FC2ブログ

    ラッキーバンクが案件の事前通知を宣言しました - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ラッキーバンク » ラッキーバンクが案件の事前通知を宣言しました

    ラッキーバンクが案件の事前通知を宣言しました


    今日は本当に短く更新です。

     ラッキーバンクが案件提出と募集の事前予告を行うことを宣言しました。

    2015/5/1に投資家へ送信されたメールにそのことが書かれています。
    2015y05m15d_111046644.png

     これまでラッキーバンクは案件提出にあたって、予告をしたりしなかったりまちまちでした。しかしこれからは案件提出にあたり、情報を公開してすぐには金額募集をおこなわず、募集開始時刻を予告して、投資家に案件を吟味してもらう体制にしたようです。私は上記の5/8の募集に参加したのですがいわゆる「クリック合戦」に見事に敗れました。

    しかしその敗れたすぐ後に救済措置を伝える以下のメールがラッキーバンクから送付されました。

    2015y05m15d_111103231.png

     そしてその救済措置により5/9の募集には運良く参加することができました。この救済措置が全ての人に対して都合の良いものでは無いこととは承知しておりますが、素直に喜びたいと思います(身勝手で現金ですね)。

    さて1投資家のとしての意見ですが、私は案件予告をしたほうが良いのではないかという立場です。

     ラッキーバンクからのメールにあるとおり投資案件を吟味する時間も必要だと思いますし、投資機会が勤め人にも専業にもフェアに与えられる傾向が大きくなるかと思うからです。早い者勝ちが本当にフェアかどうかは別の議論が必要かもしれませんが。

    サーバーの負荷など別の問題があるのかもしれませんが、私は門外漢なので言及しません。

     現在各社ともいかに投資家の欲求に応え、商品開発、その他様々なサービス、工夫を思案していると思います。そこには成功も失敗もあるでしょう。ぜひぜひ頑張っていただきたいものと思っています。

     近頃、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)という新しいサービスの黎明期に立ち会い、観察を続けられたことを幸運と思う機会が増えました。この幸運が続き、さらに大きくなってくれることを切に願わずにいられません。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年8月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo:約466万円
    2.AQUSH : 約49万円
    3.クラウドバンク: 約234万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約82万円
    5.クラウドクレジット:約263万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:329万円
    8.LCレンディング : 約59万円
    9.ガイアファンディング : 約173万円
    10.トラストレンディング : 約200万円
    11.クラウドリース : 約85万円
    12.スマートレンド : 約34万円
    13.グリーンインフラレンディング:約217万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約64万円
    15.TATERU Funding:50万円
    16.クラウドリアルティ:30万円
    17.ポケットファンディング:約64万円
    18.アメリカンファンディング:約53万円
    19.キャッシュフローファイナンス:約53万円
    20.アップルバンク:約53万円
    21.プレリートファンド:約83万円
    22.エメラダ・エクイティ:70万円
    23.SAMURAI: 95万円
    24.LENDEX:50万円
    (総額:約2,887万円)

    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!ポケットファンディング
    Pocket Funding

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/216-9651badc