FC2ブログ

    クラウドリース破産、負債総額120億円が示す絶望、親会社のダーウィン、株主のmaneoにどれほど期待できるのか? - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » クラウドリース » クラウドリース破産、負債総額120億円が示す絶望、親会社のダーウィン、株主のmaneoにどれほど期待できるのか?

    クラウドリース破産、負債総額120億円が示す絶望、親会社のダーウィン、株主のmaneoにどれほど期待できるのか?

    2020/4/7追記
    ※本記事は読者様からいただいたコメントをもとに初掲載時より大幅修正あります。


    想定外の負債額


     クラウドリース破産において、maneoマーケット、パルティール債権回収株式会社が債権をどのようにするのか注目していると下記記事で書きました。

    クラウドリース破産決定 どれだけ戻ってくるのか?

    しかし下記2社の記事を読むとそんな呑気なことは言ってられなくなります。

    クラウドリース破産東京商工リサーチ

    (株)Crowd Lease ~一般投資家約4000名を巻き込む~(東京商工リサーチ)

    株式会社Crowd Leaseソーシャルレンディング業者破産手続き開始決定受ける(帝国データーバンク)

    (株式会社Crowd Lease)ほか2社は4月1日、破産開始決定を受けた。(中略)
    負債総額はCrowd Leaseが一般投資家3784名を中心に56億568万円、3社合計は約120億円。

    東京商工リサーチ記事より

    こうしたなか、1月7日に(株)Crowd Leaseが資金調達のために使用していたソーシャルレンディングプラットフォーム運営会社が、(株)Crowd Leaseに対して破産の申し立てを行い、審尋が進められていたが、3月17日に(株)Crowd Leaseが東京地裁へ自己破産を申請、3月27日には関係会社2社も自己破産を申請していた。

     負債は変動している可能性があるが、3社合計で債権者約3800名に対し、約112億円が見込まれる

    帝国データーバンク記事より

     私は投資家の遅延金額約56億円が負債(債務)のメインかと思っていました。しかし実際には3社合計ですが2倍もの負債を抱えていたのです。倒産処理においては債務者の資産は債権者の債権額に応じて按分分配されなければいけません。

     投資家全員とほぼ同等の権利をもつ少数の債権者がどのようにこの処理に関わってくるのか?気になります。具体的にどの3社のどこがどれだけ負債を抱えているのか?破産時には3社いっぺんに按分するのかはわかりませんが。

     しかしmaneoマーケットは負債額がこれほどの額とは、破産申立呼びかけのときには教えてくれなかったはずです。教えてもらっていたら、どれだけの申立が投資家から出たのか?もっと少なかったのでは?と思います。

     クラウドリースを破産させたら、その資産をほとんど投資家だけで山分けできるのでは?と考えていた人が多いのではないでしょうか?

     ナニワ金融道に倒産処理の際に、架空の債権者を作り出す。倒産処理の際に、突如現れた架空債権者が多くを持っていってしまう(未遂)という詐欺の話がありました。はっきり言って騙されたその他債権者の気分です。

    Intermission


    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    Funds 公式サイトへ

    maneoは債権放棄をして誠意を見せては?


     そもそも、100億円以上の負債を抱えての倒産なんてなかなかお目にかかれません。そんなに負債をかかえる余裕が3社にあったというのでしょうか?

     120億円の債務のいくらか(少額か多額かはわかりませんが)maneoマーケットのものでしょう。債権放棄をしてその分を投資家に回してくれれば、なによりもの誠意を示す機会になるかと思います。

    ポケットファンディング公式サイトへ

    ダーウィンの保証、maneoマーケットの資本参加はどれだけあてになる?


    さて破産するのは

    ㈱Crowd Lease
    ㈱Crowd Capital
    ㈱Crowd Fund


    の3社でありソーシャルレンディングに関わっていた会社のみです。親会社のダーウィンの名前はありません。

    ダーウィンがクラウドリースの親会社であるということ、その保証があてにできることはクラウドリース自ら明言しています。

    参考
    投資家セミナー レポート(Q&A)(クラウドリースブログ 2016/9/6)(魚拓1魚拓2魚拓3)

    クラウドリースはダーウィンが保証

    なんとmaneoも2016年の段階で「一部」資本参加している(株主である)と書いてあります。

    Q、LCレンディングはロジコムという上場会社の後ろ盾があるが、クラウドリースにそういった保証はあるか?

    A.親会社であるダーウィンが後ろについています。また自社でも17年間飲食店をやっていることから知見やノウハウを多く保持しております。


    とまで言い切っているのです。まさか投資家に大損させて、ダーウィンが無傷ということはないでしょうね?

