FC2ブログ

    新不動産クラウドファンディングRimpleの会員登録はその名のとおり「シンプル」。でもユニーク - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » RIMPLE » 新不動産クラウドファンディングRimpleの会員登録はその名のとおり「シンプル」。でもユニーク

    新不動産クラウドファンディングRimpleの会員登録はその名のとおり「シンプル」。でもユニーク


    2020/2/10 新サービスRimple、東証一部+少額不動産投資+永久不滅ポイントをアピールして登場
     
     で紹介した新不特法不動産投資型クラウドファンディング、Rimpleへの会員登録を早速すませました。

    審査にパスすれば投資をすることができるようになります。

     これまで数十の金融商品取引業者への会員登録を済ませてきた私ですが、Rimpleでは少しユニークな4点ほどありました。

    ご紹介します。そのユニークな4点とは

    1.すべての銀行を銀行口座に登録できるわけではない

    2.銀行のカード、通帳の写真、勤務先の情報は求められない

    3.審査の際の投資経験報告はごく簡単、でもライバルに投資したことがあるかどうかは尋ねられる

    4.仮会員登録最初の段階で、身分証明書写真が必要


     です。会員登録説明の流れのなかで説明いたします。ただしユニークなだけで、本当にシンプル、最低限の情報しか求められないので、すぐに会員登録を済ませることができるでしょう。

    Rimple 公式サイトへ

    A公式サイトから、「会員登録」をクリック


    01Rimple会員登録

    公式サイトの「会員登録」をクリックしてください。

    B メールアドレ登録


    02Rimple会員登録

     まず、メールアドレスを登録します。大抵のサービスではこの時点で仮会員登録が済み、登録したメールアドレスに本会員登録の案内メールが送られることが多いです。

     しかしRimpleにおいては、仮会員登録の段階で、審査に必要なすべての情報を入力するユニークな仕様となっています。

    その代わり、その情報は前述したとおり、ごく簡単、シンプルなものです。

    C 個人情報入力


    03Rimple会員登録

     メールアドレスの登録が終わると個人情報入力となります。名前、住所、電話番号、職業、だいたいの年収・保有金融資産といった最低限のものしか求められません。たいてい尋ねられる勤務先の社名、住所、また外国人かどうかも尋ねられません。

    04Rimple会員登録

     銀行口座を登録します。都市銀行、地方銀行はほとんど登録可能なようですが、私が投資の際にメインで利用している韓国資本のSBJ銀行は登録できませんでした。私が知る限り、同銀行を登録できないサービスは初めてです。大抵はここで銀行口座のカード、もしくは通帳の写真を求められますが、Rimpleでは求められませんでした。

    05Rimple会員登録

     投資経験ですが、4つの投資(商品)の経験があるかのみ尋ねられます。投資年数は尋ねられません。

     ただし、不動産投資をしたことがあるか、またRimpleと同じ「不動産特定共同事業の商品」の投資経験の有無は尋ねられます。Rimpleのライバルにおける投資経験があるかを尋ねているのであり、ユニークです

     身分証明書の裏表の写真も求められます。仮会員登録の段階でここまで求めるサービスは珍しいかもしれません。ただしマイナンバー、マイナンバーカードの写真は求められません。

     証明書写真こそ求められるものの、全体的な情報入力量は最低限です。考えてみたら投資型クラウドファンディングにはインサイダーなどありえないのですから、情報は最低限でよいのかもしれません。

    D 仮会員登録完了、本会員登録まで


    10Rimple会員登録

    上記情報をすべて入力すると、仮会員登録が終わります。

    06Rimple会員登録

    この時点で初めてRimpleからメールが届きます。

    「アカウントメール認証」を必ず押すようにしてください。

    07Rimple会員登録

     「会員登録が完了しました」と表示されます。入力した個人情報に基づき審査が行われ、パスすれば投資することができます。

     全体を通じて、Rimpleの会員登録は本当にシンプル、手軽でした。ユニークであり楽しむことができました。

     Rimpleは不動産(Real Estate)とシンプル(simple)から名前を取っていますが、徹底した手軽さを投資家に提供する方針でやっているのだと、感心させられました。

    Rimple 公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/2086-ff2685b5