FC2ブログ

    丁半博打で投資家に信頼を求めるクラウドリースとmaneoマーケットの愚、表に出たJトラストの野望 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » クラウドリース » 丁半博打で投資家に信頼を求めるクラウドリースとmaneoマーケットの愚、表に出たJトラストの野望

    丁半博打で投資家に信頼を求めるクラウドリースとmaneoマーケットの愚、表に出たJトラストの野望


    破産が投資家のためになると主張するmaneoマーケット、投資家に莫大な損失を与えると主張するクラウドリース


     先日maneoマーケットが投資家にクラウドリースの運営会社㈱Crowd Leaseの破産申し立てに参加することを呼びかけました。

    クラウドリースの反論

     それに対してクラウドリースは2020年1月26日に、ブログにおいて反論を掲載しました。投資家に申し立てへの不参加を呼びかける内容ではありません。ただしCrowd Lease社の破産は投資家の財産を毀損させる、申し立てへの参加は刑事罰の対象になるとあり、参加をためらわせる内容となっています。

     私はmaneoマーケットとクラウドリース双方の姿勢に疑問をいだきます。双方とも十分な情報開示を行っていません。故に投資家は客観的な判断を行うことができず、どちらを信じるか丁半博打に頼るしかないように思えるからです。

    双方の意見を思いっきり噛み砕いてまとめると

    maneoマーケットの主張


    M1 クラウドリースは債権回収にも情報開示にも消極的

    M2 同社を破産させれば投資家元本の回収が進む

    参考
    クラウドリースの破産申立をmaneoマーケットが行う、もう十分な元本回収は期待できないのか


    クラウドリースの主張


    C1 当社は債権回収に全力を挙げており、何件かは実際に償還している

    C2 maneoマーケット(以下M社)は5,000万円相当の虚偽債権を用いて破産申し立てを行っている

    C3 M社は投資家に損失を押し付ける形で、早期の幕引きを図ろうとしている

    C4 Jトラストがmaneoマーケットのオーナーとなった思惑は下記2点
     C4-1 SAMURAI Fundの集客のため
     C4-2 M社に関わる債権を安価に仕入れ莫大な利益をあげるため

    C5 M社の破産申し立ては却下されることは疑いない

    C6 Crowd Lease社が破産した場合債権は安く買い叩かれる

    C7 安く買い叩くのはJトラストグループであり、投資家に莫大な損失が生じる
    ※第三者弁済、損失補填、扇動、業務委託などについての箇所は略

    となります。

    クラウドリアルティ公式サイトへ

    投資家にどちらを信じるかの材料が与えられていない


     繰り返しになりますが破産申し立てにおいて、どちらを信じればよいのか?十分な材料が与えられていません。

     maneoマーケットは破産が投資家のためになると主張し、クラウドリースは破産が投資家のためにならないと主張しており、真っ向から食い違っています。

     もっともらしいところもあれば、疑わしいところ双方の主張にあります。結局破産が投資家のためになるかどうか、丁半博打に頼るしかというか、どちらを信じたいかに頼るしかない状態です。

     投資家を一発で信じさせるに値する、客観的情報をなぜ出さないのか?双方の姿勢に疑問をいだきます。

     クラウドリースが何件かの遅延案件を満額償還しているのは事実です。私も1件その恩恵に預かっています。

     ただし、クラウドリースはなぜ遅延が一斉発生したのか?について説明を行っていません。巷でささやかれているように、maneoマーケットがリファイナンスを過度に厳しくしたことが原因ならば、それを突けばよいかと思います。ただ、それをしないのならば、やはりクラウドリースの案件組成が杜撰だったとの評価を下さざるを得ません。

     なにをともあれ私は破産申し立てに参加する予定です。このことについては、後日の記事で触れたいと思っています。クラウドリースのブログ記事には、申し立てにより刑事罰の対象となるかのように、脅迫する文面がありますが「上等!」と考えています。

    Intermission


    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    Jトラスト安値債権買い叩きによる莫大な利益獲得の野望がついに表に出た


     今回のクラウドリースの発表で、もう一つ特筆することがあります。それは今回の一連の騒動の第2幕(第1幕はmaneoマーケットの行政処分、遅延大量発生)の冒頭

    Jトラストグループがmaneoマーケットのオーナーになる

    におけるJトラスト藤澤信義社長の野望

    maneoマーケットに関わる債権安値買取による莫大な利益ゲット

     が表に出たことです。今回のクラウドリースの発表を読んで上記を唐突に感じ、「ゲスの勘ぐり、いいがかり」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。ただし全く根拠のない話ではありません。

