FC2ブログ

    クラウドリース破産において、Jトラストが債権を安く買い叩くはずがないとのご意見に対して - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » クラウドリース » クラウドリース破産において、Jトラストが債権を安く買い叩くはずがないとのご意見に対して

    クラウドリース破産において、Jトラストが債権を安く買い叩くはずがないとのご意見に対して


     当ブログの先日のクラウドリースブログにおける、maneoマーケットに対する反論に触れた記事において、匿名さんから下記のコメントをいただきました。

    匿名さんのコメント Jトラスト安値買取はありえない

    武谷氏は、jトラストが、安く買い叩くと主張してますが、そうなれば、金融庁は、マネマ、サムライにも業務停止命令の処分を下すでしょう。合理的に考えて、マネマがそのリスクをとるとは思われません。破産管財人は裁判所が選ぶもので、破産管財人が裏でjトラストと握ってるなんかある訳ないじゃないですか


    投資家間で広く情報共有したいので、記事の形で回答いたします。
    ※以下回答

    匿名さんへ

    コメントをどうもありがとうございます。

     Jトラストに債権が安く買い叩かれる可能性は低い、ありえないとのご意見ですね。匿名さんのおっしゃるとおり「破産管財人が裏でjトラストと握ってるなんかある訳ない」[ママ]と仮定して、回答いたします。

    その可能性はおおいにありえる。油断は大敵である。

    というのが私の意見です。理由は以下2つあります。

    1.買いたたきが行政処分の対象になるかが疑問


     ラッキーバンクが行ったように入札に参加しようとしていた業者を意図的に排除し、Jトラストが安く買い叩けば行政処分の対象になる可能性もあるかと思います。ただしブログを読めばわかるとおり、入札希望者がほとんど現れないだろうことは、クラウドリース自身が認めています。

     Jトラストしか入札者がない場合、たとえJトラストが安く買い叩いたとして、行政処分の対象となるのか疑問です。

     また、ラッキーバンク、みんなのクレジットにおいて債権をバーゲン販売したのは金融庁の監督下にある彼ら自身です。しかし破産後、匿名さんのおっしゃるとおり、裁判所が選んだ破産管財人が債権を処分するならば、なぜmaneoマーケットとSAMURAI Fundが行政処分を受けるかがわかりません。

    Intermission


    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    クラウドバンク公式サイトへ

    2.Jトラストは過去も同様の債権安値買取を行い莫大な利益をあげている


     FACTA2019年12月号、Jトラストがmaneoマーケットを買収したことに触れた記事を読むと次のようなことが書かれています。

     2006年の最高裁判決を根拠に、過払い金請求の嵐が吹き荒れ多くの金融業者が青息吐息となりました。

    藤澤氏はそんな中、だれもが見向きもしないローン債権や破綻金融業者を底値で買いあさりました。

     そうして安値で手に入れた債権を猛烈に債務者から回収することによって利益をあげたのです。いうまでもなく、これらの手法は合法です。同じ機会に恵まれたとして、Jトラストがそれを繰り返す可能性をなぜ排除するのか?私にはそれこそ疑問に感じます。

    ※より詳細を知りたければFACTA同号をお読みください。今回FACTAの記事を取り上げるにあたって、特定の人物・業者を誹謗するかのような内容は極力排除してありますが、驚くべきことがたくさん書かれています。

    私からの回答は以上となります。

     私はmaneoファミリーに多くの遅延案件を抱えている身です。Jトラストにそのようなことをしてほしいはずがありません。ただ、可能性を排除できない以上、Jトラストに対する牽制を行うことは投資家利益保護に有効と思い、記事に取り上げた次第です。

    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    上場企業の収益事業で資産運用できるFundsに注目
    Funds

    新しい不動産投資をあなたに提供するクラウドリアルティのまちづくりに着目




    SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績1000億円超え!SBIソーシャルレンディング

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつデフォルトに配慮した案件を多数用意



    社会課題解決を目指すソーシャルレンディング

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2020-01-29 14:30 │ from URL

    いただいたご意見に賛成します

    鍵コメをいただいた方へ、

    コメントをどうもありがとうございます。いただいたご意見に賛成します。
    ただ私は今のところ誘いにのる予定です。
    この理由については、後日の記事で説明します。

    最後に、当ブログ記事を高く評価していただいたことに、お礼を申し上げます。

    2020-01-29 17:02 │ from ファイアフェレットURL Edit

    もし、Jトラストが、クラリの入札に名乗りを上げたならば、ご指摘の通りだと思います。

    2020-01-29 20:55 │ from 匿名URL

    No title

    Jトラスト、というかパルティールが入札して、安値で買い叩かれれば、本記事における懸念が現実になることとなります。

    まったく嬉しくありませんが。

     ただラッキーバンク、みんなのクレジットの際には債権を買い取った会社は発表されませんでした。今回もそうなるかもしれません。

     別にJトラスト、パルティールが購入しても構いません。元本の8割以上で買い取って貰えれば。

    2020-01-30 17:53 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/2072-255e21a4