FC2ブログ

    2020年6月主要投資型クラウドファンディング業者募集額報告 盛り返すが100億円には届かず - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » maneo » 2020年6月主要投資型クラウドファンディング業者募集額報告 盛り返すが100億円には届かず

    2020年6月主要投資型クラウドファンディング業者募集額報告 盛り返すが100億円には届かず


     7月も終わりに近づきました。「今頃」ですが2020年6月における主要投資型クラウドファンディング業者の募集実績を報告させていただきます。

    ソーシャルレンディング投資型クラウドファンディング2020年6月募集額

     2020年6月における募集額合計は82億6,502万円となりました。過去3年来の約45億円台に落ち込んだ先月(5月)よりはだいぶ回復しましたが、100億円からは遠い状況です。

     2020年に入っても月額100億円突破は3回あります。是非100億円以上は常にキープするまでに回復してほしいです。

     SBIソーシャルレンディングクラウドバンククラウドクレジットト、SAMURAI FundFundsが先月よりも大きく募集額を伸ばし貢献しました。

     CAMPFIRE Ownerssが久しぶりに募集を行い成立させて勢いづいており、その勢いが7月まで継続しています。CREALは大型案件を2月連続で成立させ、不特法不動産投資型クラウドファンディングの中で存在感を見せています。

     コロナの全面的な自粛期間は募集を控えていた株式投資型クラウドファンディングのFUNDINNOは募集再開後堅調に毎月案件を成立させています。

     5月はソーシャルレンディング勢が不調)でありソーシャルレンディングのシェアが75.9%まで落ち込みました。SYLA FUNDINGFANTAS fundingCREALRimpleといった不動産クラウドファンディング勢が頑張り、シェアを17.1%まで伸ばしました。

    ソーシャルレンディング勢が6月は頑張り、頑張り89.7%まで回復しました。

     不動産クラウドファンディングは相変わらず、募集が開始されれば即座に満額成立する状況が続いています。

    募集額が大きく多数派のソーシャルレンディング

    額は及ばないが人気の不動産ファンド、貸付ファンド(Funds)

    安定の株式型クラウドファンディング(FUNDINNOユニコーンイークラウド)


    が2019年と2020年の大体の傾向と言えそうです。

    ソーシャルレンディング投資型クラウドファンディング2020年6月累計募集額

     累計募集額は6,098億3,020万円となりました。現状のままでは次の節目とも言える7,000億円年内突破は難しそうです。一方でこの不安定な状況下でも底堅く募集を続けていることに頼もしさを感じます。

     各社とも案件組成には最大限気を配っており、硬い案件組成・説明に努めているように思えます。そうした努力が実を結んでいるといえるでしょう。

    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!ポケットファンディング
    Pocket Funding

    株式型クラウドファンディングユニコーンでベンチャー企業投資に注目
    ユニコーン

    1万円からプロが厳選した不動産に投資できるA Funding

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/2209-6fb08d66