FC2ブログ

    再検査。大腸内視鏡検査の結果は大腸がん予告。 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » 愚痴 » 再検査。大腸内視鏡検査の結果は大腸がん予告。

    再検査。大腸内視鏡検査の結果は大腸がん予告。


    今年は新型コロナのおかげで会社の健康診断が2ヶ月ほど遅れました。

    便潜血

    その結果ですが“便潜血”が陽性となってしましましまいました(2回のうち1回)

     通常行う他の検査、胸部X線(CTスキャンの方が良い)、バリウム検査(胃カメラの方がよい)と違って便潜血は比較的、危険な病気を発見できる検査だと言われています。

    再検査(二次検査)で大腸内視鏡検査を受けてきました。

    前日から消化の良いものを食べる
    (検査日の朝食・昼食を抜くだけでよい)

    朝9時から午後にかけて、大量の腸管洗浄剤飲み干して腸内をキレイにする

    お尻の穴からカメラ(内視鏡を入れられて、大腸を隅々まで見られる)


    という、なかなか大変な検査です。

     私は6年前も便潜血がでたことにより、この検査を受けており、その時は特に痛くもなく、異常も認められませんでした。

    しかし今回はかなり痛かった!

     私は今年はじめに腸閉塞をやっているのですが、そのために“腸の動きを抑える薬”とやらを注射してもらえませんでした。

     そのせいか(医者の腕のせいか)、曲がりくねった大腸のとくに曲がったところを、カメラが通貨する時、かなりの苦痛でした。

     次回受ける問は鎮痛剤を打ってもらうか(+5千円)、無理をいっても前述の注射をしてもらおうと思っています。

    検査結果ですが……

     ポリーフが見つかりました。数年内に確実に大腸がんになるとのことで、紹介状を書いてもらい、より設備がととのった病院で切除してもらうことになりました。ポリーフの直径が6mm以下ならば、大腸内視鏡検査の際に除去できたそうですが、大きくて無理とのことです。

    ポリーフ(腺腫)

    なお、特殊なアプリでのみ見ることができる検査写真もCD-ROMに焼かれて同封されていました
    (下に添付します)。

     あと検査中は特に何も言われませんでしたが、複数の“大腸憩室”があると書かれています。ぐぐって調べて見ましたが、あるよりはない方がよい症状のようですが、特に心配するものでもなさそうです。

    ポリーフ1
    これがポリーフ

    ポリーフ2
    NBI(狭帯域光観察)というさらにガンや血管を見やすくなる光での観察

    大腸憩室
    これがおそらく大腸憩室

    どうやら便潜血を軽くみず、(痛い)検査を受けたことで大腸がんの危機を私は免れたようです。

    老後のためにお金を貯め、投資をしていてもその老後がなくなってしまっては、元も子もありません。健康には気をつけましょう。

    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    上場企業の収益事業で資産運用できるFundsに注目
    Funds

    株式型クラウドファンディングユニコーンでベンチャー企業投資に注目
    ユニコーン

    新しい不動産投資をあなたに提供するクラウドリアルティのまちづくりに着目


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額1000億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    信頼の証券会社、親会社が上場企業のSAMURAI FUNDは硬い投資案件をご提供
    SAMURAI証券


    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/2268-d2b93759