FC2ブログ

    クラウドバンク募集額累計1,000億円突破!おめでとうございます。SBIソーシャルレンディングと繰り広げるデッドヒート、CM効果! - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » クラウドバンク » クラウドバンク募集額累計1,000億円突破!おめでとうございます。SBIソーシャルレンディングと繰り広げるデッドヒート、CM効果!

    クラウドバンク募集額累計1,000億円突破!おめでとうございます。SBIソーシャルレンディングと繰り広げるデッドヒート、CM効果!


     国内ソーシャルレンディングサービス開始3番手、累計募集額では業界2位、そして月募集額ではトップのSBIソーシャルレンディングをもしばしば抜いて1位になることがあるクラウドバンク。

    そのクラウドバンクの累計募集額が1,000億円を突破しました。おめでとうございます!
    ※以下全て当ブログの集計となります。

    クラウドバンク累計募集額1千億円突破_人気NO1

     クラウドバンクにつきましては、この新型コロナで自粛が続いた中でもほとんど募集額に落ち込みが認められません。今年の5月に投資型クラウドファンディング全体の募集額が45億円台と落ち込んだときも、20億円近い募集額を集めその安定感、投資家からの信頼度を見せつけました。

    今年に入ってからのその他の月募集額も30~50億円と2019年以上の募集額を誇っています。

    なおSBIソーシャルレンディングの2019年における募集額合計は約375億円、クラウドバンクは約348億円でした。

     この2020年1~6月の半年における募集額はSBIソーシャルレンディングが約200億円、クラウドバンクが約190億円、両者とも2019年を上回る募集額を計上しています。そして2者でデッドヒートを繰り広げています。

     なお、投資型クラウドファンディング全体の2020年入ってからの累計募集額は約550億円。なんとこの2者で全体の約71%を占めています。

    さてクラウドバンクが伸びている理由を考察します。
     
     クラウドバンクでは常に潤沢にファンドが用意されています。太陽光などの自然エネルギーが多い印象がありますが、実際には中小企業支援、米ドル建てのカリフォルニア不動産ファンドなども豊富です。

     上場企業が保証する硬いファンドも募集されることがあり、目を離せません。先日はそういったお宝ファンドをいち早く投資家に伝えるサービスを開始しました。

    クラウドバンク募集額1,000億円を前Twitteで案件告知を開始!記念案件を逃すな!

    クラウドバンク累計募集額1千億円突破_CM配信



     俳優の荒川良々氏を起用したCMもテレ東系のモーニングサテライトで配信中。WEBサイトには堂々と人気No.1を掲げています(日本マーケティング・リサーチ調べ)

    クラウドバンク累計募集額1千億円突破_5分で口座開設

    口座開設は5分ですみます。

     CMを見て会員となった方がいつでも投資できる環境を整えていること、また忘れてはいけないのはクラウドバンクはこれまで投資家に損失を生じさせたことがない!という揺るがない事実です。

    クラウドバンクの人気の理由はもっとあるでしょう。

     投資型クラウドファンディングに興味のある方は、まずこの超大手のクラウドバンク、そしてSBIソーシャルレンディングに会員登録することをお勧めします。

    両サービスとも1万円から投資可能です。

    クラウドバンク公式サイトへ

    SBIソーシャルレンディング公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/2203-0fb304c8