FC2ブログ

    新型コロナに負けない!FUNDINNOが投資家登録だけでAmazonギフト券1,000円プレゼント開始! - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » FUNDINNO » 新型コロナに負けない!FUNDINNOが投資家登録だけでAmazonギフト券1,000円プレゼント開始!

    新型コロナに負けない!FUNDINNOが投資家登録だけでAmazonギフト券1,000円プレゼント開始!


     FUNDINNOが「こんな時だからこそ」、日本を明るくするキャンペーンとして「会員登録」だけでAmazonギフト券1,000円をプレゼントするキャンペーンを開始しました。

    FUNDINNO新型コロナに負けないキャンペーン


    こんなときだからこそ起業家を応援したい


     キャンペーン期間は4月1日から4月30日までです。人数制限はありません。なぜFUNDINNOは投資家にとって苦しい時期であるこの時期にこのキャンペーンを実施するのか?

    代表メッセージ:
    なぜ今回このキャンペーンを実施するのか?

    このような時期であるからこそ、将来の日本を支える起業家様をサポートするためにも通常通り案件の開示を続けていきたいと考えています。その理由としては以下の通りです。

    ・起業家様が資金調達の時期を遅らせることは、変革の未来がそれだけ停滞してしまうこと。
    ・エンジェル投資においては、長期的な視点に基づいた投資タイミングが重要であるため。

    FUNDINNOにおいては、審査を通過した起業家様のみが、開示される仕組みになっております。この厳しい市場環境ではありますが、あらゆる場面においても戦い続けることができる起業家の皆様と共に、JCCとして、これまでと同様に変わりないサポートをして参りたいと考えております。

    代表取締役CEO:柴原祐喜
    代表取締役COO:大浦学

    FUNDINNO公式サイトより

     とあり、このような新型コロナで苦しいなかこそ、起業家をサポートするために案件募集を行う決意が書かれています。またいかに、厳しい審査を行い、それを通過できた企業のみがFUNDINNOで募集できる体制を整えていることを強調しています。

    FUNDINNO公式サイトへ

    当日口座開設可能は投資型クラウドファンディングでは初めて


    キュンペーンに加えて、FUNDINNOが注目するべき新たなシステムを導入したことに触れたいと思います。

     FUNDINNOでは新システムの導入により、最短当日で口座を開設することが可能になりました。投資型クラウドファンディングにおいて、口座開設を当日可能とするサービスの導入は、私の記憶に間違いがなければ初めてです

    FUNDINNO1日口座開設可能

    参考
    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO(ファンディーノ)を運営する日本クラウドキャピタルにて オンラインで本人確認を完結する「LIQUID eKYC」を導入(2020/3/16 LIQUID WEBサイト)

    日本クラウドキャピタルは「LIQUID eKYC」を活用することで、スマホで口座開設手続きが完了します。これまでは郵便受取による本人確認が必要なため、口座開設のお申し込みからお取引までに約5営業日程度の時間が必要でしたが、「LIQUID eKYC」の導入によりオンラインですべての口座開設手続きが可能になり、最短当日に口座開設が可能となります

    「LIQUID eKYC」は、犯罪収益移転防止法施行規則の改正(2018年11月30日施行)に基づく、オンラインで本人確認を完結するeKYC(施行規則6条1項1号ホ)に対応し、スマートフォンで本人確認書類と容貌(顔)を撮影するだけで本人確認が可能になるものです。


    とのことです。当日開設のためには、写真撮影機能を持つスマートフォンが必要となります。

    FUNDINNO公式サイトへ

    さらなる魅力的な案件組成の自信の現れか


     繰り返しになりますが、当日口座開設は投資型クラウドファンディングにおいて始めてです。投資商品に幅を広げても証券会社で即日可能なのはDMM(翌日ならば他に4社)、FXならばみんなのFX、LightFXくらいしかなさそうです。

    なぜFUNDINNOは当日口座開設を可能とするサービスを導入したのか?

    投資型クラウドファンディングの特徴として「その商品をあつかっているのは基本その会社だけ」というものがあります。

     特にFUNDINNOはその案件に将来が有望であり、IPOを狙う企業の未公開株、ないし株式予約権を手に入れられるとあって、独自さは投資型クラウドファンディングの中でも際立っています。

    FUNDINNO2万円突破
    FUNDINNOプレスリリース「国内取引量No.1!日本初の株式型クラウドファンディング『FUNDINNO』を展開する日本クラウドキャピタル   2年8カ月で登録ユーザー数が2万人を突破」より

     2019年12月には投資会員が2万人を突破しています。有望な未公開株に投資を希望する需要が旺盛であることがわかります。

     あの会社に投資したかったのに口座開設が間に合わなかった!という投資家の声が多く、このようなサービスを導入したのでは?と考えています。

     FUNDINNOは過去3ヶ月月2億円弱の募集を順調にこなしています。この投資家員登録キャンペーンは先の代表メッセージにもあるとおり、通常どおりに案件募集を行う決意と言えそうです。

    FUNDINNO公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/2141-68b32439