FC2ブログ

    クラウドバンク、7月募集実績は驚異の66億円!全体の6割を喰らい尽くす - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » クラウドバンク » クラウドバンク、7月募集実績は驚異の66億円!全体の6割を喰らい尽くす

    クラウドバンク、7月募集実績は驚異の66億円!全体の6割を喰らい尽くす


    当ブログ恒例の投資型クラウドファンディング主要サービスの募集実績

    2020年7月の募集実績は約107億円です。
    大きく落ち込んだ5月(約45億円)、回復した6月(約82億円)から順調に回復しつつあります。

    詳細は後日報告します。

    今回取り上げたいのはクラウドバンクの超絶好調さです。
    7月の募集実績はなんと約66億2,500万円!

     投資型クラウドファンディング全体の約6割を占めるという、驚異的な数字を叩き出しました。

     クラウドバンクは同7月に累計募集額1,000億円を突破していますが、その突破する際に音速で壁をぶち破ってしまった感じです。

     なお、この月募集額66億2,500万円はクラウドバンクの最高記録です。2019年12月の約53億円を大きく上回りました。

     なお、maneoの最高記録が約60億7千万円(2018年5月)であり、これをクラウドバンクの記録は凌駕しました。

     クラウドバンクのライバルとも言えるSBIソーシャルレンディングの最高記録は約67億3千万円(2018年10月)であり、これにはわずかに及びませんでした。

     ただしSBIソーシャルレンディングが長く記録を更新できずにいるのに対して、クラウドバンクは2019年12月、そして今回と記録破りを続けており、勢いはクラウドバンクの方があるように思えます。

     一方でSBIソーシャルレンディングは累計募集額が7月時点で約1,414億円となりました。maneoの約1,644億円(2019年7月より1年以上更新なし)にあと一歩に迫っています。

    こちらも目が離せません。

    クラウドバンク驚異の月募集額66億円

     クラウドバンクの順調さは一度も投資家に損失を与えたことがない案件組成の巧みさ、常に潤沢にファンドを用意していつでも投資できる環境、そして荒川良々氏を採用したCMが功を奏しているものと思われます。

    このCM、モーサテでもよく流れており、なかなかインパクトのあるCMです。



    業界を牽引するクラウドバンクとSBIソーシャルレンディングに期待です。

    クラウドバンク公式サイトへ

    SBIソーシャルレンディング公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/2214-d524364e