     FACTA2019年12月号の記事にその詳細が詳しく語られています。オンラインでも有料会員ならば下記リンクで読むことができます。

    「maneo」買い叩いたJトラストの焼き畑商法 ソーシャルレンディング大手を2億円余で手に入れた藤澤信義はゼニ儲けの鬼。泣きを見るのは一般投資家か。(FACTA 2019年12月号 有料記事)

    FACTAが明らかにする藤澤氏の野望

    maneoマーケットを手に入れるため、買収の競争相手だった日本クラウド証券(クラウドバンクの運営会社)をJトラストグループがいかに、ダーティーな方法を用いて蹴落としたか

    Jトラストは過去においても、債権安値買取により莫大な利益をあげている。maneoマーケットの今回の買収劇においても、それが投資家を犠牲にする形で繰り返されるだろうとの憶測


    が書かれています。

     上記、藤澤信義氏の債権安値買取、莫大な利益ゲットの野望は確たる証拠があるものではありません。あくまで憶測であることはお断りしておきます。藤澤信義氏は本気でmaneoの再建、投資家のために債権回収を最大限努力する意向なのかもしれません。

     ただし、上記のような投資家のためにならない野望が囁かれているのも事実。Jトラストグループに対する牽制になるかと思い、投資家の間で情報共有いたします。

    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    1万円から始める新しい不動産投資クラウドファンディング
    CREAL

    社会課題解決を目指すソーシャルレンディング


    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績1000億円超え!SBIソーシャルレンディング
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    今回のクラウドリースへの対応は、今後のJトラストの考えを知る出来事になりそうですね。結果次第では、Jトラストは投資家からの信用を失うと思います。ある程度、投資家が納得するような結果になることを望みます。個人的には、グリーンインフラレンディングに投資しているので、今のところ関係ありませんが、今後、同じような対応をとるかも知れないので注目しています。

    2020-01-27 16:03 │ from サラダURL

    おっしゃるとおりかと思います

    サラダさんへ

    コメントをどうもありがとうございます。おっしゃるとおりかと思います。もしクラウドリースの破産が認められ、債権が回収されるとして、それがみんなのクレジット、ラッキーバンクの時のように安く買い叩かれ、投資家に大損失がでるようならば、その可能性を疑わなければいけないと思っています。

    クラウドリースが暴露してしまったので、Jトラストグループが債権を買い取るかは不明ですが・・・。

    クラウドリースだけではなく、その他サービスの遅延案件まで同様の事態に発展してしまう可能性も考慮しなければいけないと思っています。

    FACTAの記事には

    Jトラストが過去、債権安値買取により莫大な利益をあげた「焼き畑農業」が繰り返されることを、当局(普通に考えれば金融庁)が懸念している

    という主旨のことが書かれています。当局がにらみを効かせて焼畑農業を阻止してくれればと思っています。ただし、当局の指導にはなんら投資家を守る効果がないことは、ラッキーバンクの損失が確定する過程で明らかになっています。

    まったく油断ができません。

    2020-01-27 16:47 │ from ファイアフェレットURL Edit

    武谷氏は、jトラストが、安く買い叩くと主張してますが、そうなれば、金融庁は、マネマ、サムライにも業務停止命令の処分を下すでしょう。合理的に考えて、マネマがそのリスクをとるとは思われません。破産管財人は裁判所が選ぶもので、破産管財人が裏でjトラストと握ってるなんかある訳ないじゃないですか。

    2020-01-28 00:09 │ from 匿名URL

    明日、記事の形で回答いたします。

    匿名さん

    ご意見どうもありがとうございます。

    安く買い叩かれる可能性は低い、ありえないとのご意見ですね。

     広く投資家間で情報共有したいので、記事の形で回答します。掲載は明日(1/29)を予定しています。

    しばしお待ちください。


    2020-01-28 10:06 │ from ファイアフェレットURL Edit

    お待たせしました。

    お待たせしました。

    私からの回答を以下記事に記しました。


    クラウドリース破産において、Jトラストが債権を安く買い叩くはずがないとのご意見に対して
    https://quadstormferret.blog.fc2.com/blog-entry-2072.html

    匿名さんの意見もお聞かせいただければ、幸いです。

    2020-01-29 13:22 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/2070-b69c952f