOC)、オーストラリアスポーツ研究所、米国国立衛生研究所

     これらが、特にスポーツ選手に有益な食品としてビーツを認めています。スポーツ選手だけに有効な訳ではないことは後で説明します。

    05ユニコーン10号案件パワーライブス

     ビーツはその有効成分(硝酸塩)により高い機能性を持ちます。汎用性が高く様々な食品への加工が可能です。また硝酸塩の効能は多くの研究機関が認めています。

    ユニコーン公式サイトへ

    ビーツの有効成分、硝酸塩の血管拡張が健康をもたらす


    具体的にビーツはどのように健康を人体にもたらすのか?

    血管の健康促進に寄与することが分かっています。

     現代人はストレスに晒されています。そのストレスは脈拍上昇・血管収縮・血圧上昇とういう形で人体に現れ、様々な病気や倦怠感の原因となってしまいます。

     人間の血管は酸素や栄養素を体中にもたらす重要な器官です。しかし老齢化により硬化してしまいます。また高血糖、ドロドロの血液といった要因が血管の機能を低下させ、心筋梗塞、脳梗塞といった致命的な病気の原因ともなります。

     “病室で念仏を唱えないでください“とうい医療マンガをご存知でしょうか?ちょっと前にドラマとなり話題となりました。



     得度した、つまりお坊さんでもある医師が主人公の医療ドラマです。主人公が務めるのは“救急医療科“(救急車で運ばれるような危ない病人、負傷者がまっさきに担ぎ込まれるところ)です。主人公は誠実で丁寧な施術が光る医者ですが、スーパードクターではないので、担ぎ込まれた患者は高い確率で死亡します。

     その死亡原因として何度も登場するのが“血栓”です。救急医療で助かったかもしれないのに、血管の不養生により、命を落としてしまうのです。

     私はこの漫画を読んで以来、血管の健康には気をつけることにしています(野菜ジュースと水分を大量にとると言う方法で)。

     ビーツに含まれる硝酸塩は多く含まれています。その硝酸塩ですが下記血管に対する健康促進効果が認められています。

    一方で、ビーツには硝酸塩が多く含まれていますが、この硝酸塩は血管を柔らかくし血管拡張させる作用があり、その結果、血行・血流が良くなり、幅広く病気の改善に効果を発揮することが様々な研究論文によって証明されています。これらの研究は、1998年のノーベル生理学・医学賞を受賞したルイス・J・イグナロ博士らの研究において、ビーツに含まれる硝酸塩が体内で還元されて生成する一酸化窒素には血管を拡張して血流を促進する働きがあることが証明されたことで一気に加速しました。
    現在は、硝酸塩によって血管が拡張されると血圧が下がる等の明快な効果が得られるほか、心臓病、腎臓疾患、認知症の改善などにおいても効果を発揮することが分かってきています。つまり、ストレスによって収縮・劣化した血管を、ビーツによって拡張・修復して、「血管力をあげる」ことが期待できるのです。

    ユニコーン公式ページ、「パワーライブズ」紹介ページより

     このビーツの効果は健康促進だけではなく、スポーツのパフォーマンスアップにもつながることが分かっています。上記ビーツの効果を認めた機関にスポーツ関連のものが多いのはそのためと思われます。

     政府は健康寿命を伸ばすためにアスリート人口を増やす政策を進めています。ただ飲んだだけで健康促進だけではなく、運動も行うことで、さらなる健康促進という政策に沿った企業展開が期待できます。

    ユニコーン公式サイトへ

    硝酸塩血管拡張効果はバイアグラの効果と同じ!


    さて、上記ビーツの有効成分、硝酸塩の効果を紹介した箇所に

    1998年のノーベル生理学・医学賞を受賞したルイス・J・イグナロ博士らの研究において、ビーツに含まれる硝酸塩が体内で還元されて生成する一酸化窒素には血管を拡張して血流を促進する働きがあることが証明されたことで一気に加速しました


     という記述があります。メディアが受賞を伝える際には、イグナロ博士の研究は盛んに“バイアグラ”に交えて報道されていました。言うまでもなくバイアグラはED治療薬です。適切に飲んで、刺激を与えることによってペニスが勃起します(飲んだだけでは勃起しません)。

     そう!硝酸塩は血管拡張により健康促進をもたらしますが、これはバイアグラの効果と全く同じなのです。イグナロ博士の研究がバイアグラの礎となったのです。

     バイアグラは硝酸塩ではありませんが、一酸化窒素による効果が同一です。バイアグラと同等とまでの効果は望めないかもしれません、しかしビーツを日常的に摂取することにより、それなりの健康促進、回春効果が期待できます。おまけに副作用はありません。

    皆様、バイアグラを飲んだことがあるでしょうか?私はあります。

     確かに“効果”はありました。しかし血圧が自分でも感じられるほどほど下がり、気分が多少悪くなったことは事実です。狭心症の薬を飲んでいる人がバイアグラを飲むと死亡する事例さえあります。

    一方でビーツに関しては

    一部の効果が期待できる点や嗜好性等を考慮すると現行の一酸化窒素系サプリを一概に否定するつもりはありません。しかしながら、「効果」「安全性」という観点から言えば、ビーツには信頼できる研究機関やスポーツ界の権威機関の裏付けや後押しがあり、その作用機序はノーベル賞受賞学者によって証明されていること、かつ副作用・耐性のリスクが報告されておらず、人工的な添加物ではなく「天然食品」であるという点において、「唯一無二の」の存在であることから、商品としての優位性が高いと考えています。

    ユニコーン公式ページ、「パワーライブズ」紹介ページより

    と記されており、安全性が証明されています。

     健康食品として毎日摂取する有効性が認められて、安全とくれば青汁市場を打ち負かすポテンシャルをビーツは秘めています。

    ユニコーン公式サイトへ

    競争優位性、ビジネスモデル、事業計画


    07ユニコーン10号案件パワーライブス

     パワーライブズは上記奇跡の野菜“ビーツ”を原料とした健康食品を“機能性食品表示食品”のお墨付きを付けた上で、様々なネットワークを利用して販売します。

    知的財産、ノウハウの強みもあり、競争優位性を有しています。

    09ユニコーン10号案件パワーライブス

    アスリート向け製品、OEM受託生産用商品も展開予定です。

    11ユニコーン10号案件パワーライブス

     数多ある多汁販売会社を凌駕して、赤汁市場を開拓してトップリーダーの地位を握ることにより、3~5年後のIPOを目指します。

    ユニコーン公式サイトへ

    豪華な株主優待について


     今回の株主優待は募集企業に深く関わるものであり、なおかつ豪華です。

    初回は、株数(投資金額)に関わらず、当社の下記商品を贈呈する予定です。
    ①ビーツジュース粉末商品「Power Beat Spark」30包×2箱
    ②オートミール商品「Power Oats」1.2Kg×1袋


    とあります。

    13ユニコーン10号案件パワーライブス

     ビーツジュース粉末商品「Power Beat Spark」は、ユニコーン会員ならばもらうことができる、パワービート試供品(3.5g×5包)と同等品である可能性があります。

    ● 効果をはっきりご実感頂くためには、一度に2-3袋摂取していただくとより効果的です。
    ● ご摂取後2-3時間後に最も高い効果が得られ、その効果は12-24時間かけて徐々に薄れていきます。


    とまでの効果がある製品が60袋も!

    パワーライブズ社募集の詳細については、ユニコーン公式ページよりどうぞ

    ユニコーン公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/2275-a8b71b45