FC2ブログ

    Fundsがauカブコム証券と本格提携、FinTechは新型コロナの救世主となれるか? - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » Funds » Fundsがauカブコム証券と本格提携、FinTechは新型コロナの救世主となれるか?

    Fundsがauカブコム証券と本格提携、FinTechは新型コロナの救世主となれるか?


    案件組成まで踏み込んだ本格的な業務提携


    4月21日、Fundsの運営会社ファンズ株式会社がauカブコム証券株式会社と資本・業務提携したことを発表しました。

    Fundsがauカブコム証券と提携01

    貸付投資のFunds、auカブコム証券との資本業務提携及びファンドの共同販売に向けた合意書締結のお知らせ 〜「Funds for auカブコム」の検討も開始〜(2020/4/20 Funds WEBサイト)

     両社が提携することにより2020年中に「Funds for auカブコム」というサービスが始まります。内容としては

    1.本サービス及びFundsを通じたファンド持分の共同販売

    2.auカブコム証券の関連企業が組成する新規ファンドの募集


     とされています。1につきましては、auカブコム証券の投資会員がFundsの案件に投資できるようになるという意味かと思います。

    2.のauカブコム証券関連企業の案件組成がFundsで行われるというのは注目しています。

     証券会社と提携した投資型クラウドフファンディング運営業者はFundsが初めてではありません。これまでmaneoがGMOクリック証券、オーナーズブックが松井証券と提携してきました。

    ただし、maneo、オーナーズブックともに形は違えど

    1.本サービス及びFundsを通じたファンド持分の共同販売

    の段階でした。

    2.auカブコム証券の関連企業が組成する新規ファンドの募集

    が行われるとしたら、より本格的な業務提携といえるしょう。注目しています。

    Funds 公式サイトへ

    FinTechは新型コロナで資金繰りに喘ぐ企業を救えるか?


    Fundsがauカブコム証券と提携02

    Fundsとauカブコム証券の提携は日経新聞でも取り上げられています。

    ネット証券、クラウドファンドに本格参入 auカブコムは新興勢と提携 SBIは「株式型」開始(2020/4/23 日経新聞)

    私がこの記事で注目と感じたのは次の一文です。

     ファンズのCFでは、1〜2年の運⽤期間で年2%前後の予定利回りと決めるケースが多い。新型コロナウイルスの影響で⼿元資⾦の確保を急ぐ企業の利⽤も増え、ファンズで調達を検討する企業は4⽉に既に21社と1⽉から倍増したという。

    ※ファンズではなくFundsが正式名称

     新型コロナが影響を与えたFinTechはFundsだけではありません。AIがオンラインで審査して銀行よりも早く融資するサービスにも資金繰りを心配する企業が殺到していると日経新聞、WBS、モーサテが先月末に報じていました。

    中小、スピード融資に殺到 新型コロナで資金繰り難(2020/3/24 日経新聞)

     新型コロナでFinTech業界が盛り上がるのは結構です。しかしやはりこのような未曾有の危機下、融資においては貸し倒れを心配する必要があります。例えば海外のオンライン融資で著名なLending Clubなども、オンライン融資における審査が思った以上の貸し倒れを起こし、苦境に陥ったことがあります(今は知りません)。

     審査アルゴリズムに不備があり、とうてい返せないところにまで融資してしまったことが原因と聞いています。

     実際につい先日NHKが新型コロナの影響で不渡りを起こす企業が増加していると報じています。

    新型コロナで資金繰り厳しく 手形の「不渡り」が倍増(2020/4/22 NHK)

     FinTechが盛り上がるのは結構ですが、上記オンライン融資の盛り上がりは開けてみたら、とんでもない貸し倒れの嵐となってしまう可能性もなくはないのです。審査アルゴリズムが新型コロナの影響を織り込んでいない限り。

    これでは新型コロナの救世主とFinTechはなれません(融資先はいくらか助かるでしょうが)。

     Fundsはオンライン融資ではなく、あくまでファンド組成企業を徹底的に調査・審査する方法で案件の安全性の担保を図っています。また徹底したコンプライアンス、社内体制の構築を図っています。こうした体制ならば新型コロナの影響下でも、融資してOKな企業が厳選され、案件組成されると期待しています。
     
    Funds、オンライン融資、こういったFinTech勢は新型コロナを僥倖とできるのか?に注目しています。

    Funds 公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/2160-bcd57fb2