FC2ブログ

    ついに起こったmaneoの債権譲渡による大損失発生 Jトラスト藤澤信義氏がついに投資家に牙を向いたか? - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » maneo » ついに起こったmaneoの債権譲渡による大損失発生 Jトラスト藤澤信義氏がついに投資家に牙を向いたか?

    ついに起こったmaneoの債権譲渡による大損失発生 Jトラスト藤澤信義氏がついに投資家に牙を向いたか?


    maneoにおいて遅延案件における債権譲渡がいよいよ発生しました。あいにく私の遅延案件においては発生していません。ただしソーシャルレンディングウォッチのまさおさんが下記記事としています。

    maneoで初めて売却食らいました・・・。(まさおさん著)

    「事業性資金支援ローンファンド850号、851号(案件1:EO社、案件2:AN社)」において債権譲渡が発生したとのことです。

    ただし記事を読めば、まさおさんが「食らった損益はほぼ±0」であることがわかります。

     しかし「ソーシャルレンディングの歩き方」を運営されている小山数樹さんから、大きな損失をともなうmaneo案件における債権譲渡を食らったとの連絡がありました。

    maneoで債権譲渡―事業者C社が別のサービサーに債権譲渡―(小山数樹さん著)

    小山さんがmaneoで損失
    小山さんの記事より

    【事業者C社向け】東京都葛飾区エリア 不動産担保付きローンへの投資(第1次~第9次募集)

    における損失です。損失は

    投資した元本がどうなったかについては,みんなのクレジットの債権譲渡を想像してもらえばいいと思います。


    と小山さんは述べています。

     被害者の代表ともいえる小山さんが「みんなのクレジット」の名前を出すあたり、損失の大きさが伺いしれます。しかし具体的な額には触れられていません。

    2020/7/16 追記
    記事掲後小山さんから元本がかなりの部分戻ってきたと連絡がありました。小山さんの記事も修正されています。

    小山さん記事修正
    修正後の小山さんの記事より


    具体的な損失額について述べることをmaneoマーケットは投資家に禁じているとのことです。

     事業者の運営を妨害することならばともかく、なぜ投資家本人が投資したファンドの損失について口外することを禁じるのでしょうか?

     まさおさんも述べているとおり、「食らった損益はほぼ±0」であるのは一部です。実際に損失が確定していないだけで、もう元本の満足な回収は望めないファンドがmaneoにはたくさんあります。川崎案件はその代表的な例です。

    債権譲渡実施+損失額を発表することを投資家に禁じる。

    いよいよ本格的に自身に都合のよいように債権譲渡を行い、莫大な利益を得ようとしているように思えてしょうがありません。

     実際のところmaneoにおける遅延額よりも、他のファミリーの方が遅延合計額は遥かに大きいのです。maneoの債権譲渡は皮切り、狼煙、観測気球であり、いよいよmaneoファミリーの多額の遅延案件が債権譲渡されようとしているのかもしれません。

    その「莫大な利益」については下記記事に記しています。

    丁半博打で投資家に信頼を求めるクラウドリースとmaneoマーケットの愚、表に出たJトラストの野望

    そのままFACTAから引用させてもらえば・・・・

    藤澤氏の焼き畑商法

    こうした問題を百も承知の上で藤澤氏はmaneoを傘下に入れたに違いない。ここで思い起こされるのが、異形の金融グループを打ち立てた同氏の手法だ。06年の最高裁判決を機に吹き荒れた過払い金返還請求で貸金業者が青息吐息となる中、藤澤氏は誰も見向きもしないローン債権や破綻業者を様々な受け皿を駆使して底値で買い漁っていった。そして行ったのは債務者からの猛烈な回収。過払い金返還は渋り続けた。回収金は複雑な資金移動を経てJトラスト(旧イッコー)に集約されていった。新規融資で事業の継続や再興を図ろうとの考えは見られず、一種の焼き畑ビジネスだ。
    前出の関係者によれば、当局が懸念するのはmaneoでも同じことが繰り返される恐れである。貸金業の場合、損切りを迫られたのは銀行などプロの貸し手。が、ソーシャルレンディングでは異なる。泣きを見るのは一般投資家というわけだ。


    「maneo」買い叩いたJトラストの焼き畑商法 ソーシャルレンディング大手を2億円余で手に入れた藤澤信義はゼニ儲けの鬼。泣きを見るのは一般投資家か。(FACTA 2019年12月号 )より

    maneoマーケットにそのような暴虐を許すわけにはいきません。

    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    CAMPFIRE Owners

    1万円から始める新しい不動産投資クラウドファンディング
    CREAL

    信頼の証券会社、親会社が上場企業のSAMURAI FUNDは硬い投資案件をご提供
    SAMURAI証券

    30%の投資損失を東証一部上場穴吹興産引受るジョイントアルファで少額不動産投資検討を
    Jointoα(ジョイントアルファ)

    驚異の入居率99.8%のマンションへ気軽に少額投資ならばSYLA Funding へ!
    SYLA FUNDING

    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!ポケットファンディング
    Pocket Funding
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    No title

