FC2ブログ

    maneo川崎案件、次の9月はどんな茶番がくるかな! - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » maneo » maneo川崎案件、次の9月はどんな茶番がくるかな!

    maneo川崎案件、次の9月はどんな茶番がくるかな!


     maneoマーケットの最大問題案件である川崎案件(これ以上の問題案件があるならば教えてください)、の進捗報告が昨日(2020/8/20)ありました。

    maneo川崎案件茶番

    前回からの追加報告はこれだけ

    裁判所より7月8日に不動産事業者CUの破産開始決定が下りた後、事業者C社は所定手続きにあたる債権届出を済ませております。
    現在、裁判所が選任した破産管財人に主管が移っております。
    今後、事業者C社は、破産管財人からの協力要請があれば、応じていくことになります。

    4.次回の状況報告について

    次回につきましては、9月中旬を目途に状況をご報告いたします。

    投資家の皆様には、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
    引き続き回収業務に全力を尽くしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。


     いかにもC社(リクレ)が投資家からの金を返さない不届きな不動産事業者CU(如月マネジメント)を破産させ、その債権回収に力をいれているかのように「装って」います。

    しかし如月マネジメントは単なるペーパーカンパニーです。こんな会社を破産させたって何も進展はないでしょう。

    参考
    maneo、川崎案件のアルデプロとの茶番、宝塚案件の強制執行も茶番では? その1

    maneo、川崎案件のアルデプロとの茶番、宝塚案件の強制執行も茶番では? その2

    回収業務に全力を尽くしますので

     この言葉が虚しく感じます。どうせ9月にはいっても、「投資貸金の回収」という意味で進展はないでしょう。

     私はmaneoマーケットにそろそろ失望しかけています。いつまでたっても案件回収にめぼしい動きは見られません。maneoマーケットは外部調査委員会が2020年3月に諸問題の「調査報告書」を発表しました。

     しかし、その報告書は分厚いだけで、核心部の「なぜそれが起こったのか?」は、「マンパワー不足により審査が不十分だった」という、ゴミのような報告しかされませんでした。

    実際には、アルデプロに○○が騙された、コシオが○○だった

    というのが、核心の理由でしょうが、それについてmaneoマーケットは一切口を閉ざしています。

     Jトラストグループの藤澤信義氏はmaneoマーケットを手にれていったい何をしたかったのでしょうか?maneoマーケットがもつ経営ノウハウ、顧客を手に入れ、新生maneoによる新規貸出、事業再興を行う。そう期待していた時もありました。

    しかし、その経営ノウハウもまた顧客もこれだけ期間が空けば失われているでしょう。

    やはり、藤澤信義氏の目的は

    債権安値ゲット、回収による莫大な利益ゲット

    なのでしょうか?

    参考
    maneoが債権譲渡で投資家を切り捨てる?過去に見られたJトラスト行動との一致 その1

    maneoが債権譲渡で投資家を切り捨てる?過去に見られたJトラスト行動との一致 その2

    どうせ9月も進展はないでしょう。そして時間を稼がれた投資家がまた一歩、はめ込まれる。

    これが繰り返されるのでしょう。

    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額1000億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    上場企業の収益事業で資産運用できるFundsに注目
    Funds

    新しい不動産投資をあなたに提供するクラウドリアルティのまちづくりに着目


    SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績1,300億円超え!SBIソーシャルレンディング

    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!ポケットファンディング
    Pocket Funding
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/2229-2b7a24af