    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    1万円から始める新しい不動産投資クラウドファンディング
    CREAL

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつデフォルトに配慮した案件を多数用意



    信頼の証券会社、親会社が上場企業のSAMURAI FUNDは硬い投資案件をご提供
    SAMURAI証券

    社会課題解決を目指すソーシャルレンディング


    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    No title

    残念ながら、親会社が子会社の債務を保証する義務はありません。
    http://lawyer.hassy.info/2019/06/14/post-427/

    但し、ダーウィンが債務保証をしていれば話は別ですが、
    募集要項に親会社が保証している旨の記載は記憶にありません。
    Q&Aでも「ダーウィンが後ろに着いている」とは書いてありますが、
    保証しているとは書いてありません。
    確かに誤認させるような表現であることは否めませんね。

    maneoが資本参加していても保証する義務はありません。
    親会社と同じロジックです。
    株主が投資額以上の責任を負わなければならないなら、
    株式市場で株式投資する人は居なくなりますよ。
    それは上場企業であっても未上場企業であっても同じです。

    あと、そのダーウィングループは武谷氏と全く関係がない会社です。
    ちゃんと調べて掲載しないと風評被害で問題になりますよ。

    2020-04-07 20:35 │ from ブログを拝見しましたURL

    ご指摘、どうもありがとうございます。

    ブログを拝見しましたさんへ

    コメントをどうもありがとうございます。

    会社のもつ財産は保有株式割合に応じて
    株主のものであると認識しており、負債も同様と考えていました。

    しかしよくよく考えてみればブログを拝見しましたさんのおっしゃるとおりであり出資額以上の責任を株主が求められるという考え方のほうが間違えています。

    ダーウィングループが武谷と関係ないとのご指摘どうもありがとうございます。

    調査不足でした。記事を修正いたします。

    あらためてどうもありがとうございました。

    2020-04-07 20:59 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    いつも拝読いたしております。
    私、クラウドリースでそこそこ被害を受けておるものです。
    去る21日にクラウドリースのマイページにて、ご質問及びその回答のQ&Aが公表されましたので、この件についてブログが更新されると思いまっておりましたが、特に更新されるご様子ではなかったのでコメントさせていただきました。
    本内容で新しくブログを更新いただけたら、同じく被害者の方々とも情報共有が出ますので、参考にさせていただきたく是非ともお願いいたく存じます。
    宜しくお願いいたします。

    2020-04-24 12:50 │ from クラウドリース被害者URL

    全力で記事執筆にあたることをお約束します

    クラウドリース被害者さんへ

    コメントをどうもありがとうございます。

    クラウドリースブログのブログ私も確認しましたが、
    2月13日より更新は途絶えている様子です。

    ご依頼の主旨がいまいちわかりかねますが、
    もしクラウドリースのブログが更新されたら、
    全力で記事執筆にあたることをお約束します。

    語るに価値のある更新であることが前提ではありますが。

    2020-04-24 14:08 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    説明が足りませんで大変失礼しました。

    クラウドリースHPの「破産管財人からのお知らせ」にて、投資家からのご質問に対する回答をQ&A形式で公表されましたが、この回答内容についてFF様が辛辣なコメントをされるものだと思っておりました、ということです。

    クラウドリースHP
    株式会社Crowd Leaseに対する破産手続に関するお問い合わせについて(破産管財人からのお知らせ)
    https://www.crowdlease.jp/information/news?id=3185

    2020-04-24 14:20 │ from クラウドリース被害者(再)URL

    理解いたしました。記事の形で回答いたします。

    クラウドリース被害者様

    丁寧なご教授、まことにありがとうございます。
    理解できました。

    長くなりそうなので、記事の形で回答いたします。

    ご期待されている辛辣な内容にはなりそうはありません。
    Q&Aはクラウドリース関係者ではなく、
    破産管財人の福田弁護士によるものなので。

    ただ重要な考察を行うことができました。
    記事でお伝えしますので、しばらくお時間をいただければ幸いです。

    2020-04-24 15:58 │ from ファイアフェレットURL Edit

    No title

    管財人福田弁護士のQ&AについてFF様の意見を聞きたかった理由は、福田弁護士がmaneoマーケットの瀧本元代表及び舩津監査役と繋がりがあり、maneoマーケット寄りの弁護士であるかのような書込みが散見されるからです。
    Q&A一つ一つを、そのまま鵜呑みにして良いのか、FF様なりの解説をしていただきたかった、というのが主旨でございます。

    記事の公開お待ちしております。

    2020-04-24 16:22 │ from クラウドリース被害者(再々)URL

    滅多なことは書けません

    クラウドリース被害者さんへ

    その噂、社外取締役云々についての噂は私も目にしています。

    ただし、その3者のつながりがどの程度重視してよいものなのか、
    私にはわかりかねます

    社外取締役が重視されているところもあれば、
    はっきりいて体裁を整えるためのお飾りである場合も多見されるからです。

    福田弁護士がmaneoマーケット、ないしつながりのある機関から
    選任されたならば私だって疑いの目を向けます。

    しかし東京地裁から選任されている以上、
    とうてい私から滅多な話はできません。
    行政・立法はともかく、司法までがそこまで腐りきっているとは思えません。

    記事公開前に疑問にお答えしておけば、
    福田弁護士のQ&Aを鵜呑みにすることはできません。

    一方で福田弁護士を選任したのが司法であるという
    揺るがない事実がある以上、便所の落書き掲示板でない
    当ブログ記事においては、滅多なことは書けません。

    ご理解をいただければ幸いです。

    2020-04-24 20:18 │ from ファイアフェレットURL Edit

    それで結構です

    畏まりました。
    それで結構ですので、ご解説をお願いいたします。

    2020-04-24 22:25 │ from クラウドリース被害者(再々々)URL

    ご回答が遅れて申し訳ありません

    クラウドリース被害者様へ

    ご回答が遅れて申し訳ありません。

    回答は下記記事に記しましした。


    クラウドリース破産管財人福田弁護士発表Q&Aに対する所感、負債総額112億円はほとんど投資家債

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/blog-entry-2162.html権か?

    2020-04-29 16:12 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/2146-89580f7d