FC2ブログ

    2020年3月遅延報告 なぜかmaneoと生じる違い 何も利益をもたらさない600万円 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディング収益報告 » 2020年3月遅延報告 なぜかmaneoと生じる違い 何も利益をもたらさない600万円

    2020年3月遅延報告 なぜかmaneoと生じる違い 何も利益をもたらさない600万円


    遅延案件のまとまった償還があったことを報告した先日の記事

    2020/2/4 遅延案件元本の多額の償還(30万円)がありました。一部損失(3.5万円)と共に

    以来怠っていた遅延報告をいたします。

    00遅延額2020年2月

    01遅延額2020年2月

     AQUSHの遅延が一部解消されたこと、またリバランスを考えて現金資金を引き上げたことから全体の投資額は500万円減少しました。

     またそのことにより高利回り案件への投資割合が40%まで大きくなっています。これはただ遅延金額を動かせないだけで、高利回り運用会社に投資したわけではありません(そもそも投資できません)。

     これからは不特法不動産投資型クラウドファンディングへの投資額を増やしたいと思っていますが、抽選に外れる、先着に外れる。抽選に当たっても、どうしょうもないミスでフイにする・・・といったことが続いています。

    参考
    謝罪記事!FANTAS Fundingで抽選当選!30万円振り込みでも投資失敗という痛恨のミス!

    03遅延額2020年2月

    AQUSH以外に金額増減はありません。


    04遅延額2020年2月

     さて、上記表では私はmaneoの遅延額合計は99万4,336円と計算していますが、実際にmaneoのマイページで表示される「うち、延滞中貸出元本金額」は99万1,394円となっています。

    06遅延額2020年2月

     これは(なぜか)maneoが返そうとしない「内、税引前利益」つまり分配も含めた額である「未回収金額合計」を私が含めて計算しているからと思われます。

    なお、他の遅延maneoファミリーにおいてはこのようなズレは生じていません。

    10遅延額2020年2月

     投資額が減ったのに遅延額はほとんど減っていないため、全体の遅延割合が40%ということになっていますが、見かけだけであり大きな違いはありません。

    むしろAQUSHの遅延額が大きく減ったので良くなっているといってよいでしょう。

     高利回り案件、遅延していない35万円は株式型クラウドファンディングのエメラダ・エクイティにおける、ファーイーストブルーイング社への投資です。現状は利益を生み出していません。高利回り案件へ投資額を増やしがちな人の戒めになれば幸いです。

    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    fundsで1円からおまかせ資産運用・口座開設無料
    Funds

    SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績1000億円超え!SBIソーシャルレンディング

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額800億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook

    信頼の証券会社、親会社が上場企業のSAMURAI FUNDは硬い投資案件をご提供
    SAMURAI証券
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/2120-313a6cad