    藤澤氏は、今年、元宝塚の嫁との間に子供が
    生まれました。

    マネオで苦悩している投資家とは180度、別の世界にいて
    今は幸せの絶頂と思います。

    2020-07-15 23:22 │ from とくめいURL

    幸せを分けてほしいです。

    とくめいさんへ

    コメントをどうもありがとうございます。

    藤澤氏が宝塚出身の音花ゆり氏と結婚されたこと、
    音花ゆり氏が今年出産されたことはメディアでも報じられている公知のことですね。

    若い美人の奥さんをもらって子どもが生まれる
    (“奥さん”と“子どもが生まれる”の間に本ブログの品位を落とす
    表現を挟みかけましたが踏みとどまりました)
    本当に羨ましい限りです。

    maneoファミリーの投資家もその幸せを分けてほしいです
    (怨嗟・不穏当な表現を用いかけましたが踏みとどまりました)。

    2020-07-16 10:52 │ from ファイアフェレットURL Edit

    https://www.tsr-net.co.jp/news/tsr/20200715_01.html

    これは川崎案件ですよね。

    2020-07-16 21:41 │ from 匿名URL

    まさかあの会社とは・・・

    匿名さんへ

    情報提供どうもありがとうございます。

    ソーシャルレンディングで資金を集め注目を集めていた会社が倒産した
    ニュースのヘッドラインかなにかでチラと見た記憶がありますが、
    まさかあの会社とは・・・

    早速記事執筆を開始します(すぐ投稿できるかどうかはわかりません)。

    2020-07-17 13:05 │ from ファイアフェレットURL Edit

    GIL遅延

    こちらのサイトいつも閲覧させていただいております。
    この記事とも関連があると思われるGILの遅延ですが、このところ情報を目にしません。何かご存じありませんか。ありましたら教えてください。よろしくお願いします。

    2020-07-17 16:14 │ from 名無しさんURL

    近日、記事にしたいと思います。

    名無しさんへコメントをどうもありがとうございます。

    グリーンインフラレンディング(JCサービス)につきましては
    私も公になっている、あるいは当ブログで述べた以上のことは存じません。

    2020年にはいってからもJCサービスはマメに投資家への情報伝達を行っています

    内容は進捗がないどこか、コロナで展開が遅れているとの内容ですが・・・

    怠っていましたが、上記内容を記事にしたいと思っています。

    2020-07-19 12:38 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    maneo、GI、CL、GF、CFFで相当額をくらっている者です(maneoグループ外でもラキバ、トラレンでもやられてますが)。新経営陣になってからのmaneoには、藁にもすがる思いでわずかばかりの期待をしていた時期もありましたが、キャッシュフローファイナンスの多くの案件で法律事務所への回収委託費用として回収額の10-25%程度もの金額が回収金から勝手に拠出される一方、ファンド説明に記載されていた担保・保全がどうなったのかの問い合わせには一切回答しないという対応ぶりからもはや絶望しています。enjinの集団訴訟サービス自体が終了し、matomaで起案された案件も募集締切になった今、どうしたものかと心を痛めています。

    2020-07-21 12:19 │ from 匿名URL

    No title

    数時間前にCFFの件を投稿した者です。2年前のGIの不祥事発覚以来、maneoグループから次々と悪い夢だろうとしか思えないニュースが出るばかりで一向に光が見えず苦しい思いをしています。同様な状況の物言えぬ投資家が数千あるいは数万名いるのではと思っています。皆「maneoマーケットにそのような暴虐を許すわけにはいきません」という思いだと思いますが、今から我々にできることは何か無いでしょうか。投資家それぞれ被害額も異なり意向も違いがあるとは思いますがJトラストが投資家を見捨てるのはどの投資家も望まないと思います。行政には期待できないでしょうか。このままだと大幅な損失がすべて投資家に押し付けられ、借り逃げしたもの勝ちになる気がします。私も含めライフプランが崩壊してしまう人も多数出るのではと思います。もともとの原因は最初借り手保護策を決めた行政が糞案件の乱立の土壌を作ったことにありますが、今からでもせめて投資家保護にむけて強い指導なり救済措置なりを出せないのか、と願望してしまいます。maneoがホワイトナイトでは無さそうなJトラストの手に渡ってしまった今、老後資金はなくなったと考えざるを得ないのかと暗澹たる思いばかりに思考がとらわれてしまいます。愚痴のような投稿大変失礼いたしました。

    2020-07-21 13:19 │ from 匿名URL

    記事の形で回答します。

    匿名さんへ

    心のこもった投稿をどうもありがとうございます。

    今回答を執筆中です。

    記事の形の回答となると思いますが、
    しばしお時間をいただければ幸いです。

    2020-07-21 13:55 │ from ファイアフェレットURL Edit

    回答を投稿しました

    匿名さんへ、

    遅くなって申し訳ありません。

    回答を

    匿名さんからの質問、maneo遅延案件に今からでも行える救済方法はないか?への回答
    https://quadstormferret.blog.fc2.com/blog-entry-2207.html

    に記しました。

    2020-07-27 09:49 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/2199-77591785